日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ナイキ「ヴェイパー プロ」ドライバー

15年03月03日 [00時00分]

どーもです。

NIKE VAPOR PRO DR MAIN.JPG今日紹介するのはナイキのニューモデル「VAPOR」(ヴェイパー)シリーズのドライバー「VAPOR PRO」(ヴェイパープロ)ドライバーです。このヴェイパープロはロリー・マキロイプロ使用で話題になっているモデルですよね。昨日紹介した「VAPOR SPEED」(ヴェイパースピード)に比較すると、見た目からも明らかにディープでガッツリ叩いていけるモデルといった印象を受けます。では、実際にはどうなのか? その辺を確認してきましたので、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

形状的にはヴェイパースピード同様フライビームを採用したキャビティドライバーですが、ヴェイパープロはソール部分がブラックになっていました。
NIKE VAPOR PRO DR SOLE.JPG

フェースはややディープ気味ですね。また、フェース形状がヴェイパースピードとは別物です。ヴェイパースピードは逆三角形に近いイメージでしたが、ヴェイパープロは長方形に近いイメージです。
NIKE VAPOR PRO DR FACE.JPG

ボディも一見してわかるくらい、よりディープになっています。
NIKE VAPOR PRO DR SIDE.JPG

後ろ姿です。
NIKE VAPOR PRO DR BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。クラウンが洋ナシ型になっているので、460cm3とヘッド体積は同じでも全く違った顔付きに見えます。
NIKE VAPOR PRO DR TOP.JPG

NIKE VAPOR PRO DR SHAFT.JPG今回試打したのは、グラファイトデザイン社製シャフト「ツアーAD MJ-6」Sフレックス装着モデル。スペックはロフト角10.5度設定、ライ角58.5度、フェース角ニュートラル(1度オープン)、長さ45.5インチ、総重量316g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量62g、トルク3.4、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

NIKE VAPOR PRO DR DATE .JPG重量的にはまずまず。ヴェイパースピードとわずか3gの重量差ですが、バランスがD3とヘッドがきいたセッティングなので、より重量感がありました。シャフト差があるので当然ですが、ワッグルしてみてもイメージ通りしっかり振って行けそうな印象です。実際に打ってみると、ヴァイパープロのほうがやはりガッツ振っていけます。オリジナルシャフトと比較して明らかに違うのは手元のしっかり感ですね。当然BJ-6装着モデルのほうが全体的にしっかりしていますが、その中で特に感じたのは手元のしっかり感ですね。切り返しで手元がしなる感じがないので、素直にヘッドを降ろせるイメージがいいですね!! 打感も、よりしっかり感があるように感じましたね。ですが、スピン量はやはり少なめ。ボク的にはヴェイパースピードよりも、さらにスピン量が少ないように感じました。これはもう危険水域というか、ボクにとっては「ダメなんじゃないの・・・!?」域かな。ヴェイパースピードよりも球の上がりが抑えられているようなイメージですが、その弾道でドロップしちゃっているような感じなので、正直これはちょっとキツイかも! GST-3Bの5球平均データはHS46.9m/s、初速66.5m/s、飛距離241y、ミート率1.41で、ベストは写真の通りでした。ヴェイパースピードよりも気持ちよく振れる分データも好データでしたが、やはり気になるのはドロップかな・・・

打感はかなり柔らかめ。でも、ヴェイパープロのほうが、打ち抜き感がある感じですね。これはおそらくシャフト差によるモノだと思います。音はヴェイパースピードとほぼ一緒です。

弾道はこんな感じ。やや高め中弾道ですね。でも、昨日紹介したヴェイパースピードよりもボールがお辞儀しちゃっている感じなんですよね。まぁ、これは昨日も書きましたが、元々ボクはインサイドアウトの煽り打ち系のスイングなのでスピン量が少なめなんです。全てはこのスイングとの相性ですね。

出球傾向ですが、ボクのスイング軽いドロー系。フェース角ニュートラルポジションで1度オープンですが、これはもうしっかり振っていっても左を気にせずに振れるイメージでしたね。

振り感ですが、これはかなりシャープに振っていけます。手元のしっかり感があってトルクも少なめなので、ボク的にはシャープに振れる組み合わせだと思います。個人的にツアーAD BJシリーズは好きなシャフトですが、このヴェイパープロとの相性もよさそうですね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低HS45m/sは欲しいイメージですね。昨日紹介したヴェイパースピード同様の超ロースピンモデルでしょうね。ボクのようなインサイドアウトの煽り打ち以外はOKなモデルでしょう。プロはドライバーでもダウンブロー気味に入っているようですが、このヴェイパープロならダウンでも吹け上がりは無いと思います。まぁ、ボクらアマチュアにはほぼ不可能でしょうが、キッチリレベルブローで打てるヒッタータイプにとっては恐ろしく強弾道が期待できそうに感じます。持ち球的にはフェードヒッター向けですな!

<ナイキ「ヴェイパープロ」ドライバー>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「ディアマナR60」(S=64g/3.5/中調子)。「ツアーAD MJ-6」(S=62g/3.4/中調子)。
■価格:1本7万8000円+税。
■備考:左用なし

(試打 - ナイキ)

コメント(4)

このシャフト、mjですよね・・・・

やしけんさん
どーもです。
間違えた・・・。ご指摘ありがとうございます。

こんにちは、入手1ヶ月経過したのでレポ送ります。
(レフティなので、USA品:VaporPro Diamana S+ Blueboard60Xです。)
打感、音がイイのはVaporシリーズの流れですが、何よりも振りやすくなっているので打っていて気持ちよく楽しい&距離も伸びています。(2代目タガメツアーに比べ、ヘッドが約-4g、スリーブも-5gも軽くなっていますが、バランスはD3.5なのがイイのかも・・・です。)
『タガメ』シリーズも三代目でフライビームが入ったので見た目のタガメ感が減少した感です。
シャフトも自然な動きながら、振ったなりにさりげなく仕事すると感じてます。初代のDiamana S63とS73を思い出します。(シャフト表面は安っぽい(クリアコーティング無しなので)ですが)
(タガメ初代&2代目のクロカゲシルバーはSシャフトだったせいか、あまり仕事をしてくれない・・・感じで自分のヘッドスピード(44m/s位)では十分なパフォーマンスは無理でした。マキロイ君のヘッドスピードが欲しい!って無理か!)
フェアウエイウッドは別にレポします。 ではまた。
(PS)タイガー君が心配ですね。マスターズで『Tiger is Back!』を期待したいです・・・

エウトンジョンさん
どーもです。
レポありがとうございます。
USモデルって日本モデルと味付けが違うんじゃないかと想像していますが、ボクも打ち比べていないので・・・

コバートから3代目ですが、このヴァイパーは確実に進歩していますよね。でも、レポ通りボクにはスピンが少なすぎなんですよね。ボクにとっては、これが最大の問題でした。

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら