日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

タイトリスト「915D3」ドライバー

15年01月06日 [00時00分]

どーもです。

TITLEIST 915D3 MAIN.JPG今日紹介するのは、昨日に引き続きタイトリストのニューモデルで、「915D3」ドライバーです。昨日紹介した「915D2」はヘッド体積460cm3のシャローモデルですが、「915D3」はヘッド体積440cm3のディープモデルになっています。もちろん、この「915D3」のほうがしっかり叩けるヒッター向けと想像できますが、問題はボクらアマチュアレベルで使えるかどうかってことですよね。その辺を含めレポしたいと思います。

まずは見た目からいってみましょう。

当たり前ですが、ソールデザインは同じですね。「アクティブ リコイル チャンネル」も当然採用されています。若干トゥ・ヒール側がコンパクトに見えます。
TITLEIST 915D3 SOLE.JPG

フェースはディープフェース。これはもう一見して「こっちが915D3」ってわかるほどでした。
TITLEIST 915D3 FACE.JPG

ボディもディープ。対915D2で3割り増しってな感じかな!?
TITLEIST 915D3 SIDE.JPG

後ろ姿です。
TITLEIST 915D3 BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。「913D2」は丸形クラウンでしたが、「913D3」は洋ナシ型ですね! ネック側のしぼりとトゥ側の丸みが全く別モノになっています。
TITLEIST 915D3 TOP.JPG

TITLEIST 915D3 SHAFT.jpg今回試打したのは、オリジナルシャフト「タイトリスト スピーダー515」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58.5度、長さ45.25インチ、総重量307g、バランスD3.5。ヘッド体積440cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク3.9、中調子。試打ポジションはデフォルトの「A1」。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

TITLEIST 915D3 DATE.JPGスペック的にはヘッド体積以外は「915D2」と一緒ですが、重心位置の違いでどれだけフィーリングそして出球が変わってくるのか? 持ってみた感覚は「915D2」と変わりませんが、見た目からの先入観かワッグルしてみるとヘッドが返りやすいようにも感じましたね。実際に打ってみると、明らかに弾道が別モノ。これはある程度パワーが必要というか、ある程度叩けるヒッタータイプ向けでしょうね。スピン量少なめの中弾道ですが、「915D3」のほうが元々のスピン量が少なめなのか当たり所が悪いとドロップするような感じもありました。ぶっちゃけ、この重量スペックでドロップするような感じがあるのは、ややシビアかもしれません。「915D2」はある種オートマチック感がありましたが、この「915D3」がどちらかといえばマニュアル系ですかね。ちなみに、打感と音は「915D2」と一緒です。GST-3Bの5球平均データはHS45.9m/s、初速65.2m/s、飛距離236y、ミート率1.42で、ベストは写真の通りでした。この「913D3」のほうがやはり打点にシビアかな。

打感は弾き系。タイトリスト史上最も弾き系なんじゃないかな? って、この10年ほどしか知らないけど(汗)

弾道はこんな感じ。「913D2」に比較して、明らかに弾道が低い中弾道ですね。スピン量少なめで、ボクのレベルでは打点が安定しないので若干ドロップしているようにも見えました。この辺には、「さすが、タイトリストだなぁ~!」とか思ったりしてw

弾道は、ボクのスイングでドロー系。「A1」設定はこの「915D3」もオープンフェースですが、「915D2」よりも操作性が高いのか、「915D3」のほうがフェースの開閉がしやすいように感じました。

シャフトですが、これはやはりSにしてはやや柔らかめですね。重心位置が変わればフィーリングも変わるかなとも思いましたが、振り感はほぼ一緒でした。

今回ボクは試打した限りでは、このスペックでHS43m/sあたりにオススメ。この「915D3」は、ザ・タイトリストってな感じ。何度も書いていますが、ボクの中ではタイトリストは「いつかはタイトリスト」なんですよね。そういう意味で、コレはあくまでもボクの個人的な価値観では、「915D3」がタイトリストであって、ぶっちゃけ「915D2」はタイトリストらしくない1本なんですよね。でも、ボクが使えるのは間違いなく「915D2」であって、やはり「915D3」がシビアかなって。「913D3」はヒッタータイプ向けでしょう。球のつかまり、上がりは、カチャカチャで調整できると思いますが、問題は打点でしょうね。「913D2」よりも明らかに打点にシビアなので、打点のブレが少ない上級者向けだと思います。

<タイトリスト「915D3」ドライバー>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:10▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):タイトリスト スピーダー515(S=54g/3.9/中調子)。ツアーAD MJ6(S=62g/3.4/中調子)、同MJ-7(S=72g/3.2/中調子)。ディアマナ R60(S=64g/3.5/中調子)、同R70(S=72g/3.1/中調子)。アッタス6☆6 (S=64g/3.4/中調子)、同7(S=72g/2.9/中調子)。スピーダー661エボリューション(S=66g/3.8/先中調子)、同715(S=76g/3.7/先中調子)。
■価格:タイトリスト スピーダー装着モデル1本6万円+税、ツアーAD MJ、ディアマナR、アッタス6☆、スピーダーエボリューション装着モデル1本7万9000円+税。

(試打 - タイトリスト)

コメント(4)

kAZさん、
明けましておめでとうございます。
今年も沢山のレポート楽しみにしていますので
宜しくお願い致します。

タイトリスト915D2,D3と私も昨年末に両方試打してきました。
ちなみに現在はタイトリスト913D2も所有しています。
私の感想では、やはり弾きは良く感じ飛距離も出ていそうですが
総合的に913からの買い替え意欲がそそられるほどの魅力が感じられず、結果グローレFを購入しました。
今はスピーダーエボリューションの661と569のシャフトで練習を繰り返し行っています。
この流れでいくと明日はUTですかね。
私ももKAZさんと同じでUTはロマロRAYを使用しています。

今年も楽しみに仕事の合間に拝見させてもらいます。
横須賀のKAZU

横須賀のKAZUさん
どーもです。
今年もガッツリ試打レポしていきますので、よろしくお願いします!!

KAZさんはじめまして。
915D3を購入しようかかなり悩んでいます。フィッティングしてもらったのですが、クロカゲ60gのシャフトが一番ボクに合っている様なのですが、18Hで最後に振りきれるかが心配です…
まだまだ初めて半年あまりですが、平均HS49ぐらいです。
購入する踏ん切りのつく良いアドバイスよろしくお願いします。

HIROさん
どーもです。
返信遅れてすみません!
HS49m/sが本当であれば、問題無いと思いますよ!!

もし何度か使ってみて「こりゃ、ダメだ!」と感じるようであれば、その時はシャフトを変えちゃいましょう。

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら