日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

たむ。プロのつぶやき

15年04月26日 [00時00分]

どーもです。

今日はマンスリー企画「たむ。プロのつぶやき」です。今月はパッティングについてですね! ボクも参考にさせていただきました。なお、今月もジャンジャン質問受け付けますので、聞きたいことがあればなんでも気軽にコメントを書き込んでくださいね!! では、いっていましょう!


ども!

つぶやきを書いてアップのころはいつも月末なので、「今はもう4月も終わりだよ!」 なんて思いながら「早く夏にならないかな!?」とワクワクしていたりしていますが、その前にある梅雨は......(>人<;)ですね。

このところ僕は昔ながらの「自らがアンカーリング」な感覚を、少しオーソドックスな 「両肩で振り子」なパッティングストロークにして半年くらいやってきましたが...

やっぱり 合わない気がする

「何いってるの?」な感じですが、これは結局のところを話すと「『重いパター』と『軽いパター』、どちらが好きですか?」な話なんです。

重いパター=小さい振り幅の方が安心で、どちらかというとボールコンタクトを重視しながら打つ感覚
PUTTER HEAVY.JPG

軽いパター= 大きめな振り幅にてゆっくりストロークすることで、安定した感覚や転がり出しを作りやすい感覚
PUTTER LIGHT.JPG

これはあくまで個人的な僕の子供の頃からの感覚ですが、僕は重いパターだと手元よりもヘッドの動きが強く感じすぎて、短い距離を引っ掛ける気がしてしまいます。そこで左肩支点で腕の付け根からクラブヘッドまでを一本の棒として、左手グリップをしっかりなまま動かした方が転がりをコントロールするのが楽なんです。

ですが、これにもいつもお話しするように絶対はなく、あくまで「重い」「軽い」で分けた時の感じ方と考え方の一例です。軽いヘッドバランスのパターでもストロークよりインパクト重視でヒットすることで感覚が出る方もいるでしょうし、反対もあります。

タイプ別なやり方としての一例は、左肩が支点の場合はストロークが大きくなるので左足に重心を寄せて、重心の上に頭を位置させてストロークするのがやりやすいでしょう!
PUTTER LEFT.JPG

両肩で動かすなら、両足に体重は均等に配分して頭から背骨までを中心軸としてストロークするのがやりやすいでしょう!
PUTTER CENTER.JPG

僕的な分け方だと、左肩なら「ピンタイプ」、両肩なら「マレット系」がストロークの仕方とクラブの形や機能と合うと思っています!! 自分が「ピンタイプ」でないとパターができないというのもありますが(笑)

ヘッドの動きで考えた場合は、左肩タイプは片軸に近いのもありほんの少しですがボールに上からコンタクトして、両肩タイプは均等な体重配分になってくるのでボールに対して横からレベルにコンタクトしてくるような感じになってくるんでしょうね(^O^)

そんなことをふと思ったので、今月の「つぶやき」としてみました!

今月も月刊ワッグルにての僕と親友の戸次重幸のコーナー「シゲ&たむ。」シングルへの旅を掲載していますので、こちらもぜひご覧ください!!
WAGGL201504.JPG

「ゴル痩せ生活」のPVも完成!!

三浦辰施

(たむ。プロ)

コメント(3)

パターに関してお教え下さい。
ストロークの方法とパターの重心って関係すると思いますが、逆の組み合わせにした場合にどう影響するのでしょうか?
(上の写真の重いパターはバランスをとった時にフェースが真上に向き、下の軽いパターはトウ部分が下がる違いの事)

フェースが真上に向くパターは真っ直ぐ引くのが良くって、トウが下がるパターは身体を中心とした扇状にバックスイングするのが良いみたいな文書を何かで読んだ記憶があるのですが・・・
これを逆にした場合は良くないのでしょうか?


もう一つはパターのスイングも左右対称が良いのでしょうか?

是非ご教授下さい。よろしくお願いいたします。

こんにちは!

まさにおっしゃる通りです。
真上に向くフェースバラスのヘッドは真っ直ぐに、トゥ側が下がるパターはイン トウインな使い方が球を つかまえやすくなっています!

かといっても トゥが下がるパターはハンドアップにしてヒールを浮かす構えではなく、両肘を伸ばし気味に構えた方がクラブの動きにて芯でとらえやすくなるので、少しトゥ側が浮く感じが良いと思います!

逆にした場合、例えばですが、わざと球をつかまえずに滑らして曲がりを大きくしながらコントロールしたい時(速いグリーンではあったりしますが…)は。そんな、感覚で僕はいますよ!

パターのストロークも基本は左右対称が良いとされていますが、左6右4くらいをベースに打つ時もあります!特にショートパットを真っ直ぐ強めの時にやりますね。      三浦辰施

詳細な説明有難う御座いました!

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら