日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ45歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『10.4』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ジャパンゴルフフェア2014 後編&本間ゴルフ記者発表会

14年02月18日 [00時00分]

どーもです。

00 14JGF MAIN2.JPG昨日に引き続き「第48回ジャパンゴルフフェア2014」ネタです。といっても、前後編なので、今日で終了!! 後編は、B&Aゾーンの勝手に注目ネタと毎年このJGFに合わせて開催されるロマロの展示会ネタです。実はBゾーンには、ボクは全く知らなかったネタも!! というわけで、その辺を中心に紹介していこうと思います。それにしても、午後にはJGFの看板もこんな状態でしたからねぇ・・・

早速行ってみましょう!

まず紹介するのは「MODART」というメーカーですが、ボクはこのメーカーのことをJGFでみるまで全く知りませんでした。どうやら栃木県宇都宮市に本社を置くメーカーのようですね。

新作ドライバーはMA01D(1本8万9250円)ですが、どうやらこのドライバーはディープフェースのMA01DとシャローフェースのMA01Sがラインアップされているようですが、会場ではMA01Sを見落としました(汗)
15 14JGF MODART DR MAIN.JPG

フェース
15 14JGF MODART DR FACE.JPG

クラウンはこんな感じでした。
15 14JGF MODART DR TOP.JPG

ちなみにFW(14度4万8300円、16/19/21度1本4万6200円)
15 14JGF MODART FW MAIN.JPG 15 14JGF MODART FW FACE.JPG 15 14JGF MODART FW TOP.JPG

UT(1本4万6200円)もそろっていました。
15 14JGF MODART UT MAIN.JPG 15 14JGF MODART UT FACE.JPG 15 14JGF MODART UT TOP.JPG

続いてアイアンですが、こちらはA60Gというモデルですが、バックフェースに音符をあしらったA60Mとモデルもあるようです。
15 14JGF MODART A60G MAIN.JPG

フェース
15 14JGF MODART A60G FACE.JPG

トップラインはこんな感じ。
15 14JGF MODART A60G TOP.JPG

このアイアン、オリジナルカーボンシャフト6本セットで44万1000円、スチールシャフト(NSPRO950GH/ダイナミックゴールド)6本セットで39万600円とかなりの高価でしたが、どうやら1本1本をCNC削り出しで制作しているようです。

参考出展のこのアイアンがちょっと気になったけど・・・
15 14JGF MODART CBC MAIN.JPG

フェース
15 14JGF MODART CBC FACE.JPG

トップラインです。
15 14JGF MODART CBC TOP.JPG

それから、フェースにマレージングを採用した「SENDNA CB-02」というのもありました。
15 14JGF MODART CB02 MAIN.JPG 15 14JGF MODART CB02 FACE.JPG 15 14JGF MODART CB02 TOP.JPG

ウエッジでは、スピンにこだわった「MWC T55」(1本4万7250円)
15 14JGF MODART T55 MAIN.JPG 15 14JGF MODART T55 FACE.JPG 15 14JGF MODART T55 TOP.JPG

見た目もやわらかさにこだわったという「MWC A55・G」(1本6万3000円)がラインアップ。
15 14JGF MODART MWC MAIN.JPG 15 14JGF MODART MWC FACE.JPG 15 14JGF MODART MWC TOP.JPG

「MWC T56」というモデルも参考出展されていました。
15 14JGF MODART T56 MAIN.JPG 15 14JGF MODART T56 FACE.JPG 15 14JGF MODART T56 TOP.JPG

最後にパターですが、これはアイアンからの流れにこだわったピンタイプモデル「MPC R50」(1本4万7250円)だそうです。
15 14JGF MODART MPC MAIN.JPG 15 14JGF MODART MPC FACE.JPG 15 14JGF MODART MPC TOP.JPG

打ってみたいけど、試打できるかな? 買うしか無かったりして・・・

続いてツアーエッジですね。

XCGシリーズのニューモデル「XCG7」が登場。こちらは460cm3モデルとベータチタンを採用し440cm3の「Beta」の2タイプが用意されていました。写真はBetaモデルです。
16 14JGF TE XCG7 DR MAIN.JPG

フェース。
16 14JGF TE XCG7 DR FACE.JPG

クラウンはこんな感じでした。
16 14JGF TE XCG7 DR TOP.JPG

FW
16 14JGF TE XCG7 FW MAIN.JPG 16 14JGF TE XCG7 FW FACE.JPG 16 14JGF TE XCG7 FW TOP.JPG

HB
16 14JGF TE XCG7 UT MAIN.JPG 16 14JGF TE XCG7 UT FACE.JPG 16 14JGF TE XCG7 UT TOP.JPG

それから、ちょっと気になっていたモデルが「CB PRO」。このソールがなんかすごくない?
16 14JGF TE CBPRO MAIN.JPG

フェース
16 14JGF TE CBPRO FACE.JPG

クラウンです。
16 14JGF TE CBPRO TOP.JPG

CB5シリーズのFW
16 14JGF TE CB5 FW MAIN.JPG 16 14JGF TE CB5 FW FACE.JPG 16 14JGF TE CB5 FW TOP.JPG

HBも登場。
16 14JGF TE CB5 UT MAIN.JPG 16 14JGF TE CB5 UT FACE.JPG 16 14JGF TE CB5 UT TOP.JPG

アイアンは「CB PROh」が登場ですが、このアイアンは7番までは中空で
16 14JGF TE CBPRO 7I MAIN.JPG 16 14JGF TE CBPRO 7I FACE.JPG 16 14JGF TE CBPRO 7I TOP.JPG

8番以下がキャビディになっていました。
16 14JGF TE CBPRO 8I MAIN.JPG 16 14JGF TE CBPRO 8I FACE.JPG 16 14JGF TE CBPRO 8I TOP.JPG

ツアーエッジも試打クラブレンタルの約束ができたので、試打でき次第レポします!!

続いてナイキですが、巨大なコバート2.0のヘッドが展示されていました。
17 14JGF NIKE.JPG

14日にはアメリカのタイガー・ウッズと生中継なんてイベントがあったようですが参加できず。また、薗田田峻輔プロのナイキ契約も発表されたようですね。当日イベントブースで普通にMCしていました!

そして、今回個人的にメチャ気になったのが「いちかわ地域活性化協議会」のブース。三浦技研、共栄ゴルフなど地クラブメーカーがひしめきあう地域ですが、共同で出展いました。

その「いちかわ」ブランドで参考出展されていたのがこのアイアン。かなり無骨なアイアンですが、なんか妙なオーラを感じます。
18 14JGF HYOGO ICHIKAWA MAIN.JPG

フェース
18 14JGF HYOGO ICHIKAWA FACE.JPG

トップライン
18 14JGF HYOGO ICHIKAWA TOP.JPG

それから、流麗なフォルムに目を引かれたのが「BUCHI」のMT201のプロトタイプ。羊がトレードマークのようです。
18 14JGF HYOGO BUCHI PROTO MAIN.JPG 18 14JGF HYOGO BUCHI PROTO FACE.JPG 18 14JGF HYOGO BUCHI PROTO TOP.JPG

もう1つ気になったのがこれ。これ、マジで打ってみたいっす! 見た目からメチャ打感が良さそうに感じます。
18 14JGF HYOGO BUCHI VS200 MAIN.JPG

フェース
18 14JGF HYOGO BUCHI VS200 FACE.JPG

トップライン
18 14JGF HYOGO BUCHI VS200 TOP.JPG

こちらは藤本技工オリジナルブランド「FG-Believer」。このアイアンも、なんかそそられますわ~! ちなみにこのマッスルバック、半中空構造になっているんだとか!!
18 14JGF HYOGO FG BELIEVER MAIN.JPG

フェース
18 14JGF HYOGO FG BELIEVER FACE.JPG

トップライン
18 14JGF HYOGO FG BELIEVER TOP.JPG

同じく藤本技工のアイアンですが、このアイアンもかっこよかったっす。でも、このアインの情報は何もありません。詳しい人は教えてくださいな!
18 14JGF HYOGO FG ADJECT MAIN .JPG 18 14JGF HYOGO FG ADJECT FACE.JPG 18 14JGF HYOGO FG ADJECT TOP.JPG

最後に共栄ゴルフ工業「ZESTAIM」の200セット限定モデル「Fi-0 CB」。見た目はオーソドックスなキャビティアイアンですが、同社の5周年記念モデルで、S25Cの中でもプレミアムな素材にこだわったPURE FORGEDモデルだそうです。
18 14JGF HYOGO ZESTAIM MAIN.JPG

フェース
18 14JGF HYOGO ZESTAIM FACE.JPG

トップライン
18 14JGF HYOGO ZESTAIM TOP.JPG

なかなか地クラブ系にまでたどり着いていないのですが、地クラブ系もメチャカッコイイクラブがいっぱいありますね!!

写真はありませんが、当日ミズノでは武藤俊憲プロとの契約が発表されました。早速、ブースで写真撮影等のイベントに参加していました。

次はテーラーメイド。こちらでは、ロフトアップキャンペーンを実感してもらうべく試打に力を入れていました。危うく見落とすところだったニューモデルアイアンが

「TOUR PREFERDE MB」
19 14JGF TM TPMB MAIN.JPG 19 14JGF TM TPMB FACE.JPG 19 14JGF TM TPMB TOP.JPG

「TOUR PREFERED MC」
19 14JGF TM TPMC MAIN.JPG 19 14JGF TM TPMC FACE.JPG 19 14JGF TM TPMC TOP.JPG

「TOUR PREFERED CB」
19 14JGF TM TPCB MAIN.JPG 19 14JGF TM TPCB FACE.JPG 19 14JGF TM TPCB TOP.JPG

の3モデルでした。

その裏には、以前たむ。プロこと三浦辰施プロとパター教室をおこなった「バーディワークス」がJGF初出展していました。MCにはバーディワークス六本木の元店長さんが!
20 14JGF BW1.JPG 20 14JGF BW2.JPG

そして横をみれば、USTマミヤブースで業界の名物オジサン(失礼!!)発見。
21 14JGF ATTAS.JPG

シャフトメーカーの「バシレウス」では、限定500本の2014年ニューモデル「AAA」(トリプルエー)が展示されていました。
21 14JGF BASILEUS AAA.JPG

このAAAは、飛距離性能を極限まで追求するために、超高弾性80tカーボンシートを全長に使用しているようです。というわけで、価格は1本10万也。

マインドブースでは、マンチェスターユナイテッドのキャディバッグを発見。ルーニー&ファンペルシーが復活しても最下位チームに勝ちきれないほど絶不調のマンUですが、日本人としては、やはり香川真司選手には頑張って欲しいですよね。今年はW杯イヤーだし!! ちなみに、開口部はサッカーボールを意識したデザインになっていました。
22 14JGF MANU CB1.JPG 22 14JGF MANU CB2.JPG

ジオテックゴルフに展示されていたのは、高反発モデルでした。こちらはドライバー
23 14JGF GT QUELOT DR MAIN.JPG 23 14JGF GT QUELOT DR FACE.JPG 23 14JGF GT QUELOT DR TOP.JPG

アイアンです。
23 14JGF GT QUELOT IRON MAIN.JPG 23 14JGF GT QUELOT IRON FACE.JPG 23 14JGF GT QUELOT IRON TOP.JPG

リンクスで気になったのは、LDJ日本記録414yを記録したという「MASTER MODEL」ドライバー。
24 14JGF LYNK MASTER MODEL MAIN.JPG

フェース
24 14JGF LYNX MASTER MODEL FACE.JPG

クラウン
24 14JGF LYNX MASTER MODEL TOP.JPG

ボクらが打っても飛ぶのかな?

JGF2014最後に訪れたのはピンブース。こちらでは、「カーステンTR」を再確認。
25 14JGF PING KARSTEN TR MAIN.JPG 25 14JGF PING KARSTEN TR FACE.JPG 25 14JGF PING KARSTEN TR TOP.JPG

ヘッドバリエーションはこんな感じ。
25 14JGF PING LARSTEN TR.JPG

ここで軽く打っていたら、伍井佳介プロから「右向いているよ!!」って。「えっ!?」です。自分ではめちゃスクエアに構えているつもりでしたが、どうやらめちゃ右を向いていたようです。特に右足つま先が思い切り右を向く傾向があるようです。そこを修正してもらったら、すぐにロングパットも入ってるし!! これが、スコアアップのきっかけになれば・・・!!

とまぁ、こんな感じでJGFは終了ですが、ここ数年JGFの開催に合わせて、近隣でロマロが展示会を実施しています。もちろん、そちらにも足を伸ばしてきました。

まずは、ちょうど1年前のJGF後の展示会で発表されたRAYのTYPE-Rシリーズですが、社長さんのこだわりでドライバーの発表が遅れていたのですが、結局1年経ってしまったようです。待望のRAY 455LX TYPE-Rドライバー登場!!
26 14JGF ROMARO TYPER DR MAIN.JPG

フェース
26 14JGF ROMARO TYPER DR FACE.JPG

クラウンはこんな感じです。
26 14JGF ROMARO TYPER DR TOP.JPG

印象的には思ったよりシャローで、TYPE-Rらしい扱いやすさを意識しているのが見た目からもわかりますね。

それから、こちらは「心地よさ」にこだわった「RAY H」アイアン
26 14JGF ROMARO RAY-H MAIN.JPG

フェース
26 14JGF ROMARO RAY-H FACE.JPG

トップライン
26 14JGF ROMARO RAY-H TOP.JPG

そして、ミッドキャビティアイアンの「RAY MC」
26 14JGF ROMARO RAY MC MAIN.JPG

フェース
26 14JGF ROMARO RAY MC FACE.JPG

トップライン
26 14JGF ROMARO RAY MC TOP.JPG

ウエッジは、スピンにこだわった「RAY SX-R」
26 14JGF ROMARO RAY SXR MAIN.JPG 26 14JGF ROMARO RAY SXR FACE.JPG 26 14JGF ROMARO RAY SXR TOP.JPG

オールマイティ系の「アルコバッサ ストリーム」
26 14JGF ROMARO AB STREM MAIN.JPG 26 14JGF ROMARO AB STREM FACE.JPG 26 14JGF ROMARO AB STREM TOP.JPG

安定重視の「アルコバッサ スクープ」
26 14JGF ROMARO AB SCOOP MAIN.JPG 26 14JGF ROMARO AB SCOOP FACE.JPG 26 14JGF ROMARO AB SCOOP TOP.JPG

の3モデルが登場です。

また、パターでは展示会当日に届いたというニューモデル「サファイア」。トッププロが愛用するパター用ステンレスで最高峰ともいわれるGSS(German Stainless Steel)のワンピースミルドという極上モデルのようです。
26 14JGF ROMARO SAPPHIER MAIN.JPG

フェースはミーリングモデル(101)と、パターンモデル(102)の2タイプ。
26 14JGF ROMARO SAPPHIER FACE101.JPG 26 14JGF ROMARO SAPPHIER FACE102.JPG

構えてみえるとこんな感じ。
26 14JGF ROMARO SAPPHIER TOP.JPG

マレットタイプの「ガーネット」にも101、102が用意されていました。写真は101です。
26 14JGF ROMARO GARNET MAIN.JPG 26 14JGF ROMARO GARNET FACE.JPG 26 14JGF ROMARO GARNET TOP.JPG

これは50本の限定販売で3月下旬発売予定。実際に打ってみましたが、コツっとした感じながらも思った以上にかなりの柔らかさを感じる、いままで感じたことのない打感でした。1本10万オーバーのようですが、これ、ちょっと欲しいかも!!!! 特にマレットタイプはかなり良い感じでしたわ!!

それから、ついにロマロからシャフトも登場するようです。その名は「acro fiber」(アクロファイバー)!!
26 14JGF ROMARO ACRO FIBER.JPG

このシャフト、今やあちこちで大人気のQPさんこと関雅史プロと「バシレウス」でおなじみのトライファスのコラボという豪華商品。なんと、中間から先端が見た目でもわかるくらい細くなっていました。その効果は空気抵抗を減らし、しなりを体感しやすくすることで、特にアベレージゴルファーに恩恵をもたらすドライバー用シャフトに仕上がっているようです。これも、試してみたいですね!!

というわけでJGF2014レポはこれで終了ですが、まだまだ打っていないクラブが山ほどあるので、少しずつですがしっかり試打していきます! 地クラブも打ってみたいのですが、もし関係者で「ゴルフ体験主義にクラブ貸してやってもいいぞ!!」という方がいらっしゃれば、コメント書き込みお願いします!! 

関係者に挨拶しながら取材していたら、開場と共に入場したのにしっかり閉会までかかってしまいました。すると、「ゆりかもめ」は雪のため運転見合わせって!! 仕方なくりんかい線の有明駅に向かいましたが、大崎方面が3本通過する間新木場方面は1本もこない状態。なぜ? 結局、家まで30分のルートをなんと2時間!! 都会の交通網の雪に対する脆弱さを改めて体感しました。

とはいえ、ボクはこの1日のみですからね。出展者や関係者のみなさん、そしてそんな雪の中訪れたゴルファーの皆さん、今年は本当にお疲れ様でした。


<本間ゴルフ記者発表会>
本間ゴルフの「熱意系HONMA to the 2nd STAGE」記者発表会が、昨日開催されました。しばらくネタ満載なので、速報しちゃいます。

「本間はおじさんのクラブか?」をキャチに、熱意系ゴルファー向けに「ツアーワールド」ブランドで挑んだ本間ゴルフ。このツアーワールドは世界で10勝(国内女子2勝、国内男子1勝、米国女子2勝、韓国ツアー4勝、アジアンツアー1勝)をマーク。そんな本間がセカンドステージとして掲げたのが、ニューボールとニューシャフトでした。

「熱意系HONMA、次はボールだ!」のキャッチで登場したボールは、「TW-G1」(写真左)と「TW-G1x」。某社のV1とV1xを意識したような・・・
PC HONMA TW BALL1.JPG

TW-G1は4ピース構造で「高いスピン性能と飛距離」を融合させたモデル、TW-G1xは3ピース構造で「過剰なスピンを抑えながら直進性と高弾道」を両立したモデルのようです。共に2月21日発売のようですが、藤田幸希プロはすでにボール使用契約を締結しているようです。なお、サンプルをゲットしたので、ラウンドで試してレポします!!

もう1つ発表されたのが、ニューシャフト「VIZARD TC」。これはVIZARD TAおよびVIZARD TZの中間モデルのようですが、実は小田孔明プロが昨年勝ったANAオープンの最終日には、すでに投入されていたようです。こちらは、3月5日発売開始予定のようです。

また、新たに谷原秀人プロ、高山忠洋プロ、ハン・ジュンゴンプロとの契約が発表されました。当日ハン・ジュンゴンプロは欠席でしたが、そうそうたるメンバーが集まり、今年の抱負を書いた色紙を社長に手渡すパフォーマンスも開催。
PC HONMA 2104PRO.JPG

色紙の内容は以下の通りでした。

上平栄道 「初優勝! 背のびせず、自分らしいプレーで」
J・パグンサン 「KEEP MY CARD JGTO,TRY TO WIN TORNAMENT」
上井邦浩 「初優勝」
小田孔明 「賞金王ダ 世界ランキング50位以内ダ 小田孔明ダ」
藤田幸希 「倍返し」
笠りつ子 「優勝する!!」
イ・ボミ 「5勝」
高山忠洋 「日本一!」
谷原秀人 「HONMAでまず1勝!!」

(四方山話)

このコラム記事には全0件の日記があります。

コメント(6)

シャフトのメードインジャパンは当たり前になってきましたけど、ヘッドにもメードインジャパンって書いてあるのは嬉しいです
使ってみたいな

KAZさん
ど~もです。ゴルフフェアでは、忙しそうなところ声かけてしまって・・・、ごめんなさいです。ゴルファーにわかりやすい目線で画像やコメント、ゴルフフェアに行った気になりますね~。時間がありましたらドラ◎ン会場で・・・。しかし、すごい雪でしたね、北関東へ帰るのに半日かかりました。
アメクラ ますざわ

谷原選手が移籍されたんですね・・・

年明けの試合はまだPRGRだったはずですが

じんちゃんさん
どーもです。
ある種地クラブの強みですよね!!

アメクラ ますざわさん
どーもです。
あれだけに人混みで偶然会えて、ビックリしました。
北関東まで半日ですか。ボクは片道30分を2時間でした(涙)

一度ドラコンも見てみたいですね!!

Firesoleさん
どーもです。
ソニーオープンは見られなかったのですが、確かにアイアンはPRGRでしたね。でも、egg1の新製品発表会には矢野東プロしか参加していませんでしたので、なんとなく気付いてはいました。

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら