日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

大利根カントリークラブ 後編

15年05月09日 [00時00分]

どーもです。

OHTONE CC MAIN.JPGワークスゴルフのテスト取材で訪れた茨城・大利根カントリークラブ東コースのラウンドレポ後編です。今回ニューモデルドライバーと非公認球「飛翔極」のテストでしたが、非公認球というだけあって確かに飛びますわ~。前半9Hで公認球「飛翔」と比較して100%飛ぶという結果となったので、急遽後半は「飛翔極」がマイククラブのG30ドライバーならどこまで飛ぶのかをテストしてみました。というわけで、後編いっていましょう。

ランチは人気メニューという「しょうが焼き」をオーダーでした。
OHTONE CC LUNCH.JPG

若干甘めのしょうが焼きでしたが、ご飯が進む味付けでしたね。肉でパワー充電して後半スタート!!

1番は363yミドル。
OHTONE CC NO1-1.JPG

G30ティショットはちょっと当たりが薄かったけどFW右キープ。残り145y#9をグリーン右バンカーにぶち込んでしまい、1発で出せず2発目で出たけどまさに出ただけ。残り7yを52度で寄せて手前4y。2パットで素トリ。ガビーン!!

2番は330yミドル。
OHTONE CC NO2-1.JPG

ここは左ドッグレッグなので、ティショットはロマロUTでFWキープ。残り136yPWショットはわずかにショート。ピンまで11y52度寄せはピン手前2y。1パットでパーセーブ。

3番は120yショート。
OHTONE CC NO3-1.JPG

PWショットはピン左8y。ここは2パットでパー。

4番は474yロング。
OHTONE CC NO4-1.JPG

G30ティショットは完全な当たりそこねで残り269y。
OHTONE CC NO4-2.JPG

続くX HOT 3Wもミスって残り218y。気合いのロマロUTショットはわずかにショートでグリーン手前。ピンまで19yPW寄せがピンを4yオーバー。ここから痛恨の3パットで素ダボ。

これはヤバイパターン!! ちょっと兜の緒を締め直さないといかんぜよ!

5番は372yミドル。
OHTONE CC NO5-1.JPG

G30ティショットはいい感じでFWキープ。残り146y#9ショットはピン左手前4y。ここは2パットでパーセーブ。

6番は355yミドル。
OHTONE CC NO6-1.JPG

G30ティショットはここもいい感じでFWセンターキープ。ちなみに、このショットがショットオブザデーでしたね!!
OHTONE CC NO6-2.JPG

でも、残り82yをピン手前7yに乗せながら痛恨の3パット。ショットはいいけど、パットが狂い始めたか!?

7番は135yショート。
OHTONE CC NO7-1.JPG

PWティショットはピン左11y。ここも2yをクルンさせて3パットのボギー。

8番は382yミドル。
OHTONE CC NO8-1.JPG

G30ティショットはいい感じなんです。ここもFWキープ。残り146y#9ショットもピン手前7yに乗せながら、またもや痛恨の3パットでボギー。アレレっ!?

最終9番は471yロング。
OHTONE CC NO9-1.JPG

G30ティショットはここもしっかりFWキープ。
OHTONE CC NO9-2.JPG

残り224yですが、低く木の右狙いで#5ショット。これは狙い通りの完璧なショットで残り32y。PW寄せはピン手前7y。ここは慎重に距離合わせ。無事2パットで最後はパーセーブで終われました。

後半バンカーショットのミスとパターが壊れてしまいましたが、それでも8オーバーの「44」。パットが21パット。ハーフで3パット4回は痛いっすね。それでもトータル「83」の36パットはまずまずの結果で、参考記録とはいえ大利根のバックでこのスコアが出せるなら、これは復調と思っていいんじゃないかなって自分に言い聞かせています。

非公認球「飛翔極」については、明日改めてレポしたいと思います。

な~んていっている間にGWも終わってしまいますね。GW前のラウンドレポでGWが終わってしまいましたが、まだまだラウンドレポがありますので、折をみて更新していこうと思います。

(ラウンド - 茨城県)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら