日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


前田泰子の記事一覧

2010年3月31日

甲子園で原石を探したい

 今年もセンバツ高校野球の取材をしている。センバツ開幕前には甲子園球場のすぐ近くの鳴尾浜野球場でウエスタンリーグが開幕。阪神とソフトバンクの対戦を取材した。...(前田泰子)

[続きを読む]

2010年2月23日

15人だけのチャレンジ

 全九州高校ラグビー新人大会の取材に行った。優勝した東福岡は「ひょっとしたら今年も花園で優勝しちゃうかも」なんて、連覇を予感させるような圧倒的な強さだった。 ...(前田泰子)

[続きを読む]

2010年2月01日

沖縄から出場の2校に注目

 先月29日、センバツの出場校発表が行われた。沖縄からは嘉手納、興南の2校が出場。沖縄からセンバツに2校出場するのは史上初とあって、地元ではテレビや新聞で大いに盛り上がった。...(前田泰子)

[続きを読む]

2010年1月18日

J2だけど楽しみはたくさんある

 九州のJ2各チームが今月中旬、次々と新体制を発表し始動した。今年はJ1がなく、J2ばかり5チームというのは寂しいが、それでも3月の開幕に向けてスタートして、気持ちはワクワクする。...(前田泰子)

[続きを読む]

2010年1月06日

東福岡にドキドキしてます

 選手以上にドキドキしている。東福岡ラグビー部はケタ違いの強さを見せて全国高校ラグビーでばく進中。7日の決勝、桐蔭学園戦で2年ぶり2度目の優勝を目指す。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年12月26日

九州の冬の主役たちに期待

 いよいよ年末年始のスポーツが幕を開けます。先週はその先駆けとして、全国高校駅伝が京都で開催されました。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年12月01日

メジャー投手が見られないことに疑問

 エエッ! なんで~!? その光景を見て信じられない人もいただろう。元キューバ代表のエース、今季までロッキーズに所属していたコントレラス投手が柳川に出現。柳川の町を闊歩(かっぽ)した。  ...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年11月16日

東福岡を一番苦しめる筑紫

 14日の全国高校ラグビー福岡大会決勝後、敗れた筑紫の選手が号泣していた。力を出し切って悔いのない思いと、どうしても破れなかった厚い壁との力の差。輪の中心でチームを率いた西村監督も泣いていた。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年11月06日

ドラフト会議…悲喜こもごも

 今年もプロ入りを決めるドラフト会議が終わった。アマチュア野球担当としては1年の中でも一大仕事。今年は担当する九州・沖縄からの選手が10人以上指名され、大忙しの1日となった。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年10月19日

「ミラクル」を信じる大分サポーター

 その日、私は絶望的な気分で取材に向かっていた。18日、九石ドームで行われた大分対清水の一戦。普段はサッカー担当がいるため、取材に行くことはないが、降格が決まれば担当1人では手が足りない。いわば「お手...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年10月06日

久留米大の躍進に期待

 10月に入り、風が冷たく感じる季節となったが、九州の大学野球は(地味ながら)熱く盛り上がった。福岡6大学リーグ、九州6大学リーグともリーグ日程だけでは優勝が決まらず、優勝決定戦にもつれ込み、九産大と...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年9月25日

今年も九州は「豊作」

 夕暮れのグラウンドで、1人の球児が後輩に混じって練習していた。福岡大大濠の川原弘之投手だ。九州ナンバーワン左腕と言われる川原はすでにプロ志望届を提出し、ドラフトを待っている。大学や社会人など、ドラフ...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年9月10日

記録ラッシュを初体験

 シンデレラ誕生の瞬間をこの目で見た。先週、水泳のインカレ(日本学生選手権)の取材をしていたときのことだ。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年8月28日

優勝チームの控え選手

 ある日、偶然つけたテレビで高校野球の試合風景が流れていた。暮れなずむ球場で、ナイター照明を浴びながら選手はプレーしていた。それは、控えの3年生の引退試合だった。夏のベンチに入れなかった控え選手が、そ...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年8月11日

平均年齢は53・9歳

 平均年齢53・9歳。これ、何の数字だと思いますか?...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年7月15日

ママさん監督、お疲れさまでした

 九州唯一の女性監督として筑豊の和田監督が注目を集めた。残念ながらチームは初戦でコールド負け。昨夏からの和田監督の監督生活は夏の勝利を挙げられないまま終わった。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年6月18日

招待試合の効果を期待

 先週は福岡県内で高校野球の招待試合が行われた。大阪からPL学園と大阪桐蔭が招待され、九州国際大付、福岡工大城東など2日間で5チームと対戦した。  ...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年6月01日

「がばい」副島くんが見たい

 全日本大学野球選手権出場をかけた九州6大学野球リーグの九国大対福岡大戦。福岡大スタンドに見覚えのある顔が座っていた。「副島君」と声をかけると、ペコリと頭を下げた。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年5月19日

美和ちゃんファンになってしまった

 先週の週末は都城市で開催されたビーチバレー「霧島酒造オープン」の取材に行った。「かおる姫」こと菅山かおるの熱愛報道や新型インフルエンザなど、コート外の話題も盛りだくさんだったが、なんといっても浅尾美...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年4月28日

九州の大学野球が誇る3人の左腕

 ライバルの存在は大きな励みとなり、その人の能力をさらに高める。取材している九州の大学野球にも、そんなライバルがいる。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年4月14日

優勝確率50%の高校野球担当

 こうなるともはや、そら恐ろしいものを感じる。今年のセンバツは清峰の初優勝で幕を閉じた。長崎県勢としては春夏通じて初めての優勝。担当として、歴史的な出来事を見届けたことは記者冥利(みょうり)に尽きる。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年3月16日

アラフォー記者もがんばります

 いよいよ、今週末からはセンバツ高校野球が開幕します。リニューアルされた甲子園での初の高校野球。新しくなった甲子園で、どんな熱いプレーが見られるか、とても楽しみです。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年2月17日

スポーツで元気づけてほしい

 「不景気に見舞われている今の状況の中では、廃部はどのチームにもあり得る話。チーム存続の危機は常にあります」。入れ替え戦で残留が決まった、ラグビートップリーグのサニックス藤井監督は試合後の記者会見で話...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年2月03日

頑張れ! 九州から出場の5校

 プロ野球のキャンプも始まり「球春」と呼ばれる季節になった。高校野球は1月23日にセンバツ出場校が決定。プロ野球よりひと足早く、春に向けた戦いが始まっている。...(前田泰子)

[続きを読む]

2009年1月19日

ほかの競技では当たり前ですけど

 今年も大阪での高校ラグビー取材で幕を開けた。東福岡の2連覇はならなかったが、4強と九州で最上位だった。...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年12月27日

高校駅伝にもトリニータ効果

 今年も京都で高校駅伝を取材したが、今年の結果はちょっとした「サプライズ」だった。これまで、入賞経験のなかった大分東明が九州勢トップの5位入賞。大分勢が5位以上に入ったのは26年ぶりという快挙。さらに...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年12月10日

今年も大切な瞬間を見届けた

 早いものでもう師走。ちょっと早いけど、今年1年を振り返ってみると、とても忙しい1年だった。2008年の取材で印象に残っているものを挙げてみる。...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年11月27日

いつどこで誰が見てるか分からない

 人生いつどこで何があるかわからない。ドラフト会議で指名された九州の選手のうち数人が、球団と仮契約を行いプロの入り口に立った。その中の1人、日本ハムに5位で指名された福岡工の中島内野手を取材したときに...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年10月22日

九州大会の「ほのぼのナイン」に期待

 24日から佐賀市で秋季九州地区高校野球が開催される。4強以上に入れば、来春のセンバツ出場が有力になるだけに、どのチームも真剣勝負。面白い戦いが見られそうだ。...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年10月06日

谷のすごさはメダルだけでない

 9月のおわり、柔道48キロ級で銅メダルを取った谷亮子が福岡市内で福岡市スポーツ栄誉賞の授賞式のために故郷福岡に帰ってきた。福岡には谷が一躍世界舞台に躍り出た中学時代から取材してきた昔なじみの記者もた...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年9月25日

沖縄尚学の夏への挑戦がスタート

 夏の甲子園が終わって1カ月。3年生は卒業後の道に向かって、後輩たちは次の甲子園に向かって戦いは始まっている。...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年9月11日

仲間に慕われたアマ王者

 スポーツの仲間って本当かけがえのないものなんだと思ったことがあった。  先週行われた九州オープンでのこと。アマチュアの尾方友彦が九州オープンではアマチュア2人目の王者となった。さらに最年少優勝という...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年8月29日

ものすごい遼くんフィーバー

 うわさには聞いていたが、これほどすごいとは…。今週から福岡で開催されているバナH杯KBCオーガスタの取材に来ている。「ハニカミ王子」石川遼クンも出場。何がすごいって「遼くんフィーバー」のすごさといっ...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年8月13日

高校野球と家族のきずな

 甲子園も3回戦まで進み、続々とベスト8が決まっている。九州、沖縄、山口の地元勢も悲喜こもごもの試合を繰り広げている。 ...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年7月01日

雑草たちのリベンジの夏

 「自分が東京ドームに行くなんて、誰も思ってなかったっすよ。アイツがってびっくりされますよ」。2度目の都市対抗出場を決めた熊本ゴールデンラークスの井口貴文はそう言って笑った。第2代表決定戦の日産自動車...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年6月17日

あるぞ、宮古から甲子園

 高校野球が幕を開けた。沖縄では開幕戦がいきなり引き分け再試合。今年の夏も、昨年以上に何かすごいことが起こる予感がする。...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年6月03日

出会いが生んだ初優勝

 人生にはいくつかの出会いがある。出会いの大切さを思わせる優勝だった。...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年5月19日

「アラフォー」という言葉を知っていますか?

 「アラウンド40」。40歳前後の世代の人たちを言うのだそうで、テレビドラマのタイトルにもなっている。「不惑」を迎えるにあたってこの先の人生を考えたり、若いころ夢に見ていた未来と大きく違う現実の姿を痛...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年5月06日

天国の大先輩へ捧げる九州の快進撃

 福岡工の初優勝で幕を閉じた九州地区高校野球。春と秋に開催される九州地区高校野球では、ほかの地区にはない会合が開かれる。大会前に出場校と開催地区の指導者が集まり、食事や酒を取りながら指導法や意見交換を...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年4月23日

快進撃の陰に岡崎マネジャーあり

 長崎市で開幕中の九州地区高校野球。センバツで優勝した沖縄尚学は初戦で姿を消した。同じセンバツ組の明豊や城北も初戦敗退で寂しい中、注目を集めているのが47年ぶりに出場した福岡工だ。 ...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年4月08日

けっこうおちゃめな比嘉監督

 沖縄尚学の9年ぶりの優勝で幕を閉じた今年のセンバツ。決勝で完封した東浜巨投手もすごかったが、なんといっても「選手でV、監督でもV」という偉業を成し遂げた比嘉公也監督が話題になった。キリリとしたまゆに...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年3月28日

女性と甲子園

 センバツ高校野球も佳境を迎えている。センバツ開幕前から話題になったのが、華陵の女子部員・高松香奈子さんだ。甲子園練習で初めてユニホームを着てベンチに入った女子部員を日刊スポーツでは大きく取り上げた。...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年3月12日

スポーツ観戦は全身で

 記者はプロ野球やプロサッカーなどスポーツの試合を取材するとき記者席で試合を観戦する。ヤフードームではネット裏の最上段、レベスタならばメーンスタンドの上段と、試合全体を見るためにグラウンドから離れた高...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年2月25日

再び九州の地から世界へ

 懐かしい顔が九州に戻ってくる。元ニコニコドーの岡田正裕監督が4月から九電工の監督に就任し、現在の亜大から再び活動の場を九州に移す。松野明美をソウル五輪代表など世界で活躍する選手に育て上げた。「松野と...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年2月13日

数少ない母校出身の監督

 私事だが、私の母校は地方私立大だ。東京6大学のように知名度があるわけでもなく、国公立大のように頭が良いわけでもない。地方の普通の大学だ。そして、スポーツはからっきし弱い。...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年1月29日

福岡に戻ってきた中払の決意

 福岡はとても温かい場所でね。「東京で成功してやるぞ」って出て行く人は喜んで送り出す。だけど、帰ってくることに対しても寛容なんですよ。成功した人も成功しなかった人も帰ってきたら「よう帰ったね」って温か...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年1月14日

選手をつなぐ「手書き」

 手紙を書いてみませんか。  年末年始にかけての取材でいくつか手紙にまつわる話がありました。まず、年末の全国高校駅伝での話です。女子で準優勝した千原台。江藤佑香子主将はレース当日の朝、出場メンバー1人...(前田泰子)

[続きを読む]

2008年1月04日

「引きが強い」運をばらまいてます

 明けましておめでとうございます。...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年12月18日

天国へ旅立った人たちへ

 もう10年以上も取材活動をしているが、今年ほどたくさんの別れがあった1年はなかった。「死」が確実にあることを感じた1年だった。...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年12月03日

三者三様のJ2の九州3チーム

 サッカー担当ではない私だが、ここ数日、立て続けにJ2の取材に行った。2日は福岡対鳥栖の九州ダービー、3日はロッソ熊本のJ2昇格決定の取材だった。...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年11月19日

白仁田、松山の対決の続きはプロで

 19日の大学・社会人ドラフトで九州6大学野球の2人の選手がドラフト指名された。福岡大の白仁田寛和投手(22)と九州国際大の松山竜平外野手(22)だ。白仁田は1巡目で阪神に指名され、松山は4巡目で広島...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年11月06日

伝統を破る力と守る力、どちらも大変

 対照的な涙だった。...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年10月24日

同じ境遇の人に勇気を与えるため

 熊本県営八代野球場で行われた九州大学野球選手権へ取材に行ったとき、パンフレットの1人の選手の名前を見つけた。広田一弥選手。ちょうど昨年の今ごろ、まだ高校生だったときに取材した投手だ。...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年10月10日

高校球児、プロでも頑張れ

 1通のメールが届いた。台湾でスポーツの取材をしている人からのメールだった。「福岡一の郭選手がドラフトで指名されなくて台湾では残念だという声が上がっています」という内容のメールだった。...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年9月25日

ゴルフ界の華々しさの裏には現実が

 プロの世界は本当に厳しいものだと感じた。今月はは九州オープン、湯布院オープンと2つのゴルフ大会を取材した。...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年9月12日

2年生たちの成長が楽しみ

 ついこの間、夏の甲子園が終わったと思ったら、もう来春のセンバツに向けて高校球児たちは新たなスタートを切っている。福岡大会は南部、北部とも九州大会予選が始まっているし、他県もぼちぼち組み合わせが決まっ...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年8月29日

佐賀北の優勝に色はいらない

 高校野球も終わり、7月の予選からの長い夏が終わった。現在、少し気抜け状態だ。佐賀北のミラクル逆転優勝で甲子園は幕を閉じた。開幕勝利が目標だった佐賀北が、強豪校を破って勝ち進み、決勝ではグランドスラム...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年8月13日

ベンチに元主将のグラブと帽子

 勝利の瞬間、彼はアルプススタンドの金網にぴったりとくっついていた。指をかけて全身全霊で勝利を感じようとしていた。金網で隔てられたチームメートに少しでも近づこうとしているようにも感じた。...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年7月31日

楽しみな「金のわらじ」との出会い

 なんとなく捨てられない「お守り」がある。人差し指の先ほどの大きさの金色のわらじのマスコットだ。...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年7月17日

それぞれの夏…球児たちは今年も熱い

 そのチームは勝った瞬間、ナインがみんなボロボロ泣いていた。知らない人が見たら「負けたのか」と思うほど、選手もマネジャーもみんな涙を流していた。福岡のありあけ新世。1年生大会で勝って以来、勝ち星に見放...(前田泰子)

[続きを読む]

2007年7月02日

オバちゃん記者が走ります

 今回からこのコラムに「出場」することになりました。野球をはじめ、アマチュアスポーツ全般を取材しています。野球、ラグビー、サッカー、陸上などなど…。あちこちの競技に顔を出しているので【前田泰子】という...(前田泰子)

[続きを読む]

スポーツ担当日記
前田泰子(まえだ・やすこ)
 92年(平4)入社。野球、柔道、陸上などアマチュアスポーツ全般を担当。98年から福岡を担当した。03年から販売部など他部署を経て、06年から再び記者に復帰。現在は野球を中心にアマチュアスポーツ全般を取材している。2児の母。
菊川光一(きくかわ・こういち)
 93年(平5)入社。現在、Jリーグ(大分、福岡、鳥栖、熊本)担当。整理部、写真部、報道部、広告事業部を経て、今年3月、記者に復帰。1968年(昭43)4月、福岡市生まれ。

最近のエントリー





スポーツニュースランキング



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. コラム
  4. スポーツ担当日記

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです