日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ナイキ「VR_Sコバート2.0」FW

14年02月04日 [00時00分]

どーもです。

NIKE COVERT2.0FW MAIN.JPGナイキのニューモデル「VR_Sコバート2.0」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。昨日紹介したドライバーは確実に打ちやすさで進化を感じましたが、このFWはどんな感じでしょうか? もう、早速行っちゃいましょう!!

ということで、まずは見た目から。

ドライバー同様キャビティ部分は「フライブレイス設計」になっています。もちろん、先代でも採用されていたフレックスロフトも引き続き採用です。
NIKE COVERT2.0FW SOLE.JPG

フェースですが、先代に比較すると若干ディープになっているようにも感じましたね。
NIKE COVERT2.0FW FACE.JPG

若干ヒップアップしているようにも見えるんですよね・・・
NIKE COVERT2.0FW SIDE.JPG

後ろ姿です。
NIKE COVERT2.0FW BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。ドライバー同様丸形クラウンですね。
NIKE COVERT2.0FW TOP.JPG

NIKE COVERT2.0FW SHAFT.JPG今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「VRSコバート グラファイト」Sフレックス装着の#3。スペックは、フレックスロフトですが試打ポジションは15度、ライ角58.5度、長さ43インチ。総重量327g、バランスD1。ヘッド体積164cm3。シャフトスペックは、重量60g、トルク4.7、中調子。フェース角はニュートラル(1度オープン)設定。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

NIKE COVERT2.0FW DATE.JPGドライバーの打ちやすさから意気揚々と挑んだFWでしたが、実際に打ってみると「アレレっ!?」だったりします。なぜかというと、ドライバーほど簡単じゃ無かったりします。これはボクとの相性かもしれませんが、なんか球が上がらないっす。ふと思い起こしてみると、新製品発表会試打会の時も上がらなかったのを思い出しました。ドライバーがガッツリ高弾道だったし、先代は直打ちのほうが打ちやすかったということを記憶していたので、「アレレっ!?」になっちゃいました。後で弾道動画をみてもらえば分かりますが、とはいえいわゆる弾丸ライナー系です。まぁ、これがボクが思う浅重心の弾道だったりしますわ~! GST-3Bの5球平均データはHS42.1m/s、初速61.8m/s、飛距離215y、ミート率1.46で、ベストは写真の通りでした。

打感は、ややカッチリ感強めの弾き系。とはいえ、決して球離れが速いっていうような感じではなかったですね。音も良い感じで、違和感は無し!

弾道はこんな感じっす。ねっ、弾丸ライナーでしょう!! ドライバーがあれだけガッツリあがる超高弾道のあとだと、ちょっと「アレレっ!?」ってなっちゃいますよね。でも、球は強いっすね~!

出球傾向ですが、これはボクのスイングでもほぼストレート。曲がりは少ないモデルだと思います。

シャフトですが、これは何の違和感もなく、挙動的には素直でイメージはドライバーと一緒なんです。なのになぜ・・・!?

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sは欲しい感じかな。ボク的には、このFWはある程度叩けるヒッタータイプのほうがあうかもしれません。球を上げるという点ではもしかしたらパワーが必要かもしれませんが、つかまりについてはいい感じにつかまるモデルだと思います。その辺はカチャカチャで調整もできるので、やはりターゲットは広いでしょうね。

それにしても、なぜ、このFWは球が上がらなかったんだろう? 理由が分析できなかったりして・・・(汗)

<ナイキ「VR_Sコバート2.0」FW>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=465ステンレス
■ロフトバリエーション:3W=(13・14・15・16・17度)、5W=(17・18・19・20・21度)
■シャフト(重量/トルク/調子):VRSコバートグラファイト(S=60g/4.7、SR=58g/4.9、R=56g/5.0/中調子)。ツアーAD MT-6(S=64g/3.3/中調子)。ディアマナW60(S=64g/3.2/中元調子)。
■価格:VRSコバートグラファイト装着モデル1本3万3000円+税。ツアーAD MT-6、ディアマナW60装着モデル1本5万2000円+税。

(試打 - ナイキ)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら