日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ブリヂストンスポーツ「ツアーステージXブレードGRフォージド」アイアン

13年12月11日 [00時00分]

どーもです。

BS GR2014 FORGED MAIN.JPG連日紹介してきたブリヂストンスポーツ(BS)のニューモデルですが、いよいよ今日紹介するの「ツアーステージXブレードGRフォージド」アイアンがオオトリです。GRフォージドですが、実はボク、先々代のイメージがかなり強く残っていたりします。先代は形状的にかなり変化して「んっ!?」とか思ったりしたのですが、そういう意味でニューモデルはオーソドックスな形状に戻った感じ。ということで、レポ行ってみましょう。

まずは見た目から。

タイプ的にはキャビティですが、どうやらバックフェース下部は中空になっているようです。
BS GR2014 FORGED BACK.JPG

フェース形状ですが、これは先々代に戻ったようなイメージですね。先代はトゥがツンと立って、ネック側がキュッと絞られたピンのような形状になっていましたが、個人的にニューモデルの形状のほうが好きだな!!
BS GR2014 FORGED FACE.JPG

ソール幅は狭すぎず、広すぎず。リーディングエッジがやや丸めに削られていて、突っかかり防止を意識しつつ、ネック側のソール幅が狭めかつトレーリングエッジが削られているところから、抜けの良さも意識しているように感じますね。
BS GR2014 FORGED SOLE.JPG

ネックですが、ニューGR同様若干グースが強くなったようにも見えますね。より、低・深重心を意識したモデルに見えます。ちなみに、タングステンウエートも装着されているようです。
BS GR2014 FORGED SIDE.JPG

構えてみるとこんな感じ。GRよりもトップブレードが薄めで、やはりシャープな印象を受けますね。また、よりスクエアに構えやすかったですね!
BS GR2014 FORGED TOP.JPG

今回試打したのは、スチールシャフト「MODUS3」Sフレックス装着モデルの#5。スペックは、ロフト角25度、ライ角61度、長さ38インチ、総重量413g、バランスD2。シャフトスペックは、重量114.5g、トルク1.8、中元調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

BS GR2014 FORGED DATE.JPG実際に打ってみてまず感じたのは、打感の柔らかさ。スイートエリアのバックフェース部に相当の厚みがあるようですね。メッチャ柔らかくて、これはかなりご機嫌な打感でしたね! 肝心な性格ですが、これはGRに比べるとかなり操作性が高いですね。フェースの開閉がしやすいので、ボクのようにリストを使うタイプだと結構つかまるイメージだったりしますが、技術のある人ならかなりイメージした球筋を打ちやすいモデルなんじゃないかと思います。GST-3Bの5球平均データはHS40.4m/s、初速56.5m/s、飛距離181y、ミート率1.39で、ベストは写真の通り。フォージドタイプでも、GR同様安定した飛距離が得られるのは魅力的ですね!!

打感は前述通り。GRとは別モノで、吸い付くような柔らかさは、日本人が大好きな打感かもしれません。

弾道はこんな感じ。

高さ的には、やや高めの中弾道。GRに比べるとやはり弾道は低めですね。しっかり上げるにはそれなりのパワーが必要かもしれませんね。球質的には、適度なスピン量が確保されていると思います。この辺の性格が操作性の高さの証でもあるでしょう。

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー。敢えてドローといっちゃいます(笑) フェースの開閉がしやすいモデルなので、ボクにとってはかなりつかまえられるモデルです。オートマチックにつかまってしないのではなく、つかまえる意志をもってつかまえられるモデルですね。

続いて#7ですが、見た目はこんな感じ。
BS GR2014 FORGED 7I MAIN.JPG

フェースです。
BS GR2014 FORGED 7I FACE.JPG

構えてみるとこんな感じ。
BS GR2014 FORGED 7I TOP.JPG

スペックは、ロフト角31度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量419g、バランスD2。で、弾道はこんな感じ。

BS GR2014 FORGED 7I DATE.JPGやはり、#7でも操作性が高いですね。ボクのスイングだと見た通りのドロー(っていっちゃいます!!)。球はしっかり上がるので安心感はありますが、ボクレベルだと、「#7あたりはもっとオートマチックのほうがいいかなぁ・・・」なんて気持ちもありますが、まぁそれはボクの腕の問題ですからね。GST-3Bの5球データはHS39.1m/s、初速53.3m/s、飛距離160y、ミート率1.36で、ベストは写真の通りでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sは欲しい感じですね。GRはオートマチック性が高いモデルでしたが、このGRフォージドは操作性が高いモデルでしょうね。ボクが使っているXフォージドと性格的には競合しそうなモデルだと思いますが、ボクの印象的にはGRフォージドのほうが、操作性が高いように思います。フィーリングを重視したいHDCP15あたり以下のプレーヤーにオススメしたいモデルです。

<ブリヂストンスポーツ「ツアーステージXブレードGRフォージド」アイアン>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:8▽操作性:9▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄+タングステン
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ツアーステージNSPRO950GHウエートフロー」(S=98.5~103.5g/1.9、R=94~99g/2.1/中調子)。「MODUS3」(S=114g/1.6~1.9/中元調子)。
■価格: 6本(#5~PW)セット10万2000円+税、単品(#4)1万7000 円+税。

(試打 - ブリヂストン)

コメント(2)

KAZさん、はじめまして。
何時も楽しみに記事を拝見しております。

実は、このGRフォージド・アイアンの記事が何時出るかと、待ち遠しくしていました。
そろそろアイアンの買い替えを考えながら、ツアーステージX-BLADE 709CBがいいかなと思いつつ、しかし後ろの「ぼってり感」がどうしても好きになれず、そうこうしているうちにGRフォージドが登場。

この二つのアイアンの立ち位置を比べた場合、どの様に思われますか?

HSも体格も日本人の標準、年齢は50目前、HCは17ですが日によっては百もチラつく今日この頃です。
オノフプラス2007フォージドを使っていて、何ら不満があるわけでありませんが、日増しに安定感を失いつつある今日この頃です。コンスタントに80台、それも半ば前で安定できたら幸せだな~と願いつつ・・・。

おおたさん
どーもです。
ボクの個人的な感覚では、709CBよりもGRフォージドのほうがより安心感があるように感じました。

従来のGRに比較するとNEW GRフォージドの操作性はアップしているように感じましたが、それでも709CBよりはクラブがカバーしてくれる領域が広いように感じます。

アイアンは、特に見た目のフィーリングが重要な要素だとボクは思うので、コメントから感じた直感としてはGRフォージドがオススメですかね。

ちなみに、今オノフプラス2007使用でしたら、オノフフォージドの2012モデルか2013年モデルもチェックしてみてください!!

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら