日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

URA GOLF「MASCLE POWER」UT

15年07月17日 [00時00分]

どーもです。

URA MASCLE POWER UT MAIN.JPG今日も岡山のクラブメーカーURA GOLFのウッド系シリーズですが、今日は「MASCLE POWER」UTを紹介しましょう。ドライバーはかなりご機嫌なモデルでしたが、昨日のFWには完敗。ボクには全く打てないモデルで、ちょっとへこみましたわ~。一服して気分を取り直して挑んだUTは、一変して結構打ちやすそうなイメージだったりして・・・(汗)なんか、わけわからなくなってきた!?

まずは見た目から。

ソールのデザインだけみると、昨日紹介した「MASCLE POWER」FWと同系のUTだと思われるのですが、果たしてこのデザインを信じていいのかどうか・・・。なんか、疑心暗鬼になっている自分がいたりして。
URA MASCLE POWER UT SOLE.JPG

フェースはややシャローを意識しているのかなぁ!? まぁ、打ちやすいのであればそれでOKですけどね。フェースの切り方が特殊ですわ。
URA MASCLE POWER UT FACE.JPG

このこんもりクラウンが特徴ですな。コンパクトボディですが、形状的にはハイバック。でも、それ以上にこんもりクラウンが目につきますね。しかも、超出っ歯!!
URA MASCLE POWER UT SIDE.JPG

後ろ姿です。
URA MASCLE POWER UT BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。あのFWを打った後の影響か、クラウンがやや大きめに見えるぞ!! 
URA MASCLE POWER UT TOP.JPG

URA MASCLE POWER UT SHAFT.JPG今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「UUUT-F」Sフレックス装着モデルの5U。スペックは、ロフト角25度、ライ角60度、長さ39インチ、総重量371g、バランスD2。ヘッド体積は未発表。シャフトスペックは、重量67g、トルク4.2、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースを使用でした。

URA MASCLE POWER UT DATE.JPG持ってみた感覚は、ドライバー&FW同様しっかり重量系。素振りしてみると、これはドライバーとも、FWとも違う感覚です。あまりしなりを感じず、若干硬めでしっかりした印象でしたね。その分シャープに振っていけるイメージでした。というわけで実際に打ってみると、まず、芯食ったわ~!! これはガッツリクラブが球を上げてくれますね。ボクレベルには、クラブがしっかり仕事をしてくれるモデルのほうが安心感もあっていいですね。出っ歯系で球をひろってくれるイメージがあって、かといってUT特有のつかまりすぎる感じもなく、これなら安心して振っていけますね。つかまりはある程度スイングで調整できる感じもあって、ボク的には安心して振っていけるUTでした。そう思うと、なんでFWはまるでアカンかったのかなって、改めて思ったりして・・・(汗) GST-3Bの5球平均データはHS40.4m/s、初速57.4m/s、飛距離178y,ミート率1.41で、ベストは写真の通りでした。

スカイトラックでの5球弾道で、
URA MASCLE POWER UT ST3D.JPG

こちらが各球のデータです。
URA MASCLE POWER UT ST.JPG

【5球平均】
HS41.3m/s、初速55.2m/s、打ち出し角13.8度、バックスピン量4592.7rpm、サイドスピン-788.7rpm、飛距離187.4y
【ベスト】
HS41.1m/s、初速54.9m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量4496.7rpm、サイドスピン-581.3rpm、飛距離188.5y

打感は一転してカッチリ系。どちらかといえば弾き感強めで、ドライバー&FWとは違ったフィーリングでした。音もドライバーよりはやや高音が目立った感じでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。
URA MASCLE POWER UT MST3D.JPG

弾道的には高弾道で、しっかりスピン量もある感じ。打ち出しから途中でグンと伸びている感じでしたね。まさにボクの持ち球ってな感じで、イメージ通りの弾道っす!

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。若干右に打ち出してしっかり戻ってくる梶でしたね。まさに、イメージ通り!!

振り感は、これまでのウッド系とは別モノですわ。特にシャフトのしっかり感というか、ボクはやや硬さが目立ったように感じましたね。でも、その硬さのバランスが、アイアン感覚で打てるような感じでした。ボク的には、しなりすぎずにシャープに振り抜ける感じがよかったですね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sはほしい感じ。クラウンのこんもり感がハンパ無いですが、実際に打ってみるとドライバー同様クラブがしっかり球を上げてくれるので、安心感があると思います。ちょっと見た目が特殊ですが、ボク的にはアリですわ!!

<URA GOLF「MASCLE POWER」UT>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:SUS630
■ロフトバリエーション:3U=19度、4U=22度、5U=25度
■シャフト(重量/トルク/調子):「UUT-F」(S=67g、SR=65g/4.2、R=63g/4.5/先中調子)
■価格:1本4万2000円+税

(試打 - その他)

前の記事へトップ次の記事へ

コメント(2)

ご無沙汰しております。
ROM専ながら記事楽しみにしておりました。
こないだふとeggbird2011なんぞ買ってみたら、遭わない!軽すぎる。とハイパーダメ出しを食らってしょげてます(笑)

Kazさんインプレを参考に、かつての名器ハイパーERCっぽいドライバーを探そうと思います(;´д`)

砂花さん
どーもです。
いやいや、お久し振りです!!!!

キャロウェイコレクション、ぜひ打ってみてください!! 取りあえず試打から(笑)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら