日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

テーラーメイド「エアロバーナー」アイアン

15年03月12日 [00時00分]

どーもです。

TM AERO BURNER IRON MAIN.JPG今日紹介するのは、テーラーメイドのニューモデル「AERO BURNER」(エアロバーナー)シリーズのアイアンです。ちょっと前に紹介した「RSi」シリーズが直進性の高いモデルで印象に残っていますが、このエアロバーナーアイアンはさらに直進性が高いモデルなんじゃないかなって!! その辺も含めレポしてみましょう。

まずは見た目から。

構造的にはポケットキャビティですが、テーラーメイドお得意の貫通型スピードポケット搭載モデルです。大型ヘッドでトゥ・ヒールにウエートを振ったモデルなので、これはもう打ちやすさ重視のモデルとイメージできます。
TM AERO BURNER IRON BACK.JPG

フェースはラージフェース。ややトゥ・ヒールに長めで、払い打ちでもしっかり球が上がりそう。
TM AERO BURNER IRON FACE.JPG

ソールはワイドソールで、いかにも多少ダフっても滑ってくれそうな感じ。
TM AERO BURNER IRON SOLE.JPG

ネックはガッツリグースネックですね。
TM AERO BURNER IRON SIDE.JPG

構えてみるとこんな感じ。トップブレードが厚めでややポッチャリ系なのは否めませんが、その分安心感はあるんじゃないかなと思います。
TM AERO BURNER IRON TOP.JPG

今回試打したのは、スチールシャフト「KBS C-Taper90」Sフレックス装着モデルの#5。スペックはロフト角22度、ライ角60.5度、長さ38インチ、総重量396g、バランスD1.5。シャフトスペックは、重量95g、トルク1.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

TM AERO BURNER IRON DATE.JPG重量的には軽めのモデルですが、今回のエアロバーナー自体が軽量モデルですからね。実際に打ってみると、その直進性の高さにビックリですわ~! マジで!! ちょっと前に「RSi」シリーズを紹介した際に、「フェーススロット搭載の影響かサイドスピンが抑えられているようで曲がりが少ない」と書きました。しかし、このエアロバーナーは、「フェーススロット」無しで直進性が高いんですよね。ってことは、前回書いた仮説が間違えていたってことですかね・・・(汗) 何はともあれ、とにかくこの直進性の高さは魅力ですわ~! 真性フッカーのボクにとっては、夢のような弾道ですからね。とはいえ、気になったのは打感。かなりの弾き系で、これは好き嫌いが分かれそうかな。詳細は後述しますが、その辺を差し引いてもこの弾道は魅力的以外の何物でもないでしょうね。GST-3Bの5球平均データはHS40.9m/s、初速57.3m/s、飛距離184y、ミート率1.39で、ベストは写真の通りでした。

打感はかなりの弾き系。しかも、球離れも速めなんですよね。ここ最近打ったアイアンの中では屈指の硬めな打感で、かなりカンカンした感じなのがちょっと気になるところでしね。出球重視で問題無いプレーヤーにとってはいいかもしれませんが、フィーリング重視で柔らかさを求める人にとっては、ちょっと抵抗があるかもしれません。その辺の兼ね合いというか、好き嫌いは出そうにも感じました。そういういいでは、ボクはダメ系なんですけどねぇ・・・w

弾道はこんな感じ。ボク的にはやや高めの中弾道ですが、ロフト角22度でこの弾道なら高弾道っていえるかなって。それにしてもこの直進性の高さは、フィーリングを超える魅力があるようにも感じたりして・・・

出球傾向は、真性フッカーのボクでも、動画のような弾道ですからね。これは、ストレートといっていいでしょう!!

振り感ですが、ボクは正直このシャフトにあまり良いイメージが無かったのですが、少なくともこのエアロバーナーアイアンとの相性がいいのか素直な挙動で、とにかく振り抜きがいいように感じました。

続いて#7でしが、スペックはロフト角29度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量408g、バランスD1.5。
TM AERO BURNER IRON 7I MAIN.JPG

フェース
TM AERO BURNER IRON 7I FACE.JPG

構えてみるとこんな感じ。
TM AERO BURNER IRON 7I TOP.JPG

弾道はこんな感じでした。

TM AERO BURNER IRON 7I DATE.JPGさすがに#5と比べるとつかまり感があるし、実際の弾道がみてもつかまっていますよね。でも、出球的には軽いドローで、ボク的にはストレートって胸を張っていっちゃうくらいですね。しっかり球が上がってくれる上に直進性も高いって、ある種夢のクラブか!? でも、やはり打感は#5と一緒なんですよね。このアイアンのポイントは、この打感の好き嫌いに分かれそうな気がします。GST-3Bの5球平均データはHS39.6m/s、初速53.7m/s、飛距離161y、ミート率1.35で、ベストは写真の通りでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメ。大きめのラージヘッドにワイドソール、そしてあの直進性の高さはアベレージゴルファーにとって魅力的なはずです。中・上級者にとってもあの直進性は魅力でしょうが、フィーリング重視のゴルファーにとってこの打感が受け入れられるかどうかがポイントになりそうな気配を感じました。アベレージゴルファーにはぜひオススメしたいモデルですが、ある程度自分の中にフィーリングも含め理想のクラブ像があるゴルファーにとって、このクラブがどう映るのかは興味津々。打ってみたら、ぜひ感想を書き込んでくださいな!

<テーラーメイド「エアロバーナー」アイアン>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:7▽打感の柔らかさ:6▽ミスの許容度:10
■ヘッド:#4~#5=450SS、#6~SW=17-4SS
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「KBS C-Taper90」(S=95g/1.9、R=94g/2.0/中調子)。カーボンシャフト「TM7-115」(S=59g/3.2、R=52g/3.5/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット8万4000円+税、単品(#4、AW、SW)各1本1万4000円+税。カーボンシャフト装着モデル6本セット9万6000円+税、単品(#4、AW、SW)各1本1万6000円+税。
■備考:左用あり

(試打 - テーラーメイド)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら