日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのゴルフページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2010年6月10日

ワークスゴルフ「フォーサイト グランドドライバー」

どーもです。

WORKS%20FORESIGHT%201%20W%20MAIN.JPGワークスゴルフの試打ですが、面白いクラブを試打しました。今日紹介するのは、「フォーサイト」なるブランド。この「フォーサイト」はフェアウエーウッドシリーズのブランドなのですが、何が面白いってフェアウエー専用ドライバーとして「グランドドライバー」が設定されていること。そんなわけで、この「グランドドライバー」(以下GD)を紹介しましょう。

遼くんの得意技(?)で直ドラってのがありますが、このGDこそまさに直ドラ!! と言っても、まぁ見た目はフェアウエーウッドの延長ってな感じなんですけどね。そんなわけで、早速見た目から行ってみましょう。

ソールデザインはシンプル! この角度だと分かりずらいかもしれませんが、ソールの中央の角張っている部分を頂点にトゥ・ヒール側になだらかな角度がついています。もちろんこれは、ソールの滑りを意識した結果ですよね。
WORKS%20FORESIGHT%201%20W%20SOLE.JPG

フェースはシャロー。FWから打てるのがコンセプトですから、どう考えても球が上がらないと意味がないわけでして、結果シャローになるのは必然といえば必然。
WORKS%20FORESIGHT%201%20W%20FACE.JPG

かなりシャローですね。しかも、どこかで見たような形状です・・・。そう、ボクのキャディバッグにも入っているあいつのような・・・
WORKS%20FORESIGHT%201%20W%20SIDE.JPG

シャローですね!!
WORKS%20FORESIGHT%201%20W%20BACK.JPG

構えてみるとこんな感じです。丸型でクラウンが大きく、これだけシャローだと絶対球が上がりそうな印象ですよね。しかも、あのソール形状ですから、直ドラで使っても距離が出そうですよね。フェースはちょっとフックフェースになってます。
WORKS%20FORESIGHT%201%20W%20TOP.JPG

WORKS%20FORESIGHT%201%20W%20SHAFT.JPG今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ワークテックフォーサイター カーボンシャフト」のSフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角11度、ライ角59度、長さ44インチ、総重量298gでバランスはC8です。シャフトスペックは、重量は不明ですが、トルク4.0の先調子。持ってみると、重量的にはかなり軽め。しかも、シャフトも44インチモデルSにしては結構やわらかめな感じで、ワッグルしてみるとかなり先が柔らかめな印象。おまけにフックフェースですから、球は上がりそうですがボクには左が怖い感じでした。

試打したのはメトログリーン東陽。ボールは2ピースを使用です。

実際に打ってみると、1発目はフック!! 思った通りといえばそのままですが、思った以上に先端が走るイメージでとにかくつかまりがいいですね。打ってみて一番に感じた特徴は、やはり球のあがりやすさ。ロフト11度ですから、ちょっとしたドライバーと一緒です。でも、フェアウエーウッド同様シャローフェースにすることで、直ドラよりも圧倒的に打ちやすく、そして球が上がりやすくなっているってことですね。実に、ありそうでなかったモデルですね。

打感ですが、これはかっちりした打ち抜き感がありますが、ちょっと思った以上にシャフトが当たり負けしているような感じがあったのも否めません。音は、「カン」とやや乾いた軽快な感じでした。

弾道ですが、これは文句無しの高弾道。ティアップしない状態で打っても、普通にフェアウエーウッドを打っているような感覚で上がってくれるのはうれしいですね。ちなみに、ティアップして打ったときですが、ちょっと上っ面に当たるとビックリするほど上がってしまい、むしろ距離をロスしてしまうような感じでした。トゥ・ヒール側のミスヒットの許容度は高い印象でしたが、さすがに上っ面はきつそうですね。

出球傾向ですが、これはボクのスイングでドロー系です。つかまりはかなりいいですから、ボクの感覚では圧倒的にスライサー向けですね。

コンセプト的には某社のメガシリーズに似ていると思いますが、あちらもドライバーは通常のドライバーに近いコンセプトでしたから、そういう意味ではこの「フォーサイト」GDはありそうでなかったモデルだと思います。

WORKS%20FORESIGHT%203%20W%20SHAFT.JPGちなみに、同シリーズの3Wも試打してきました。こちらは、カスタムシャフト「ワークテック マミヤOPプロフォースSP」のSフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角15度、ライ角61度、長さ42インチ、総重量318gでバランスは不明です。シャフトスペックは、重量60g、トルク4.0の中調子。GDと3Wの違いはありますが、カスタムシャフトモデルは全く別物感覚!! ボク的にはこっちのほうが合います。

シャフトって、フレックスについての統一基準があるわけでないのは、以前書いたとおりです。それにしても、この違いは激しいですね。GDのオリジナルシャフトのSと3WのカスタムシャフトSは、もう全くの別物(って、当たり前か!!)。しっかり感があるので、打感はGDよりもやや硬めの印象。弾道もやや抑えられた感じですが、ボクのHSだとスピン量が少なめでより直進性が強く強弾道です。叩いていける分飛距離も出ていましたね。

ということで、今回ボクがしだした限りでは、GDの試打モデルスペックでもHS40~42m/sあたりがあうと思います。このつかまりを考えれば、前述通り圧倒的にスライサー向けですね。フェアウエーウッド感覚でとにかく飛距離が稼げるので、ロングホールなんかではドライバーとして使用の上、続けて2オン狙いにも使えますね! 

ちなみに3Wですが、こちらは試打モデルスペックでHS44~45m/sは欲しいでしょうね。

この「フォーサイト」ですが、とにかく実戦的だと思います。某社のメガシリーズ同様、”FWが苦手”という人に、ぜひ試してみてほしいモデルですね。

<ワークスゴルフ「フォーサイト グランドドライバー」>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ロフトバリエーション:#1(11度)、#2(13度)、#3(15度)、#4(17度)、#5(19度)
■価格:オリジナルカーボンシャフト装着モデル1本4万9800円。マミヤOPプロフォースSP装着モデル1本5万9800円。

(試打 - ワークスゴルフ)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

ゴルフ体験主義
KAZ
KAZ69年1月19日生まれ42歳。身長173cm、体重81kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.1』。ヘッドスピード平均46m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはSW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー
クラブセッティング
1W=レガシー、ディアマナ アリスレイ63S(キャロウェイ)
2W=メガ・ブラッシー(13度)、コンダクタープロ6のS(マルマン)
5W=オノフツアー5+(18度)、スムースキックMP-1のS(オノフ)
3U=RAY UT(21度)、NSPRO950GHのS(ロマロ)
4I〜PW=Xプロト、ダイナミックゴールドS300(キャロウェイゴルフ)
52・58度=XツアーウェッジRCM、ダイナミックゴールドS300(キャロウェイゴルフ)
パター=ホワイトホットXG#5CS(オデッセイ)
LOGO.jpg




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. ゴルフ
  3. コラム
  4. ゴルフ体験主義

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです