日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのゴルフページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2011年1月25日

キャスコ「パワートルネード(2011モデル)」UT

どーもです。

KASCO%20POWER%20TORNADO%202011%20MAIN.JPGその昔、一世を風靡したUTがありました。と書くと、関係者から怒られそうですが・・・(汗) で、何かといえばキャスコの「パワートルネード」。使い手を選ばない稀代の名器だとボクは信じていますが、その「パワートルネード」のニューモデルが発表され、マスコミ向け試打会が開催されましたので、ガッツリ試打してきました。

この「パワートルネード」、今回のモデルで実に6代目になるようです。ボク自身、以前使っていたことがあります。自分のブログを紐解いてみると、物々交換で入手したパワートルネードをネタでアップしていますが、これは一体何代目だったのか・・・

そんなわけで、まっさらな気持ちで試打してみましたので、そんな感じでレポします。

まずは見た目からですが、ソールはこんな感じです。シャフトがソールまで届いているスルーボア構造になっているんですね。最近、見なくなりましたが、先端部の強度がアップする効果があります。
KASCO%20POWER%20TORNADO%202011%20SOLE.JPG

フェースは結構シャローに見えます。フェース形状が三角形なのが特徴的ですよね。ネック下部にボリュームがあるのも特徴的かも。
KASCO%20POWER%20TORNADO%202011%20FACE.JPG

こうやって見ると、フェースはシャローですが、ボディは決してシャローじゃないんですな!
KASCO%20POWER%20TORNADO%202011%20SIDE.JPG

後姿ですが、ソールがラウンドソールになっていて抜けが良さそう!
KASCO%20POWER%20TORNADO%202011%20BACK.JPG

構えてみるとこんな感じです。フェース面がシャフト前面のラインからストレートにスッと伸びているので、実際には若干フックフェースですがほとんど気にならずに構えやすいので好きかも! クラウンの投影面積はやや大きめで安心感があるのでFWに近い感覚もありますが、フェース面のバルジ&ロール(縦横の曲面)が少なめなので実際にはアイアン感覚で打てそうなイメージも受けます。
KASCO%20POWER%20TORNADO%202011%20TOP.JPG

KASCO%20POWER%20TORNADO%202011%20SHAFT.JPG今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ELASTER U5500」Sフレックス装着モデルの#55。スペックは、ロフト角22度、ライ角60度、長さ40インチ、総重量343gでバランスD0.5。ヘッド体積は96cm3。シャフトスペックは、重量63g、トルク4.8の先中調子です。総重量的には、ボクにはやや軽めではありますが、ワッグルしてみると意外と手元がしっかりめで先端がしなる印象でした。

試打会場は、ホームレンジのメトログリーン東陽で2ピースボール使用です。

実際に打ってみると、さすがにちょっと軽めなせいか最初はちょっとトップしたりしちゃいましたが、そのミスでひとつ発見! メチャ球の拾いがいいんですわ。ボクの感覚だったら、ピッチャーゴロ感覚の手応えだったショットが、まるでスティンガーショットのようにビューンって!! これ、ビックリ! 残念なことに同じショットを打てるとは思いませんが・・・(笑) これはフェース下部形状の影響もあると思いますが、球の拾いがいいってことは、我々アマチュアにとっては使いやすい条件でもありますよね。

打感ですが、これは弾き系ですね。球離れが速いイメージです。でも、打球音は変にキンキンした金属音も無く、違和感のない心地よい音なのは好印象! 

弾道は、文句無しの高弾道。扱いやすいクラブとして最重要要素は球の上がりやすさだとボクは思っていますが、このパワートルネードはマジで球が上がりやすいと思います。しかも、決してスピン量が多いわけでもなく、上がりながらも前に行く感じで、いかにもUTらしい強弾道が魅力的っすね!!

出球傾向は、ボクのスイングでいい感じのドローです!! 基本的につかまりはいいと思います。つかまえようと思えばフックも出ちゃいますが、普通に振っている分には気持ちのいいハイドローボールが打てました。

シャフトは、意外と手元がしっかりしていて先が走る感じですが、先端のトルクがしっかりしている印象です。変なねじれ感が無く気持ちよく振り抜けましたね。

今回トラックマンで測定してもらいました。最後に気合をこめて打った1球の結果がこれです。
KASCO%20POWER%20TORNADO%202011%20VECTOR%20DATE1.JPG

いい感じのドローボールでしょう!! データ的にも、初速56.9m/s、打ち出し角16.4度、バックスピン量3735rpm、ミート率1.36、キャリー186.7y、トータル飛距離200.3y、別画面表示でしたがHS41.9m/sでした。ミート率がいまひとつでしたが、まずまずのデータです。いつもの感覚で振ってますので、ボクくらいのパワーならSシャフトでも十分使えると思います。とはいえ、ボク的にはもうちょっと重いほうがいいんですけどね。

また、#44(ロフト19度)も試打してみましたが、さすがにこのロフトになると、FWのほうが球が上がりやすく簡単なイメージも受けましたね。まぁ、この辺は好みでしょうけど・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS44~46m/sあたりがドンピシャだと思います。これは想像ですが、おそらくRシャフトで40~43m/sあたりがドンピシャでしょうね。つかまりを考えれば、持ち球的にはフェードヒッター向けだと思います。が、実際にはフッカーのボクが打ってもこれだけいい感じのドローが打てますので!! 実際には、以前ボクが感じていた通り、使い手を選らばない稀代の名器のDNAは確実に引き継がれていると思います。

<キャスコ「パワートルネード(2011モデル)」>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:6▽ミスの許容度:10
■ヘッド:スーパーハイテン鍛造
■シャフト(重量/トルク/調子):ELASTER U5500(S=63g/4.8、R=58g/4.8/先中調子)
■ロフトバリエーション:#22(14度)、#33(16度)、#44(18度)、#55(22度)、#77(25度)
■価格:1本3万1500円
■発売:2011年3月26日予定 ※一部番手、レディスモデルは4月発売予定

(試打 - キャスコ)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ゴルフ体験主義
KAZ
KAZ69年1月19日生まれ42歳。身長173cm、体重81kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.1』。ヘッドスピード平均46m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはSW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー
クラブセッティング
1W=レガシー、ディアマナ アリスレイ63S(キャロウェイ)
2W=メガ・ブラッシー(13度)、コンダクタープロ6のS(マルマン)
5W=オノフツアー5+(18度)、スムースキックMP-1のS(オノフ)
3U=RAY UT(21度)、NSPRO950GHのS(ロマロ)
4I〜PW=Xプロト、ダイナミックゴールドS300(キャロウェイゴルフ)
52・58度=XツアーウェッジRCM、ダイナミックゴールドS300(キャロウェイゴルフ)
パター=ホワイトホットXG#5CS(オデッセイ)
LOGO.jpg




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. ゴルフ
  3. コラム
  4. ゴルフ体験主義

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです