日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ナイキ「ヴェイパー フレックス」ドライバー

15年03月05日 [00時00分]

どーもです。

NIKE VAPOR FLEX DR MAIN.JPG昨日急ネタを放り込んだため1日空いてしまいましたが、今日はナイキのニューモデル「VAPOR」(ヴェイパー)シリーズのドライバー「VAPOR FLEX」(ヴェイパーフレックス)ドライバーを紹介しましょう。このヴェイパーフレックスは重心深度を調整できるモデルですね。ここまでボクにとっては「ヴェイパースピード」「ヴェイパープロ」と、ともに超ロースピンでドロップしちゃっているようにも感じるほどだっただけに、このヴェイパーフレックスは「これ、ボクで打てるのかな?」ってな感じ。果たして打てるのか? 早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ヴェイパーフレックスはヘッド体積が420cm3とシリーズでは最も小振り。当然ですが、その分コンパクトに見えますね。
NIKE VAPOR FLEX DR SOLE.JPG

最大の特徴はキャビティ部に設定された「フレックスフライト」。ここに「フライトポッド」を装着することで重心深度が調整できるというわけですね。なお、キャビティ部分はブラック!!
NIKE VAPOR FLEX WEIGHT2.JPG NIKE VAPOR FLEX WEIGHT1.JPG

フェースはややディープ気味ですが、フェース形状はどちらかといえばヴェイパースピードに近いイメージ。これ、何でなんでしょうね!?
NIKE VAPOR FLEX DR FACE.JPG

ボディはややシャローで、これもタイプ的にはヴェイパースピードに近いイメージだったりします。
NIKE VAPOR FLEX DR SIDE.JPG

後ろ姿ですが、フライドポッドがドーン!!
NIKE VAPOR FLEX DR BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。420cm3の洋ナシ型はかなり小振りなヘッドに見えますな。
NIKE VAPOR FLEX DR TOP.JPG

NIKE VAPOR FLEX DR SHAFT.JPG今回試打したのは、グラファイトデザイン社製シャフト「ツアーAD MJ-6」Sフレックス装着モデル。スペックはロフト角10.5度設定、ライ角58.5度、フェース角ニュートラル(1.5度オープン)、長さ45インチ、総重量318g、バランスD3。ヘッド体積420cm3。シャフトスペックは、重量62g、トルク3.4、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

NIKE VAPOR FLEX DR D DATE.JPG重量的にはいい感じでした。まずはフライトポッドのMIDを後方にセッティングした深重心状態で試打。ワッグルしたイメージとしては、ヴェイパープロと同じような印象でしたが、ヘッド後方にやや重量感があるようにも感じます。まぁ、これは見た目からの印象でしょうね。実際に打ってみると、思った以上に球は上がりますが、まずがやはり打点にシビアですね。深重心なので多少打点のブレには寛容性があるのかと思っていましたが、ボクが思っていたほどでは無かったですね。それと、やはりスピン量が少なめ。ボク的にはいい感じに芯を食った感じでも、「あれっ!?」ってな感じでドロップしちゃっているように感じました。GST-3Bの5球平均データはHS45.6m/s、初速65.9m/s、飛距離239y、ミート率1.44で、ベストは写真の通りでした。

弾道はこんな感じ。弾道的には高めの中弾道ですが、やはりスピン量少なめな影響か最高到達点から急降下しているようなイメージ。また、打点のシビアさからか、曲がりも3モデルのなかでは最もきつかったです。

NIKE VAPOR FLEX DR F DATE.JPG続いてフライトポッドのLOWを後方セッティングした浅重心状態での試打です。ちなみに、リリースによれば重心位置は2.4mmフェースよりに近づくようです。これ、ワッグルしてみると、シャフト線上に近いところに重心があるように感じましたね。実際に打ってみると、1番強く感じのはやはりスピン量。当たり前ですが、スピン量はさらに少なく感じましたね。ボク的には3モデル中で最もスピン量少なめなんじゃないかなって。思った以上に球は上がるけど、いかんせんドロップしているのと、やはり打点のブレのシビアさはありますね。これ、ボクにはちと難しすぎっすね。GST-3Bの5球平均データはHS45.0m/s、初速65.7m/s、飛距離238y、ミート率1.46で、ベストは写真の通りでした。

弾道はこんな感じ。ん~、これ、クラブに負けちゃっている感じ・・・

打感はかなり柔らかめですね。ヴェイパースピード、ヴェイパープロとはまた違った感触があって、フェースに乗った後にムニュというか、なんかムニュが遅れて感じるんですよね。なんだろう? フライトポッドの影響なんかな?

出球傾向はボクのスイング軽いドロー系ですが、これは振った通りじゃないかな。あとは打点の問題でしょうね。

振り感ですが、基本的にシャープに振っていけます。でも、ウエート位置で若干振り感が変わりますね。これだけでも、試してみたらおもしろいと思いますね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低HS45~46m/sは欲しいでしょう。まず、ヴェイパー3モデルの中では、間違いなく最もシビアなモデルだと思います。そういう意味では上級者モデルでしょうね。ボクの場合、ミッドを後方にした深重心セッティングでも。ぶっちゃけシビアに感じました。浅重心セッティングは、ボクにはムリかな・・・。小さめヘッドが好みでフェードヒッターにおすすめしたいモデルです。打点のブレが少なめで、ややカット気味にヘッドが入るタイプのほうが断然合うモデルだと思います。

「ヴェイパー」シリーズドライバーですが、今回3モデルを試打してみてまずいえることは「ロースピン」ですね。そういう意味では、スピン量多めのアマチュアゴルファーにとっては、スピン量を減らしてくれるドライバーだと思います。逆にボクのようなタイプは、多分NGでしょう。「ヴァイパースピード」はアウトサイドイン系スイングのフェードヒッター&スライサーのアベレージ向けモデル、「ヴェイパープロ」はしっかり叩いても左が怖くないのでいわゆるしっかり叩けるハードヒッター向け。「ヴェイパーフレックス」を弾道を操りたいホンモノハードヒッター向けと思って間違いないと思います。

<ナイキ「ヴェイパーフレックス」ドライバー>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Vaporグラファイト」(S=58g/4.5、SR=56g/4.5、R=54g/4.6/中調子)。「Vaporグラファイト+」(S=60g/3.9/中調子)。「ディアマナR60」(S=64g/3.5/中調子)。「ツアーAD MJ-6」(S=62g/3.4/中調子)。「ATTAS 6☆6」(S=64g/3.3/中調子)。「スピーダー661エボリューション」(S=66g/3.7/先中調子)。
■価格:「Vaporグラファイト」「Vaporグラファイト+」装着モデル1本6万6000円+税。「ディアマナR60」「ツアーAD MJ-6」「ATTAS 6☆6」「スピーダー661エボリューション」装着モデル1本8万6000円+税。
■備考:左用なし

(試打 - ナイキ)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら