日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ナイキ「ヴェイパー スピード」ドライバー

15年03月02日 [00時00分]

どーもです。

NIKE VAPOR SEED DR MAIN.JPGまだお伝えできていなかったナイキのニューモデル「VAPOR」(ヴェイパー)シリーズのドライバー3モデルを試打してきました。ヴェイパーのドライバーは「VAPOR SPEED」(ヴェイパースピード)、「VAPOR PRO」(ヴェイパープロ)、「VAPOR FLEX」(ヴェイパーフレックス)の3モデルがラインアップされていますが、まずはデフォルトモデルともいえるヴェイパースピードドライバーから紹介しましょう。

まずは見た目から。

コバート2.0の流れをくむキャビティドライバーですが、ソール後部にかけて2本のラインが見えますよね? ヴェイパーに新たに搭載された凸型の「フライビーム」ですが、これによってヘッド全体の強度を上げ、余分な振動をさけることで初速アップに貢献しているようです。またVRプロで採用されていたコンプレッションチャネルが「新コンプレッションチャネル」として採用されていました。
NIKE VAPOR SEED DR SOLE.JPG

フェースはややシャローです。フェース中央部分にボリュームがあるので若干ディープにも感じますが、実際にはシャローフェースですね。
NIKE VAPOR SEED DR FACE.JPG

ボディもシャローになっていました。
NIKE VAPOR SEED DR SIDE.JPG

後ろ姿ですが、なんかすげぇ~!!
NIKE VAPOR SEED DR BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はやや大きめなで、ややストレッチバック気味ですね。
NIKE VAPOR SEED DR TOP@.JPG

NIKE VAPOR SEED DR SHAFT.JPG今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ヴェイパーグラファイト」Sフレックス装着モデル。スペックはロフト角10.5度設定、ライ角58.5度、フェース角ニュートラル(1度オープン)、長さ45.75インチ、総重量313g、バランスD1。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.5、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。

NIKE VAPOR SEED DR DATE.JPG重量的にはまずまずの重量ですが、バランスD1の影響かスペックほどの重量感が無く、軽めなイメージでした。ワッグルしてみると、Sにしては柔らかめで、手元もやや緩い感じがあって、先もやや動きそうな印象でした。実際に振ってみると、ワッグルで感じた通り。やはり手元がやや柔らかい感じで、インパクト付近ではヘッドが走るような感覚でした。打感もメチャクチャ柔らかく、ナイキの進化を確実に感じましたね。で、コバート2.0からの進化ですが、ボクが感じた最大の進化はさらにスピン量が少なくなったことですね。ぶっちゃけ、これ、元々スピン量少なめのボクにとっては結構ピンチ領域!!!! というのは、いわゆるドロップ状態。これでは逆に飛距離をロスしちゃうんじゃないかなって心配しちゃうほどでした。GST-3Bの5球平均データはHS45.8m/s、初速65.6m/s、飛距離237y、ミート率1.43で、ベストは写真の通りでした。データ的にはまずまずですが、弾道を見る限りドロップしているようで気になっちゃいましたわ~!!

打感はかなり柔らかめ。ボールのつぶれ感が強く、フェースの上でムニュ~ってな感じ。VRプロあたりから打感はかなり良くなっていましたが、ナイキといえば未だに強く印象に残っているのがSQのあの打感と音だったりするのでねぇ・・・

弾道はこんな感じ。高弾道ですが、それでも最高到達点からグンと急降下しちゃっているようにも見えちゃうんですよね。これ、ボクにはどうしてもお辞儀しているように感じちゃうんですよね・・・

出球傾向ですが、ボクのスイングほぼストレート。スピン量少なめの影響かフッカーのボクが打ってもほぼストレートだったりします。カチャカチャのポジションがニュートラルで、フェース角は1度オープン。そのわりにはそこそこつかまる感じでした。

振り感は前述通りですが、ただ1つだけ気になったのは、ちょっと当たり負け感があったことかな。シャフト自体は粘り系ですが、さすがにガッツリいくとちょっと当たり負けしちゃっているような感じはありました。これは明日紹介するカスタムモデルを打って感じましたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにあいそうです。ボク的には、超ロースピンモデル。元々スピン量少なめのボクには危険水域ですが、例えばアウトサイドインでスピン量が多めの人には超オススメ!!  球はしっかり上がるタイプなので、基本的には扱いやすいモデルのはずです。つまり、ボクのようなインサイドアウトのあおり打ち以外にはオススメのモデルなんじゃないかなって感じましたわ!

<ナイキ「ヴェイパースピード」ドライバー>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Vaporグラファイト」(S=58g/4.5、SR=56g/4.5、R=54g/4.6/中調子)。「Vaporグラファイト+」(S=60g/3.9/中調子)。「ディアマナR60」(S=64g/3.5/中調子)。「ツアーAD MJ-6」(S=62g/3.4/中調子)。「ATTAS 6☆6」(S=64g/3.3/中調子)。「スピーダー661エボリューション」(S=66g/3.7/先中調子)。
■価格:「Vaporグラファイト」「Vaporグラファイト+」装着モデル1本5万8000円+税。「ディアマナR60」「ツアーAD MJ-6」「ATTAS 6☆6」「スピーダー661エボリューション」装着モデル1本7万8000円+税。
■備考:左用なし

(試打 - ナイキ)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら