日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ブリヂストンスポーツ「J15DF」アイアン

14年11月26日 [00時00分]

どーもです。

BS J15DF MAIN.JPG今日紹介するのは、ブリヂストンスポーツ「J15」シリーズのアイアン「「J15DF」アイアンです。昨日紹介した「J15DPF」とは、おそらく兄弟モデルになると思いますが、その違いはボクにも感じられるのか!? まぁ、見た目では明らかに「J15DF」のほうがややハードな味付けにも感じますが、その辺も確認できればと思います。では、いってみましょう。

まずは見た目から。

見た目はキャビティモデルですね。トゥ・ヒールの後方にウエートが振られているため、この「J15DF」もある程度打ちやすさを意識したモデルなんじゃないかと思います。
BS J15DF BACK.JPG

フェースは、「J15DPF」よりはやや小振り。トップラインの簿妙な丸みが流麗ですね。
BS J15DF FACE.JPG

ソールはやや広め。でも、ラウンド形状になっているので、接地面積は少なく抜けが良さそう!
BS J15DF SOLE.JPG

ネックですが、「J15DPF」に比較すると「J15DF」のほうが若干ストレートっぽいかな。
BS J15DF SIDE.JPG

構えてみるとこんな感じ。個人的には好きな顔付きですな!
BS J15DF TOP.JPG

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量407g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

BS J15DF DATE.JPG見た目はこの「J15DF」のほうが若干小振りで、シャープに振れる感じ。重量的には、軽めですね。実際に打ってみると、この「J15DF」もメチャ球が上がりやすいですね。「J15DPF」同様オートマチックにガッツリ高弾道でした。第一印象的には「J15DPFとあまり変わらないんじゃないの!?」ってな感じでしたが、何球が打ち続けて思ったのは、この「J15DF」のほうが、気持ち操作性が高いことでした。というのは、「J15DPF」はオートマチックに球が上がる感じですが、ぶっちゃけ低く抑えようと思っても上がっちゃう感じでした。対する「J15DF」は気持ち抑えることもできましたね。それから、つかまりが違ったかな。つかまり自体はこの「J15DF」のほうがいい感じでした。GST-3Bの5球平均データはHS39.4m/s、初速53.4m/s、飛距離160y、ミート率1.35で、ベストは写真の通り。「J15DPF」よりロフトが1度寝ていることを考えれば、十分な飛距離だと思います!

打感は、やや弾き感がある感じでした。「J15DPF」はかなりマイルドな打感がいい感じでご機嫌な打感でしたが、この「J15DF」はやや弾き感が強めで、いかにも速そうにも感じました。

弾道はこんな感じ。ねっ!! 「J15DPF」になんら遜色のない高弾道でしょう!

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。「J15DPF」よりも気持ちドロー強めなイメージもありますが、これはよりフェースの開閉がしやすいからじゃないかな・・・とか思ったりして。

振り感ですが、これは「J15DPF」と一緒。NS特有インパクト時のグニャリ感もなく、」振り抜き感がいいでしたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。感覚的には、限りなくオートマチック系に近いセミオートマチック系ですかね。従来モデルではV-IqおよびGRあたりに対応しそうですかね。ボクが感じた「J15DPF」と「J15DF」と違いは、まず打感。「J15DF」のほうがやや弾き感が強いイメージ。あとは操作性ですが、とはいえ前述通り限りなくオートマチック系に近いですね。ヘッドが小振りな分、ヘッド操作がしやすいように感じました。弾道的にはほぼ変わりはありませんので、見た目のフィーリング、打感で選んでみてもいいかもしれませんね。

<ブリヂストンスポーツ「J15DF」アイアン>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=軟鉄、フェース=Ultimate Strog Metal
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=98g/2.0~1.6、R=94.5g/2.3~1.8/中調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.8~1.6/中元調子)。
■価格:6本(#5~PW)セット11万4000円+税、単品(#4)、特注品(#3)各1本1万9000円+税。

(試打 - ブリヂストン)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら