日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ホンマゴルフ「TW727P」アイアン

15年05月11日 [00時00分]

どーもです。

HONMA TW727P MAIN.JPGみなさん、GWはいかがお過ごしでしたか? ボクは久し振りのゴルフ三昧にしちゃいました!! ラウンドレポもまだまだありますが、まずはホンマゴルフ「TW727」シリーズのアイアン4モデルを紹介したいと思います。先代は3モデルでしたが、今回「TW727」には新モデル「Vn」が設定され、「P」「V」「Vn」「M」のラインアップになりました。まずは、「TW727P」(以下「P」)からいってみましょう。

まずは見た目から。

構造的には2ピースのポケットキャビティですが、これは先代も同じ構造でしたね。でも、見た目は先代とは別モノ!!
HONMA TW727P BACK.JPG

フェースはミッドラージ。形状的には先代とほぼ同じように見えました。
HONMA TW727P FACE.JPG

ソールはやや広めのセミワイド。これは先代より若干広めになっていますね。
HONMA TW727P SOLE.JPG

ネックはセミグース。ボディも適度な厚みがあってつかまりも良さそうに見えます。
HONMA TW727P SIDE.JPG

構えてみるとこんな感じ。トップブレードも適度な厚みで安心感もあっていいですね!!
HONMA TW727P TOP.JPG

HONMA TW727P SHAFT.JPG今回試打したのは、カーボンシャフト「VIZARD IB85」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角61.5度、長さ37.125インチ、総重量410g、バランスD1。シャフトスペックは、重量84g、トルク3.0、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

HONMA TW727P DATE.JPG今回、カーボンシャフト「VIZAARD IB」(以下IB)シリーズを確認すべく4モデルともIBで試打クラブを用意してもらいました。「P」には80g台のIB85が採用されていました。重量的にはやや軽めですが、カーボンシャフトモデルとしてはまずまずの重量感だと思います。ワッグルしてみると、マイアンアンに挿しているOTアイアンに比べると若干柔らかめな印象ですが、重量帯も違うから当然といえば当然ですね。実際に打ってみると、やや弾く感じがあって、しっかり球は上がってくれる感じでしたね。スピン量は少なめで、今流行の弾道ってな感じ。いい意味でアバウトに打てる気楽さがあります。GST-3Bの5球平均データはHS39.2m/s、初速52.6m/s、飛距離158y、ミート率1.34で、ベストは写真の通りでした。ある程度飛距離も意識したモデルかもしれませんね。とにかく、クラブがしっかり仕事してくれるので、安心感がありますね!

打感は弾き系。マイルド感もありますが、ポケキャビ特有のボールを押してくれる感じがありますね。音は若干高めですが、「チッ!」っとサスティンが短めで小気味のいい感じでした。

弾道はこんな感じ。しっかり高弾道ですが、スピン量少なめでどちらかといえば前に行ってくれる印象が強めですね。スピン量少なめの影響でサイドスピンも抑えられているのか、フッカーのボクでもこの弾道!!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。このくらいの曲がりなら、フッカーのボクにとってはほぼストレート感覚ですわ~!

シャフトですが、ボクの感覚ではダイナミックゴールドがそのまま軽量化したような感じかな!? ダウンで手元がしなるような感覚がありますが、一昔前のアイアン用カーボンシャフトのような頼りなさは皆無。いい感じのしっかり感がありながら、球はしっかりあげてくれるので、安心感がありますね。OTアイアンとは真逆のイメージですね。その辺は後日しっかりフォローしましょう!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。基本的にはオートマチックに打てる安心感タップリのアイアンだと思います。そういう意味では、使い手を選ばないオールラウンダーなアイアンでしょうね。先代も安心感のあるアイアンでしたが、この「TW727P」はより打ちやすさを&安心感を意識したのが今回の進化でしょうね。より、性格がハッキリしたモデルになっていると思います。

<ホンマゴルフ「TW727P」アイアン>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:7▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=軟鉄、フェース=マレージングステンレス鋼
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「VIZARD I55」(S=58g/2.82、R=56.5g/2.92/中調子)、「VIZARD IB85」(S=84g/3.0/手元調子)。スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=98g/1.8、R=94.5g/1.9/中調子)。※#7用スペック
■価格:カーボンシャフト「VIZARD I」装着モデル6本(#5~#10)セット15万円+税、単品(#3、#4、#11、SW)各1本2万5000円+税。「VIZARD IB85」装着モデル6本セット15万6000円+税、単品各1本2万6000円+税。スチールシャフト「NSPRO950GH」装着モデル6本セット11万4000円+税、単品各1本1万9000円+税。

(試打 - 本間ゴルフ)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら