日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

テーラーメイド「エアロバーナー」ドライバー

15年03月09日 [00時00分]

どーもです。

TM AERO BURNER DR MAIN.JPG昨日、一昨日とレポしました季美の森ゴルフ倶楽部ラウンドレポですが、そちらで使用したテーラーメイドのニューモデル「AERO BURNER」(エアロバーナー)シリーズを改めて試打レポしたいと思います。ボクの記憶が確かなら、バーナーシリーズはRBZシリーズの登場でブランド事態が休止となったはずですが、しれっと復活!? まぁ、テーラーメイドらしいといえばらしいのですが・・・。とはいえ、ボクは自分で初めて購入したクラブがバーナーですからね。個人的には、バーナー復活大歓迎! そんなわけで、まずはドライバーからいってみましょう。

AERO(エアロ)ってネーミングされているくらいですから、これはもう今流行の空力モデルってことが想像できますよね。同社最大の売りである「スピードポケット」と空力効果を駆け合わせたらどんなクラブになったのか? まずは見た目から!

ホワイトヘッドですが、ソールには赤とシルバーで風を切るようなデザイン! これ、いいっすね~! 今回のスピードポケットですが、見た目でわかるほど左右幅が長く確保されており、かつかなり深めに設定されているように感じました。
TM AERO BURNER DR SOLE.JPG

フェースですが、ややディープ気味でしたね。トゥ側にボリュームがある形状なので、そう見えるのかもしれません。
TM AERO BURNER DR FACE.JPG

ボディもややディープ気味です。フェースのトップラインからクラウンにつながる流麗なラインとクラウンのこんもり感が、エアロを感じさせます。
TM AERO BURNER DR SIDE.JPG

後ろ姿です。
TM AERO BURNER DR BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。ちょっとオープンに構えてしまいました(汗) クラウンの中央部がこんもりしていますが、これが「レイズドセンターデザイン」。ダウンスイング時に乱気流の発生を減らすことでHSを上げる効果があるようです。この影響か、見た目はかなり立体的に感じました。
TM AERO BURNER DR TOP.JPG

TM AERO BURNER DR SHAFT.jpg今回試打したのは、三菱レイヨン社との共同開発によるエアロバーナー専用シャフト「TM1-215」Sシャフト装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角59度、長さ45.75インチ、総重量294g、バランスD3。ヘッド体積は460cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク4.3、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

TM AERO BURNER DR DATE.JPG実際にラウンドで使っていますが、改めて持ってみた感覚としては、まさに今流行の軽量モデルですね。最近の傾向として、総重量軽め、シャフト硬めの軽硬(「かるかた」としましょう)モデルが増えつつあるように感じますが、ボクの感覚としてこのエアロバーナーは「硬いまでは言い切れないかな・・・」という感じですが、傾向としては軽硬に入るモデルでしょうね。ワッグルしてみると、やや先がしなりそうな気配でした。実際に打ってみると、想像通りのいわゆる棒球! スピン量も少なめですが、R15に比較するとスピンが入っているかな・・・とも感じました。これはもしかしたらシャフトとのマッチングかもしれません。とはいえ、一般的にみればいわゆるロースピンの強弾道ですね。フッカーのボクが打っても曲がりが少なく、実に直進性が高いのはうれしいですね。

肝心な空力効果ですが、ぶっちゃけわかりません!! GST-3Bの5球平均はHS48.1m/s、初速66.4m/s、飛距離240y、ミート率1.37でベストは写真の通り。いつもよりのHSが上がっているのは間違いありません。でもこれは、空力効果もあるでしょうが、主たる理由は重量だと思っています。軽いクラブなら振れますからね。空力効果を否定するわけではありませんが、相乗効果はあるんじゃないかなぁ~というのが本音ですね。振れちゃっている分ミート率がいつもより悪いのですが、このクラウンじゃなかったらもっと悪いかもしれませんしね。これは、検証できないのであくまでも想像ですけどね。

打感は弾き系で、やや硬め。若干球離れが速いイメージでした。音もややカンカンした高音系だったので、その辺の影響もありそうです。

弾道はこんな感じ。しっかり高弾道ですね。でも、メチャ前にいく感じの強弾道はグッド! R15よりはスピンが入っているように感じますが、世間一般的にはロースピンの棒球系だと思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。曲がりが少なく、直進性が高いのはいいですね!! ただ軽い分手元で操作できちゃうので、ボクレベルだと打ち出し方向でバラツキが出ちゃう感じはありました。まぁ、これはクラブのせいではないですからね(汗)

シャフトですが、ボクの感覚では先調子系の動きに感じました。ダウンで先がしなってヘッドが走るような感覚でした。さすがに振っていくと先が動くイメージが大きかったですが、HS43m/s辺りの人が振ってHS45m/sくらいになってちょうど良さそうなイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りがドンピシャだと思います。前述通りそれくらいのHSの人が普通に振ってHS45m/s位にあがって、バチコーンと飛ばせそうな感じです。直進性が高いモデルなので、余程変なスイングしない限りはクラブがガッツリ仕事をしてくれそうにも感じます。これだけ頑固なフッカーのボクが打って、あの弾道ですからね!! これはとにかく真っ直ぐ飛ばした人向けですな!

<テーラーメイド「エアロバーナー」ドライバー>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「TM1-215」(S=50g/4.3、SR=48g/4.6、R=46g/4.7/中調子)。
■価格:1本5万8000円+税
■備考:ロフト10度にRシャフトの設定無し。ロフト10度、11度モデルに左用あり

(試打 - テーラーメイド)

コメント(2)

KAZさん、いつも楽しく拝見しております。
RBZ2ユーザーとしてエアロバーナー気になってました。
さてまたか!と言われそうですが、
海外ではエアロバーナーのミニドライバーが
出てるみたいですね!
白ヘッドのミニドラ待ってました。
是非試打するの楽しみにしております。

terryさん
どーもです。
そうなんですか? 知りませんでした。海外モデルだと試打クラブが無いかもしれないですが、あちこち手を尽くしてみましょう!

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら