日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

キャロウェイ「X2 HOT PRO DEEP」FW

14年05月28日 [00時00分]

どーもです。

CALLAWAY X2HOT PRO FWDEEP MAIN.JPG今日紹介するのは、キャロウェイ「X2 HOT PRO」シリーズのFWですが、「X2 HOT PRO DEEP」FWです。昨日紹介した「X2 HOT PRO」FWでもボクにとっては十分厳しいモデルでしたが、今日紹介するのはさらにディープモデルって・・・。打つ前から尻込みしそうですが、それでも打ってみなきゃわかりません!! 果たしてボクでも打てるのか!? レポいってみましょう。

まずは見た目から。

「X2 HOT」シリーズはヘッド体積を発表していませんが、ソール側からみると、意外にも「X2 HOT PRO DEEP」のほうがわずかにヘッドが後方に長めにも見えました。
CALLAWAY X2HOT PRO FWDEEP SOLE.JPG

フェースはDEEPと銘打っているだけあって、さすがにディープ。X2 HOT PROに比較しても、見た目で分かるほどディープでした。なお、中央部のフェース高を実測してみると、X2 HOT PROが37mm、X2 HOT PRO DEEPは40mmと3mmの差がありました。
CALLAWAY X2HOT PRO FWDEEP FACE.JPG

もちろん、その分ボディもディープですわな!
CALLAWAY X2HOT PRO FWDEEP SIDE.JPG

後ろ姿です。
CALLAWAY X2HOT PRO FWDEEP BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。ソール側からみたらX2 HOT PRO DEEPが気持ち大きめに見えたのですが、これは錯覚ですな。構えてみると、やっぱりX2 HOT PRO DEEPのほうがコンパクトでしたわ!!
CALLAWAY X2HOT PRO FWDEEP TOP.JPG

CALLAWAY X2HOT PRO FWDEEP SHAFT.JPG今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「X2 HOT」Sフレックス装着の3DEEP。スペックは、ロフト角14.5度、ライ角55.5度、長さ43.25インチ、総重量317g、バランスD1。ヘッド体積は未発表。シャフトスペックは、重量53g、トルク5.7、先調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

CALLAWAY X2HOT PRO FWDEEP DATE.JPGまず持ってみると、グリップがやや太め。シャフトはX2 HOT PROと同モデルのようですが、そうなるとグリップの厚さもしくは下巻きテープの問題でしょうね。どちらかはわかりませんが、X2 HOT PRO DEEPのほうが若干太めでした。実際に打ってみると、X2 HOT PROよりも低弾道!!!! 弾道的にはメッチャ強弾道で、えげつないほどの弾丸ライナーですが、少なくともボクには球が上がらんですばい!!!! GST-3Bの5球平均データはHS42.9m/s、初速64.0m/s、飛距離225y、ミート率1.49で、ベストは写真の通りでした。飛距離的にはそれほど大きな差はありませんが、これだけ上がらんとちょっとキツイっすね。ボクが使うとしたら、ティアップ専用かな。狭いコースで曲げたくないレイアウトのコースで、ドライバーの代わりに使いたいですね。

打感は、X2 HOT PRO同様の柔らかさですね。PROシリーズは、インパクトがかなり分厚いと思います。

弾道はこんな感じ。低弾道でしょう・・・。直打ちだと、何球打ってもこんな感じ。ボクの場合、インサイドアウトでややロフトが立ってインパクトするタイプだと思うので、その辺も影響しているでしょうね。弾丸ライナー系のロースピン強弾道は魅力的ですけど・・・

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレート~軽いドローでした。

シャフトの挙動は、X2 HOT PRO同様ですね。ヘッドは違いますが、中間から先端部にかけてしなる感じのフィーリングは一緒でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで最低でもHS46~48m/sは欲しいイメージ。こいつを直打ちでしっかり球を上げるには、リアルハードヒッターじゃないと無理なんじゃないかな。これは、見栄を張ると確実にケガをするモデル!! ボクレベルでは、ティアップしないと無理ですね。そういう意味では、アマチュアゴルファーにとっては、かなり限られているようなモデルなんじゃないかと思います。購入の際には、1度自分と向き合うことをオススメしますw

<キャロウェイ「X2 HOT PRO DEEP」FW>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:5▽操作性:9▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=SUS630ステンレス、フェース=カーペンター455スチール
■シャフト(重量/トルク/調子):X2 HOT(S=53g/5.7/先調子)。ツアーAD MT-6(S=60g/3.3/中調子)。ツアーAD MT-7(S=69g/3.2/中調子)。
■ロフトバリエーション:2DEEP=12.5度、3DEEP=14.5度、5DEEP=16.5度
■価格:X2 HOT装着モデル1本3万3000円+税。ツアーAD MT-6、同MT-7装着モデル各1本5万3000円+税。
■備考:左用モデル無し

(試打 - キャロウェイゴルフ)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら