日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

キャロウェイ「XR PRO 3DEEP」FW

15年06月03日 [00時00分]

どーもです。

CALLWAY XR PRO 3D MAIN.JPG今日紹介するのはキャロウェイのニューモデル「XR PRO」シリーズのFWですが、おなじみディープフェースモデル「XR PRO 3DEEP」(以下3D)FWです。連日オリジナルシャフトモデルの試打でしたが、この3Dはカスタムシャフト「ツアーAD BJ-6S」モデルを試打できました!! さぁ~て、どんな結果になるのか!! ボク自身楽しみですね! そんなわけで、早速いってみましょう!

まずは見た目から。

ソールデザイン的には「XR PRO」と一緒ですが・・・
CALLWAY XR PRO 3D SOLE.JPG

フェースを見ると、さすが3D!! 「XR PRO」よりもさらにディープフェース!! ボクレベルには「直打ちは厳しそうだなぁ」と感じてしまうほどでしたわ。
CALLWAY XR PRO 3D FACE.JPG

いや~!! あからさまにディープボディ! って、じゃなきゃ、わざわざ3Dで売り出さないですわな!
CALLWAY XR PRO 3D SIDE.JPG

後ろ姿もドーン!!
CALLWAY XR PRO 3D BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。こうやってみてみると、もうボクにとってはセカンドドライバー状態。ティアップ無しでは打てるイメージがわかないっす!
CALLWAY XR PRO 3D TOP.JPG

CALLWAY XR PRO 3D SHAFT.JPG今回試打したのは、グラファイトデザイン社製「ツアーAD MJ-6」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角14度、ライ角55.5度、長さ43.25インチ、総重量322g、バランスD2。ヘッド体積未発表。シャフトスペックは、重量58g、トルク3.4、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

CALLWAY XR PRO 3D DATE.JPGまず持ってみると重量的に決して重くは感じませんが、シャフトのしっかり感は当たり前ですが別モノ。シャフトの重心位置なのか、手元のしっかり感があるせいか、重量以上に重さを感じられます。とはいえ、XR PRO FWで「ん~」とか思った位なので、ここは割り切ってティアップで打ってみました。少なくともティアップして打った限りでは、文句なしの弾道ですね!! 気持ちよく振り切れる安心感って、重要ですね~!! 文句なしのロースピン強弾道は、もしかしたらドライバーの変わりに入れてもいいんじゃないかなって。GST-3Bの5球平均データはHS43.1m/s、初速64.7m/s、飛距離227y、ミート率1.50で、ベストは写真の通り。距離的にはXR PRO FWとほぼ変わらなかったりしますが、何より安定的に打てるのが魅力的!! やっぱりこうでないとね!

打感はソリッド系。カッチリし感じですが、これはシャフトとの相性もあるでしょう。

弾道はこんな感じ。いい感じに高めの中弾道。ティアップしているせいもあって、しっかり球は上がってくれますね。スピン量少なめの強弾道が魅力的ですな!

出球傾向は、ボクのスイングでもいい感じのストレート系。フッカーのボクでも左を気にせずいい感じに振れる印象でした。

シャフトですが、やっぱりこのヘッドにはこのくらいのしっかり感が欲しいですよね。この3Dを打って確信しましたが、やっぱりXR PROにとってはカスタムシャフトがあうと思います。ヘッドの性格的にも、やはりある程度しっかり振っていけるパワーヒッター向けに作られているはずなので、シャフトもそれなりのしっかり感が求められると思いますわ!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS44~45m/sは欲しいでしょう。これぞPROモデルといった感じですが、さらに敢えてDEEPモデルですからね。それなりにしっかり振っていけるパワーは必要でしょう。さすがに、直打ちはちょっと難しいそうな印象もありますが、お財布がゆるすなら、曲げたくないようなタイトコースでのドライバー変わりに、戦略的に使いたいですね。

<キャロウェイ「XR PRO 3DEEP」FW>
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=SUS630 フェース=ハイパースピードフォージドカップフェース
■ロフトバリエーション:#14
■シャフト(重量/トルク/調子):「XR」(S=54g/5.7/先調子)。「ツアーAD MJ-6」(S=58g/3.4/中調子)。「ツアーAD MJ-7」(S=67g/3.2/中調子)
■価格:「XR」装着モデル1本3万3000円+税。「ツアーAD MJ-6」装着モデル各1本5万3000円+税。
■備考:左用はなし

(試打 - キャロウェイゴルフ)

コメント(4)

このシャフト、「mj」ですよね・・・?

昨日の「XR PRO」FWも、この「XR PRO 3DEEP」FWも
ヘッド体積が440cm3もあるんですか!

ドライバーと変わりませんねぇ
ちょっとびっくり

通りすがりさん
どーもです。
おっしゃるとおり・・・。「MJ」に訂正しました。ありがとうございます。

mon2さん
どーもです。
間違いです。申し訳ありません。ヘッド体積はメーカー未発表でした。

ホント、すみません。

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら