日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

小暮博則「ゴルフのヒント」

15年03月01日 [00時00分]

どーもです。

今日お届けするのは、小暮博則「ゴルフのヒント」です。小暮プロが、LPGA&メルセデス・ジャパンのパートナーシップに関する記者発表に参加。その内容を紹介するとともに、プロコーチの立場から私見を紹介しています。

皆さん、こんにちは。

先日行われた共同記者会見へ、ゴルフメデイアとして参加してきました。絶大な人気のあるLPGAとメルセデス・ベンツの取り組みをご紹介したいと思います。

LPGAメルセデス最優秀選手に3年シード

CIMG9808.JPG2月18日(水)都内にて、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(LPGA)と、メルセデス・ベンツ日本株式会社が共同会見を行い、「LPGAオフィシャルパートナー」契約更新について基本合意に至ったことが発表された。メルセデス・ベンツ日本株式会社とのオフィシャルパートナー契約は2012年に始まり、「メルセデス・ランキング」の実施やジュニア育成への支援、レジェンズツアーへの支援など、様々な支援を受けている。また、これまで3年間の「メルセデス・ランキング」の実績を鑑み、「メルセデス・ランキング」1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手に、翌シーズンからの3年シードを付与することがあわせて発表された。

「LPGAオフィシャルパートナー」契約の概要

・「LPGA Mercedes-Benz Player of the Year」(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の実施
・LPGAが実施するゴルフ普及活動の包括的なサポート

「LPGA Mercedes-Benz Player of the Year」(LPGAメルセデス最優秀選手賞)について

LPGAが主催する「LPGAアワード」において、「LPGA Player of the Year」に、「Mercedes-Benz」の冠を設定。賞名を「LPGA Mercedes-Benz Player of the Year」とし、1年で最も活躍した選手を表彰する。「LPGA Mercedes-Benz Player of the Year」は、メルセデス・ランキング(正式名称:LPGA Mercedes-Benz Player of the Year Rankings)により順位が決定。従来の賞金ランキングとは別に、各大会の順位や出場ラウンド数を独自の方法でポイント化し、真の最優秀選手を選出するものとなっている。受賞選手には賞金500万円とメルセデス・ベンツ車両が贈呈される。また、当該選手には、翌年度から3年シードが与えられる。各トーナメント終了後に変動するメルセデス・ランキング(正式名称:LPGA Mercedes-Benz Player of the Year Rankings)は、LPGA公式WEBサイト内で確認できる。

LPGA会長 小林 浩美のコメント

CIMG9819.JPGメルセデス・ベンツ日本株式会社様には、2012年よりオフィシャルパートナーとして多大なるご支援を賜り、心より御礼申し上げます。また、このたびは契約更新を賜り、深く感謝申し上げます。

ご支援いただいております『メルセデス・ランキング』におきましては、これまでの3年間の実績が示すように、その年最も安定して上位の成績を残した選手が1位を獲得してまいりました。そして、この度1位の選手に対し最優秀選手という栄誉に相応しい3年シードの権利を付与することを決定しました。これにより、選手たちはさらにモチベーションが引き上げられ、日本ツアーを主戦場とする選手たちの魅力あるプレーが今年更にみられることと期待いたします。

弊協会は、2017年に創立50周年を迎えます。これまで培ってきました信頼にさらにお応えするため、そして日本国内はもとより、国際大会に向けても、グローバルに活躍するより魅力のある選手や指導者を輩出し、生涯スポーツとしてジュニア層からシニア層までゴルフの普及拡大に貢献し、これからも社会のお役に立てるよう頑張って参りたいと考えます。

メルセデス・ベンツ日本株式会社について

ドイツの自動車メーカー。ダイムラーAGの乗用車を扱う100%子会社の日本法人。メルセデス・ベンツが自動車を発明してから100年目となる1986年に設立し、全国に広がる208拠点の正規販売店を通して日本のお客様にメルセデス・ベンツ、スマート製品とサービスを届けている。メルセデス・ベンツはスポーツ支援をCSR活動の一つととらえ、「人が、美しく輝く瞬間。」をテーマに、スポーツを通じて自然と向き合い、自分と向き合って生きる人たちを力強く応援する様々な取り組みを行っている。

メルセデス・ベンツ、若手女子プロゴルファー支援 2015年対象選手を発表

*プロ転向3年以内のルーキーを対象とする「メルセデス・サポート」で2選手を支援
*さらなる活躍が期待される選手を「契約選手」として支援
*3選手の活躍を、メルセデス・ベンツ公式FaceBookページにて随時発信

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎氏、本社:東京都港区)はトッププロ支援からジュニア育成までを包括支援するオフィシャルパートナー契約を締結している一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(会長:小林浩美、所在地:東京都中央区)会員の若手選手を年間を通じて支援する活動において、2015年の対象選手を発表いたしました。
CIMG9845.JPG

プロ転向3年以内のルーキーを対象とする「メルセデス・サポート」では、プロ転向2年目の松森彩夏選手と2014年度のプロテストに合格した柏原明日架選手を対象とし、メルセデス・ベンツ車を1年間無償貸与するほか、全国各地を転戦する活動を支援するなど、厳しいプロの世界で戦う選手の活動をサポートいたします。また、プログラム創設時の2012年度から3年間、メルセデス・サポート選手として戦い、昨年度目覚ましい活躍を遂げた香妻琴乃選手を、本年度より「契約選手」として支援し、上級車種の無償貸与などを通じさらなる活躍を後押しします。

以上の内容を先日の共同記者会見にて聞いてきました。

CIMG9850.JPGLPGAは選手の育成、企業との連携、メデイアとの連携が上手で、スター選手が海外へ活動の拠点をうつしても、新しい選手が次々と世にでる方向で、成功しています。

局外者として外から見ますと、ジュニア育成による底辺拡大と育成に力を注ぎ、実績があるジュニア選手に機会を与え、ツアーでの経験を積ませ、腕を磨き、その活躍をメデイアを使いながら上手に広告、宣伝していくように感じられます。

1)応援しているファンと注目選手
2)注目選手と応援している企業
3)応援しているファンと応援している企業

この関係が実によく機能している模様です。

ファンにとっても、選手にとっても、企業にとってもメリットがある関係が、LPGAの人気の秘訣だと思います。

また、メルセデス・メンツの、ジュニアへの取り組みも応援、私は注目しております。私的な意見で恐縮ですが、もしスター選手としてピークを迎える10年前からの支援があったらと思います。ゴルフ環境を整えることや用具用品のサポートは、プロになる前ほど手に入れがたいと言えます。支援が10年前から得られるとしたら、そのジュニアの運命を変える可能性を秘めています。支援をうけて活躍した選手は、将来的にその企業や協会へ貢献することができます。私も1コーチとして、協力したいと思います。ジュニア育成から成功をつかんだ選手が次の貢献を行う永続的に行うことができたら。協会、企業、選手、ユーザー、全てのフィールドで関係性をもって、社会貢献を進めていければと思いました。

皆さん、今回の内容はいかがでしたでしょうか?

これからもLPGAと選手、メルセデス・ベンツの取り組みを注目していきましょう!

(衣装協力:カルバン・クライン プラチナム)

(ゴルフのヒント)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら