日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

小暮博則「ゴルフのヒント」

14年12月13日 [00時00分]

どーもです。

今日は小暮博則プロのマンスリー企画「ゴルフのヒント」です。今回は、話題のトレーニングマシン「ゼロイニシャライズ」についての紹介です。ドラコンL1会場での設置で話題になったマシンですが、このマシンがなぜドラコン選手たちから注目を集め、実際に飛距離アップにつながってるのか? その秘密について、小暮プロが関係者を直撃インタビュー!!

今回、ゴルフトレーニングに最適なストレッチマシーンについて、(株)ゼロイニシャライズの岡宏氏ほかに話を聞いてきました。400yを超えるL1ドラコン選手から学ぶ、使える筋肉の付け方、考え方です。筋肉は鍛えるではなく、ほぐし、使えるようにする。つまり、伝達スピードを上げ、反応反射を素早くすることが大切。肩こり、腰痛の方のトレーニング、心臓への圧迫を避けるトレーニングには、今回紹介するZEROマシーンが最適だといえます。今回の内容、どうぞお楽しみください。
201411kogure5.jpg


小暮 初めにマシーンのコンセプトをお願いします
 ゼロストレッチ、肩こり腰痛をマイナスと表すと初期化すること。自分で、セルフストレッチできることも考えました。
小暮 そこから、ゴルフ等の運動を始める
 そうです
小暮 マシーン特性は?
 ストレングス(強化)トレーニングは、従来は重りを使用していました。しかし、年配者は重過ぎてあげられない。バネなら軽くできる利点があり、バネを使用しています。
小暮 簡単に使用できる軽量化も進めている?
 そうです。家庭におけるほどスマートかつコンパクトサイズです。キッチンにも置けます!
小暮 このマシーンの目的は、終動負荷、それとも初動負荷なんですか?
 これは、初動負荷のその前の段階のマシーンです。
小暮 利点は?
 初動負荷をいきなりやると、腱を痛めたりしてしまう恐れがあります。
小暮 ケガを少なくできるメリットがあるのですか?
 はい。バネを使用し、筋肉に近い状態を出しています。
小暮 聞くところによると、柔軟性が増すのでゴルフには最適だと思いますが、対象者は?
 中学生からお年寄りを始め、トップアスリートや格闘家も使用しています。
小暮 距離が伸びたゴルファーはおられますか?
 50人の平均が20~30y伸びています。最高で50y伸びたゴルファーもいます。
小暮 すごい! 昨年からL1の大会へも?
 はい。選手は大会前にマシーンを使用し、肩や股関節周辺の可動域を確保して、距離を伸ばしています。
小暮 ここは、後程じっくりとお聞きしましょう!


201411kogure9.jpg小暮 全ての人のトレーニングはビルドアップが大切だと思いますか?
 いいえ、思いません。例えば、肩こり、腰痛の状態でビルドアップは不適切だと思います。
小暮 しかも、そのような動かない状態からのスイング作りは難しい?
 そうですね。ですから、マイナスの状態をゼロに戻す事が必要です。
小暮 なるほど、そこが名前の由来なのですね
小暮 硬い人は痛みがあり、トレーニングをやりたがらないことはありますか?
 はい。本当はそのような人ほど、マシーンで動かし、血の流を良くすることがお勧めです。
小暮 頻度はどのくらいが目安ですか?
 毎日簡単な運動が大切です。そのためにはコンパクト、小型化のマシーンが必要です。私たちが大切にしているコンセプトは3E。「Every day、 Easy、Exercise」です。
小暮 目安はございますか?
 具体的には、オフィスでは1時間の仕事された後、2~3分のトレーニングです。
小暮 なるほど。ずーと同じ姿勢では、血流も悪くなる
 そうです。1回運動してほぐすことは血流を良くするばかりか、肩こり腰痛の予防にもつながります。
小暮 良いアイデアもうかびそうですね!
 そうですね。
小暮 導入はスポーツクラブ以外にも?
 有名スポーツクラブ以外にも、医療関係、企業の中、個人宅にも入っています
小暮 このマシーンはどんな筋肉がつきますか?
 このマシーンはインナーマッスルを鍛えます
小暮 トレーニングの目的は筋肉を競うはけはない
 そうです
小暮 従来「ボールを飛ばしたい=ハードトレーニング」の図式でしたが?
 ゴルフの飛距離は、仮に筋肉を競うならボディービルダーが一番飛ぶでしょう。また、女子プロのほうが、成人男性よりも飛距離がでるとしたら、インナーマッスルの使い方が上手だと言えます
201411kogure4.jpg


~ここで、トレーナーの全氏、森川氏、小池氏、渡邊氏にも話をうかがう~

小暮 インナーマッスルとは?
 インナーマッスルは深層筋肉、特定部位はない。全ての方が持っています。ポイントは、インナーマッスルは鍛えるではなく、使えるようにすることが大切です。
小暮 本来ある力を使える状態にすることですか?
 そうです。例えば体重50キロの女性が、危機的状況の際に、普段以上の力を発揮したとします。これらは、偶然に筋力が付いた事ではなく、本来ある力が使える状態になったといえます。
小暮 面白い! すでに備わっているのですね
 そうです。重力に逆らって生活している誰もが、重力に負けないだけの力を持っています。
小暮 女子プロのほうが、ボディービルダーよりも飛ぶとしたら、この理由も?
 はい。筋肉を競うのでしたら、ボディービルダーが勝ります。けれども、インナーマッスル(ゴルフ筋)の使用ができるから、より遠くに飛ばす事が出来るといえます。
小暮 だからこそ、このマシーンでのトレーニングが飛距離に直結するのですね
 はい。このマシーンはインナーマッスルを使える状態にしてくれます。また、言い換えれば、反応する状態に。インナーマッスルを鍛えるのではなく、反応させる状態にしてあげる事が重要です。
小暮 使えるから反応速度へ?
 そうです。第一前提として、反応速度を上げるには、筋肉は柔らかく。何故なら、筋肉の中に血液が流れ、神経伝達物質が通るので。筋肉が硬いと脊柱や神経を圧迫するので、伝達がスムーズにいかない。柔らかいことは、伝達スピードが上がるといえます。
小暮 つまり、鍛えるのではなく、使えるようにする。使えるようにするには、柔らかくする、これにより血流が良くなり、伝達スピードが上がり、反応速度があがる。
 そうですね
小暮 ほかには?
 可動域です。解剖学的に背骨は4度しか動きません。筋肉が軟らかくなると、血流循環が良くなり、関節が動き出します。骨格が動きやすくなる。屈曲、伸展、回旋が進みます。プラス捻転です。
小暮 細身な女性はどのように映りますか。筋力をつけるべきか?
 女性は骨格を使いにくいと思います。なので、柔らかくする必要があると思います。
 女性は柔らかそうに見えますが、芯はかなり硬いといえます。なぜかというと筋力が少なく、骨格も細い。1番は、地球の重力に拮抗するために、固まりやすいといえます。同じ重力なので。


201411kogure6.jpg小暮 話は変わりますが、このマシーンにより運動神経が良くなるとかありますか?
小池 運動神経が良い人は、小刻みに動かせるといえます。このマシーンでのトレーニングを行った後のゴルファーは、その後のゴルフ技能習得が早いですね。
小暮 小刻みが重要? そこを詳しくお聞きしたいです
 微細振動です。マシーンでは伸展確保を行い、そこからの小刻みの動き、揺らす感覚ですね。筋肉の収縮傾向にあるものを伸ばすことが大切です。


小暮 難しくなってきたので、話をゴルフに戻します。ドラコンの話もお願いしたいです。
森川 飛ばすために必要なのは、『可動域』です。参加者は皆、力自慢。余分な筋肉もあって、パワーをつければいいと思いがちです。日本では飛ばしのトレーニングが確立されていなません。1番重要なのは、可動域だと思います。実は、L1の昨年大会にZEROのマシーンがティーグランドの後ろに設置されました。20代の選手は誰1人もマシーンに触れずに、大会に臨みました。彼らはバットを振ったりしながら、ドラコン大会に臨んだのです。しかし、決勝にだれも進みませんでした。一方、40代の選手でマシーントレーニングを行ってから試合へ臨んだ選手は、見事に決勝に進み、優勝されました。400yを超える飛距離でした。
小暮 すごい結果ですね!
森川 通常、トレーニングはビルドアップで、可動域を無くす方向へ向かいやすい。
小暮 なるほど。このマシーンはそれを防ぐことができる。解消されるわけですね。では、ケガについては?
森川 競技者は加齢しても無理する傾向にあります。自分自身の挙動範囲を超え、脳で制御がかかった限界を超えた場合にケガをします。
小暮 ケガについてのご意見は?
渡邉 ケガをしない身体はありません。でも、ケガをしにくくするためのマシーンといえます。
小暮 なるほど
渡邉 筋肉の柔軟性、可動域を上げることでケガをしにくくなります。
小暮 ゲラをするとどうなりますか? またゴルファーの中には、すでにケガをされている方もいます
渡邉 ケガをすると筋肉を使用しなくなり、筋細胞が固まってきます。すると可動域も狭くなり、筋肉の収縮性も低下していきます。
小暮 それを防ぐ効果がこのマシーンにはあるのですね。皆さん、他にマシーンの効用で何かございますか?
森川 L1グランプリでは、マシーン使用者からバックスイングがスムーズに上がるようになったとの声がありました。
小暮 肩甲骨?
森川 はい。ドラコンでは、どこか体の引っ掛かりやつまりがあってはならない。HS66m/sを出したチャンピオンもマシーントレーニングをされていました。
小暮 飛ばしの共通項はありますか?
森川 強いていえば、全てに力をいれては飛びません。つまり、アドレスからフィニッシュまで力一杯ではダメです。トップからダウンにかけて最大加速することが大切で、バックスイングでの引っ掛かりは要注意です。


201411kogure1.jpg小暮 トレーニングを継続させるコーチングについては?
渡邉 人間は変わるまでが大切です。
小暮 体が変わらないと継続できない?
森川 はい。ある一定の期間の中で結果を出す事が大切ですね。
小暮 その期間は?
渡邉 2週間です。
小暮 本人も変わるし、楽しいし、やる気になる
渡邉 そうですね。
 このマシーンは毎日やることができます。
 通常のトレーニングは、回復を待つために、毎日やってはダメなんです。バルサバル効果(心臓に負荷をかける)は、回復させるために3日必要なんです。
小暮 このマシーンは行いながら会話できますね
 心臓に負荷をかけないので毎日行っても大丈夫ですし、高齢者にも適しています。
小暮 腰痛や肩こりで具合が悪い方は筋力をつけるといわれていましたが?
 筋肉ではなく、緩める事が必要です。全ての人は重力に拮抗して、インナーマッスルを使用しています。毎日今も使っていて、この状態を緩めてあげる事が大切なのです。
小暮 つまり、ベンチプレスではない!
 そうですね。

すべてのスポーツは競技特性がある。上手くなりたい方はトレーニングを行う必要がある。ケガした人もさらにトレーニングしろといわれる。これはどの本にも書いてある。しかし、今回の対談から学べたことは、このマシーンをやって貰えば分かるように、緩めること、反射や反応が行きやすい状態のしてあげる事が大切で、競技に必要な筋肉はその運動により自然と備わるということでした。

肩こりや腰痛のある方にとっても、アスリートやプロにとっても、緩めて血流の循環を促し反応速度を上げることこそ、高いパフォーマンスを発揮できるといえます。

1日1回3~5分で出来るトレーニング、毎日出来るトレーニング、60歳以上の方も心臓に負担が少なく出来るトレーニングをぜひお試しください。ちなみに、赤坂スタジオにも3台設置してあります。

<インタビュー参加者>
森川孝昭:(株)メダリストジャパン、(株)L-1の代表取締役。2003年ドラコン日本選手権アマチュアチャンピオン。記録は382y。
渡邉清久:ベースボールトレーナー。関東一高3年生時に4番遊撃手として第58回選抜高等学校野球大会に出場。その後東洋大学に入学し、1年時に東都大学リーグ優勝。医療機関で初動負荷トレーニングによる投球動作や打撃動作・ランニングフォームなどの運動動作の改善方法と疾病予防の運動療法・リハビリテーションを学び、04年、Wコンディショニングルームを開設。現在はベースボールトレーナーとして、ジュニアの野球教室を開催。
全 明伸(チョン ミョンシン):JGTOプロゴルファー。現在はゼロストレッチマシーン専属トレーナー。格闘家山本KIDやオリンピック選手などトップ選手が彼のストレッチ、コンデイションを受けている。
小池春彦:(社)日本プロゴルフ協会認定プロ。「ハル・ゴルフクリニック銀座スタジオ」代表。同スタジオでは、初心者から上級者・プロゴルファーまで、ゴルフをする全てのプレーヤーに納得のできる内容を提供している。

<告知>
小暮プロのアプリ登場!! ぜひ、お試しください!

!cid_ii_1497e058d12c07e6.jpg

(ゴルフのヒント)

コメント(2)

KAZさん
どーもです~。私もこのトレーニングをハル・ゴルフクリニック銀座スタジオさんで体験させて頂いたことがあり、少ない時間でこんなに血行が良くなり体がポカポカ、この後スイングしすると、簡単にスイングしただけで飛距離アップ!びっくりしたことを覚えています。トレーニングも進化しているのですね~~。またいつの日か・・・KAZさんとの再戦に向け、栃木の山奥で修行あるのみです~。

アメクラ ますざわさん
どーもです。
ますざわさんと戦えるように、ボクも身体を作らないと・・・。といいつつ、怠け者クセが(汗) この冬の練習が春からの結果につながると思って、色々試してみます!!

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら