日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

小暮博則プロとの出会い

14年03月16日 [00時00分]

どーもです。

KOGURE PRO.JPGゴルフ体験主義を初めて、かれこれ7年が経過しました。我ながら「よく続いているな・・・」と思います。その間、「自己流でも多少なりとも上手くなっているのでは・・・」と思ってきたのですが、ここ2~3年は完全に停滞状態。最近は、加齢などもありむしろ下降線気味を自覚しています。「自己流でシングルプレーヤーになれるのか?」という無謀なチャレンジも続けていますが、結果は皆さんの知るとおり。そんなボクを見かねたゴルフ仲間の大先輩が、小暮博則プロを紹介してくれたのでした。

小暮プロはPGAティーチングプロでありJGTOツアープロですが、スタック&ティルトⓇ公認ネットワークインストラクターでもあります。 YouTube上でも動画レッスンを展開していますが、現在東京・赤坂で「PFGA赤坂ゴルフスタジオ」を主宰しています。

そんな小暮プロのレッスンを体験させていただいたのですが・・・

いや~驚いた!!

何に驚いたか? 今までNGだと思っていたことがNGでは無かったってこともありますが、それ以上に自分のスイングの不細工さです!! 昨年後半あたりからプッシュスライスが出ていましたが、それも納得。五十肩の影響もあるかもしれませんが、もう完全にポンコツ状態。そういえば、昨日紹介したリョーマゴルフ試打会では、ゴルフダイジェストで「ゴルフギア探検隊」を担当するキャプテンこと児山和弘氏に「どうしたの? フッカーがスライサーになっているじゃない」って突っ込まれました。そう、それだけスイングが変わってきていたようですが、ぜ~んぜん自覚していないから重傷です。

まず、衝撃の1枚がこちら!!
201303SWING FRONT.jpg

左の写真がワンポイントレッスン前ですが、なにこの肘の曲がり方!!!!! メチャかっこ悪いし、おじいちゃん状態(おじいちゃんに失礼か?)じゃん!! こんな状態になっているのに、全く気付いていないからコワイですわ・・・。で、ワンポイントレッスンを受けたあとが右の写真でした。

続いてもう1枚。
201403SWING BACK1.jpg

ゴルフ体験主義を古くから見てくれている人はご存じの通りでしょうが、ボクは超アップライトで頑固なシャフトクロスの持ち主です。ぶっちゃけ、これ諦めちゃっていたのですが、ワンポイントレッスンを受けて振ってみると、驚愕の、そして今まであこがれていたトップに!!

ちなみに、アドバイスポイントは「トップで左腕を伸ばす。左肩を下げる。左足に体重をかけたまま右足を伸ばす」の3点でした。ボクの場合、「クラブを飛球線に対して、ストレートに上げていましたが、これではダウンスイングでクラブが上から降りてしまい、フェースが閉じれば左へ飛び、フェースが開けば右に飛んでしまう不安定な状況」だったようです。

最後にこちら。
201403SWING BACK2.jpg

左のワンポイントレッスン前は、シャフトクロスからシャフトが立って入ってくるため、引っ掛け、スライス、天ぷらと、あらゆるミスが出やすいようです。でも、ワンポイントレッスンを受けたあとは、右肩よりも内側からシャフトが下りてきていました。

ボクは元来インサイドアウトのフッカーだったけど、知らぬ間に・・・というか、多分腐れフックを嫌った結果でしょうが、アウトサイドインになっていたようです。これが、プッシュアウトスライスの原因でもあったのかもしれません。

この体験レッスンを受けた日の夜、早速レンジに飛んでいって自撮りしたのですが・・・

1人だとできない・・・(涙)

素振りではそこそこできそうな雰囲気はあるのですが、実際に球を打つと全くテークバックで上げている場所が違うのです。脳の指令を身体がシカトするというポンコツぶりに、我ながら困り果てたモンです。ただひとつ確実にいえることは、ボクのスイングは身体にラクなほうへと向かっていたということでしょうね。

いよいよ自己流に決別か!?

(スイング)

コメント(22)

こんにちは。かわせみ!です。
左肘の曲がりはほんとですか?
自身が気づかない、気づけない事のほうがある意味、衝撃的ですね。
私も後方からの画像や動画のチェックはした事があるのですが、気づいてないかも知れませんね。。。
今度、正面からもチェックしてみたいと思います。

かわせみ!さん
どーもです。
恥ずかしい話ですが、ホントです。ネタでなく、マジメにこんな状態になっていることに気がついていませんでした。

スイングがアウトサイドインになっていたのも自覚していませんでしたから・・・

KAZさん こんにちは
クラブを上げようとする意識が強かったり、タイミングとるのにトップで肘がまがる人結構いますよね。
自分も気になったので動画撮ってみようと思います。
見ると悩み増えちゃうんですけどね。。。

後、お名前小暮博則さんみたいですよ。

cbさん
どーもです。
元々左肘が曲がる傾向があったのは自覚していましたが、ここまで曲がっているとは・・・。身体が硬いってのもありそうです。

プロのお名前のご指摘ありがとうございます。実は1度直していますが、その前の原稿をアップしてしまったようです(汗)

助かりました!! ありがとうございます。

すごいじゃないですか!この2枚セットの画像。ビフォー、アフターがはっきりわかりますねー。いい悪いが一目瞭然ですね。人に見てもらうって大切ですよ。参考になりました。練習いこーっと。

こんにちは、KAZUさん。

二つ質問しても宜しいでしょうか?

一点目
「トップで左腕を伸ばす。左肩を下げる。左足に体重をかけたまま右足を伸ばす」
とありますが、よく言われる2軸打法では、トップでは右足体重だと信じて疑っていませんでしたが、トップでは左足体重なのでしょうか?タイガーウッズも膝の故障を克服するために左足体重KEEPの打法に変えた。という記事を読みましたが??

二点目
「クラブを飛球線に対して、ストレートに上げていましたが・・・・」とありますが、レッスンではどうだったのでしょうか?クラブヘッドは飛球線より外側?内側?

当方、40後半からゴルフをはじめて、はや7年。自己流でなんとかシングルを目指していますが、ハンデ12の壁を破れず、やはりレッスンかなぁ~!と考え出している今日この頃です。

kotebooさん
どーもです。
第三者の目は重要ですね。今回、痛感しました。それにしても、自分でも定期的にスイングはチェックする必要がありますね。

toshiさん
どーもです。
1つめの質問の答えですが、小暮プロの理論は「スタック&ティルト」です。つまり、左足1軸です。ボクはスイング理論は詳しくないですが、ボクの記憶が正しければタイガーもスタック&ティルトです。

2つめは、インサイドですね。それから、大きな勘違いが「飛球線に対してストレート・・・」のつもりが、どうやらアウトサイドになっていたようです。

ボクの場合、本気ですスイングを直すなら、ラウンドも試打も休止して、スイング作りをしないとダメなような気がしています。出球を見てフックすると、どうしてもスイングを元に戻してしまいそうで・・・

どうもです。


スイングチェックって本当に大事だと思います。
私なんかも、自分のスイングを見てガッカリすること多々…
「えっ!?こんな無様な…」って感じです(涙)


スクール受講時代は、定期的なビデオレッスンがあったのですが、今はスマホを使うくらいしか方法がなくてですね。
となると、やっぱり定期的なチェックでしょうか。

KAZさん、初めまして。
五十肩に加えて太り過ぎによる慢性腰痛持ちのヘタッピーです。
トップのグリップ位置を体が忘れないのか私もいつの間にか、
肘曲がりのクロスシャフトになり、要治療患者なのですが、
この年になっての変更に躊躇しています。

そこで質問ですが、レッスン時のアップされている写真の
フォームでの当たりというか球のつかまりはどうでしたか? 

たまに人からアドバイスを受けて直そうとするのですが
すぐ元に戻ってしまいます。      

お、スタック&チルトですね。
テークバックは腕よりも、右肘と右肩甲骨を巻き上げる感じにするといいと思いますよ。

KAZさん、動画だとトップで右肘が8時を指していますが6時を指すような感じで矯正してみてください。
肘が地面を垂直に指す感じです。
もっとかっこいいトップになりますよ!
応援してます!

テイクバックがインに引きすぎですね

こんにちは。毎日、記事の更新を楽しみにしています。もう10年は頑張ってくださいね。楽しみ、減っちゃいますので。

kazさん、明らかに背筋が衰えてますよね(笑)。

失礼しました。ごめんなさい。

ただ、スタック&チルトの宿命だと思うのですが、

①飛距離が落ちる
②球が上がりにくい

という傾向があるようです。KAZさんの場合どうですか?
今後の試打への影響が出なければいいのですが。

ヨシボーさん
どーもです。
出球に「あれっ!?」って違和感がでたら、スイングチェックはしてみるべきでしたね。昨年末プッシュスライスが出始めたころに、セルフチェックでもしておくべきだったかな・・・と反省しています。

五十八肩さん
どーもです。
球自体はしっかりつかまっていた感覚でした。

これはボクの勝手な思いですが、本気でスイング改造するならラウンドはしないほうがいいかな・・・って。現行スイングを変える時点で必ず違和感はあるはずですが、この違和感を克服する前にラウンドしてスコアが出なかったりすると、五十八肩さんも言うとおり、自分で元に戻してしますと思います。

ブログネタ用に試打して変な弾道がでると、ドンドン元に戻っちゃって・・・(汗)

オースチンさん
どーもです。
>右肘と右肩甲骨を巻き上げる感じ
が、どんな感じがわからなかったりして・・・(汗)

レイドオフマンさん
どーもです。
それ、メチャ意識しているのでが、身体が硬いせいか、どうしても右肘が浮いてしまいます。

でも、頑張ってみます!!

匿名さん
どーもです。
これは、かなり意識してわざとインに引いています。アウトサイドインになってしまったテークバックの荒療治です!!

k5君さん
どーもです。
自分ではまだ若いつもりでいますが、さすがに45歳になると体力的には下降線です。このギャップが激しくて(笑)

これからは、体力、筋力維持のために、何か策を講じる必要があるかもしれませんね。

オースチンさん
どーもです。
スタック&チルトだから・・・というワケではなく、今までのスイングの良い悪いは別にして、新しいことをやろうとすると当然違和感があります。この違和感を克服する必要があると思いますが、思い通りの球が打てないと無意識に元のスイングをしているような気がしてます。

とはいえ、ちょっと意識して継続してみようと思っています。

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら