日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

たむ。プロのつぶやき

15年03月28日 [00時00分]

どーもです。

やっと春らしくなってきた今日この頃。皆さん、ゴルフ始めましたか? 寒さでシーズンオフってたゴルファーの皆さんも、冬眠から覚める時期なんじゃないかな!? というわけで、今日はマンスリー企画「たむ。プロのつぶやき」。今月のテーマは、「ゲン担ぎ」および「ルーティーン」。ボクの「ルーティーン」は・・・・。コメントに1番で書き込んじゃおうっと!! これはボクも気になるテーマなので、ジャンジャン書き込みしてくださいね!


こんにちは!

春になってきましたね。というより、春ですね!!

そろそろお花見の計画もしないと、「あっ!」という間に雨でも降って散ってしまうかもしれませんからね〜(汗)

さて、今月のテーマは「ゲン担ぎ」。皆さんが「ゲン担ぎ はされますか? それともされませんか?? ゴルフをされる多くの方は、コースに向かう道中で「今日はベストスコア」の意気込みで向かうのは間違いないとオモイマス!

僕も、かつてはそうでしたもん(笑)

今回のつぶやきは、それだけにピンポイントで関係しているわけではないのですが、「コースに行く前にはこんなことする」「コース内でこんなことしている」のような、もしかしたら自然にそうしているのかもしれませんが、それもある意味「ゲン担ぎ」的なルーティーンだったりして(^O^)

以前まだ試合に参戦していた頃の僕は、車中ではハードロックをガンガンに聴いて向かっていました(笑) しかも、そんな時同乗される方のことも考え、1人で行動していました。

話かわりますが、今の僕はゴルフよりも私生活での「ゲン担ぎ」で遂行していることがあります。僕的には色んな判断や巡り合わせを感じることが多いので、「中身は秘密ww」。 レッスンの時にでも聞いてください。そんな時は話しちゃいます (*^o^*)

今年から宣伝塔として契約させていただいています「飛衛門」さんから「ゴルフ御守り」をいただきまして、このつぶやきのテーマにさせていただきました。

余談ですがこの御守り、今年の「ゴルフフェア」でデビューだったのですが、かなりな 人気で売り切れ!! 初期では僕にも届きませんでした(笑)
IMG_7032.JPG

そんな「ゲン担ぎ」もその時々で変化することも多々あるとは思いますが、僕の過去の例をあげますと、「ショットを打つ前にグリップを拭く」や「パターの時に◯◯する」などだけでなく、コースに向かう車中や着いてからスタートまでに「◯◯を食べる、飲む」という全てをルーティーンといえば ルーティーンなので、これも「ゲン担ぎ」といえば「ゲン担ぎ」ですね。最近の僕は何だろう...!? ゴルフに限られたことではなく日常からですが、コースに向かう前に必ず1時間くらい「風呂に入る」かな。 しかも、シャワーはダメ。できちんと湯船に30分以上浸かります。これはやらないと気持ち悪いし、身体も頭も動かないし、グダグダになります (汗)

皆さんの「ゲン担ぎ」「ルーティーン」はどんなんですか??

はたまた、無いなら何か作りましょう!

無いよりあった方が、何かと切り替えやメリハリが出来るかもしれませんよ(^^)

今月もワッグル 5月号にて、シゲ(戸次重幸)& たむ。(私、三浦辰施)の「ゴルフシングルへの旅!」 掲載中です!!
IMG_8195.JPG

三浦辰施 Tatsuya Miura

(たむ。プロ)

コメント(3)

ボクのルーティーンは、ショット前にコースの写真を撮ること(汗)

もはやルーティーンと化しているかもしれません。競技でスコアが出ないのは、メンタルの弱さに加え、ルーティーンがいつもと違うから・・・とか、最近本気で思ってますw

私のルーティーンはティーショット前に飛球線上に向かって、剣道の素振りみたいな行動を取ります。
1回だけ行って、その後アドレスに入る様にしています。
胸を開き、肩甲骨を閉める運動にもなるので、良い結果が得られるみたいです。
(いつもナイスショットとはなりませんが)


この間半年ぶりのゴルフで、脇腹を痛めてしまい、寝返りすらうてない日々を過ごしています(泣)
その際おニューの815は散々でした(泣)
脇腹が治ったら頑張って練習に勤しみます!

私のルーティンは靴は左から履くことです(笑)
ゴルフのみならず全てですね。
パットでは長いパットは右手で下から転がすような素振りをして、カップまでの転がるスピード、曲りをイメージしてからアドレスに入ります。
(一時期、片山プロがやってたヤツですね...)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら