日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ツアーエッジ「XCG7 BETA」FW

14年06月03日 [00時00分]

どーもです。

TOUREDGE XCG7B FW MAIN.JPG今日紹介するのは、ツアーエッジ「XCG7 BETA」シリーズのFWです。巷ではぶっ飛び系FWが話題になっていますが、実はツアーエッジのFWってかなりぶっ飛び系なんですよね!! 先代のXCG6 FWも飛んでいたしね~!! そんなわけで、今回のXCG7 BETAも飛びそうなオーラをガンガンに感じますが、その辺を確認したいと思います!

まずは見た目から。

ソールデザインは、ドライバーと一緒ですね。ウエートパッドもそのままで、ドライバーのヘッド体積がそのまま小さくなった感じでした。
TOUREDGE XCG7B FW SOLE.JPG

フェースはセミディープですね。これは、しっかり叩いていかなと・・・ってな雰囲気を感じませんか?
TOUREDGE XCG7B FW FACE.JPG

でも、思ったよりもストレッチバックなヘッドになっていました。これ、結構意外でした。
TOUREDGE XCG7B FW SIDE.JPG

後ろ姿です。
TOUREDGE XCG7B FW BACK.JPG

構えてみるとこんな感じでした。意外とクラウンの投影面積が大きめなので、この辺は安心感もある見た目に仕上がっているように感じました。
TOUREDGE XCG7B FW TOP.JPG

TOUREDGE XCG7B FW SHAFT.JPG今回試打したのは、マトリックス・オージック社製カーボンシャフト「Matrix EXOTICS Black Tie 7M3.1」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ42.75インチ、総重量332g、バランスD2。ヘッド体積は185cm3。シャフトスペックは、重量72g、トルク3.5、中先調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

TOUREDGE XCG7B FW DATE.JPGこれはですね~、持ってみると、シャフトがかなりハードは印象です。かなり手元がしっかりした感じで、これはガッツリ振っていかないとヤバそうってな雰囲気がプンプン!! 実際に打ってみると、中弾道でいわゆる弾丸ライナー系の弾道。これはドライバーでも書きましたが、やはりかなりスピン量を減らしているイメージなので、パワーが無かったり、芯を外したりすると、ドロップしちゃいそうな印象は否めません。実際、ボクのパワーでは若干お辞儀しているようにも見えました。GST-3Bの5球平均データは、HS44.5m/s、初速64.7m/s、飛距離227y、ミート率1.45で、ベストは写真の通りでした。

打感は、ドライバー同様弾き系ですね。このFWもフェースがやや薄めなんじゃないかなって感じるような手応えでした。音は若干高めでサスティンが短めの、軽快なイメージですね。

弾道はこんな感じ。これ、結構一生懸命振った感じでしたが、ボクのスイングだとやっと中弾道ってな感じ。まぁ、スピンは少ないっすね。今時のぶっ飛び系の弾道をイメージしてもらえば、弾道イメージに間違いはないと思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングでもほぼストレート。ロースピンの影響か曲がりは少なめですが、結構しっかり振っているので、ボクの場合は実際にコースでこれだけ振れるかがポイントになりそう。

シャフトですが、これはハード。少なくともボクにはハードっすね。手元の硬さがかなり印象強く、実際に振っていてあまりシャフトのしなりを感じないってのが本音。こいつをしならせるには、やはりそれなりのパワーが必要でしょうね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS46~48m/sは欲しいでしょうね。かなりハードな味付けのシャフトなので、キッチリ打っていけるヒッタータイプ向けでしょうね。払い打ち系ボディターンタイプだと球が上がらなさそうな印象に加え、弱っちいヘロヘド球が出ちゃいそうな印象も否めませんね。こいつは、結構ハードっす!

<ツアーエッジ「XCG7 BETA」FW>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:7▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=450ステンレススチール、フェース=15.3-3-3ベータチタン
■ロフトバリエーション:3W=13度、15度、4W=16.5度、5W=18度 
■シャフト(重量/トルク/調子):マトリックス・オージック「Matrix EXOTICS Black Tie 7M3.1」(S=72g/3.5/中先調子)
■価格:1本4万3000円+税

(試打 - ツアーエッジ)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら