日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ロマロ「RAY-α」UT

15年06月10日 [00時00分]

どーもです。

ROMARO RAY-A UT MAIN.JPG今日紹介するのは、ロマロのニューモデル「RAY-α」シリーズのUTです。ロマロ「RAY-α」シリーズは、従来のロマロにしては扱いやすさを前面に打ち出したモデルだと思いますが、見た目ではこのUTも、いかにも打ちやすそうに感じるモデルです。しかも打ってみてビックリ!! このUTもウソみたいなぶっ飛びモデル。ゴルフ体験主義史上1y違いの歴代2位タイの飛距離をマークしちゃいました。というわけで、レポいってみましょう。

まずは見た目から。

ボク自身ロマロ「RAY」UTユーザーですが、この「RAY-α」UTはトゥ側にボリュームが寄せられた形状になっていました。
ROMARO RAY-A UT SOLE.JPG

フェースはシャローですね。顔的には昨日紹介したFWと同じような顔付きです。まぁ、当たり前といえば当たり前ですが・・・
ROMARO RAY-A UT FACE.JPG

ボディはシャロー気味かつストレッチバックですね。これもFW同様低深重心モデルですね。
ROMARO RAY-A UT SIDE.JPG

後ろ姿です。
ROMARO RAY-A UT BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。かなりトゥ側にボリュームがある形状ですね。
ROMARO RAY-A UT TOP.JPG

ROMARO RAY-A UT SHAFT.JPG今回試打したのは、グラファイトデザイン社製専用開発モデル「RJ-TC UT」Sフレックス装着モデルのUT21。スペックは、ロフト角21度、ライ角59度、長さ40.05インチ、総重量343g、バランスD2。ヘッド体積124cm3。シャフトスペックは、重量56g、トルク4.2、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

ROMARO RAY-A UT DATE.JPG重量的にはやや軽めなモデルですが、素振りした感じでは、なんかつかまりそうな雰囲気を感じたモデルでした。トゥ側にボリュームがあるモデルは、決してつかまりすぎない印象をうけますが、シャフトとの相性なのか素振りでは結構ヘッドが返るイメージがありました。実際に打ってみると、ボクがフッカーということもあると思いますが、結構つかまりがいい印象でした。それよりも驚いたのは飛距離ですわ~!! ドライバー同様のドーンと打ち出しから高めの大きな弾道で、「なんか飛んでないか!?」って。GST-3Bを見てみると

「214y!?」

 

ここ最近21度モデルでこの飛距離を見た記憶が無かったのですが、改めて確認するとブリヂストンゴルフ「J15HY」が歴代1位の215yでした。そして、このロマロ「RAY-α」UTが2位タイですが、もう1つはPRGR「egg i+」でした。いずれにせよレンジボールでこの飛距離はぶっ飛びっすね!! なおGST-3Bの5球平均データはHS42.3m/s、初速61.5m/s、飛距離211y、ミート率1.45で、ベストは写真の通りでした。

打感は弾き系。いい感じの弾き感「チッ!!」とサスティンの短い小気味の良い音が特徴的です。まぁ、この辺はロマロらしいフィーリングですね。

弾道はこんな感じ。これはもう文句なしの高弾道ですね。球はしっかり上がるので、安心感はあるでしょう。スピン量は思ったほど少なめな感じではないかも。ロフトがあるので当たり前ですが、ドライバーやFWの弾道イメージとはちょっと違った印象でした。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼドロー系。ヘッドの見た目からはこんなにつかまりがいいようには感じませんでしたが、実際には結構つかまる感じだったりします。この辺は、実はシャフトとの相性なんじゃないかなって思いました。

そのシャフトですが、ドライバー&FWのフィーリングに対して、このUTでは若干先が走るような印象でした。ボク的にはしなり戻りが良く一気に先が走るような印象でしたが、これは高弾道&つかまりの理由何じゃないかな・・・とか勝手に思っています。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。安心感のあるUTであることは間違いないと思いますが、ドライバー&FWに比較すると、ややオートマチックにつかまっちゃうような印象でしたね。そういう意味では、スライサーにオススメしたいかな・・・。個人的には、このUTにはスチールシャフトを入れて打ってみたいかも! 

<ロマロ「RAY-α」UT>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=15-3-3-3チタン
■ロフトバリエーション:UT19=18度、UT21=21度、UT24=24度、UT27=27度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「RJ-TC UT」(S=56g/4.2、SR=55g/4.4、R=54g/4.6/中調子)。スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=98g/1.7/中調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル1本4万9000円+税。スチールシャフト装着モデル1本4万2000円+税。

(試打 - ロマロ)

コメント(4)

KAZさんおはようございます。
仕事前に朝から一言!
ロマロRAY-αのUTとFW、ものすごく興味あります。

現在UTはロマロRAY24°と21°を使用し
FWはロマロRAY TYPE-Rを使用中です。
まぁUTに関しては気に入っているし買い替える気は無いですが
FWをここ最近物色していたので、とりあえず試打をしてこようと思っています。
それと今回のシャフトにも少し興味ありますね。
次から次へと新しいモデルが出てくると気になって気になって仕事が手つかずで困ります。

ゴルフ体験主義、いつも楽しく拝読しています。
クラブ試打は本当に参考になりますし、写真もクラブを構えたら
どう見えるのか良くわかる撮り方で、中古クラブを買う時の参考に
なります。とは言いながら、先日BSのVIQフォージド初代が安かったので衝動買いしてしまい、ウキウキしながら練習場へ行きましたが、弾道は高すぎて左へ引っかけるミスも多く、丁寧にゆっくり
振ったら弾道はいい感じですが、使用中のX-BLADE703より距離が5~10yも落ちます。シャフトはどちらもNS950です。
道具選びは難しいですね(涙)

いろいろなクラブを打ちこなすKAZ'sさんの記事楽しみにしていますので、ロマロのUTから話はそれましたが、お体気を付けて頑張って下さい。

横須賀のKAZUさん
どーもです。
今回の「RAY-α」UTは、打ちやすいですよ~! でも、結構つかまります。シャフトとの相性もありますが、実際に打ってみると結構つかまりますので、気になるのはそこですかね。

試打したら、コメントきかせてくださいね!!

スライスチーズさん
どーもです。
ありがとうございます!!

V-iQフォージドとX-BLADE703は、月とスッポンくらいの差がありそうですね。

レンジではある程度打てるモノですが、やはり問題はコースでケガをしないというのが1番!! といつつ1ランク上のクラブを選んでしまう悲しい性・・・w

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら