日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ブリヂストンスポーツ「ツアーステージXブレードGR」アイアン

13年12月10日 [00時00分]

どーもです。

BS GR2014 IRON MAIN.JPG連日紹介してきたブリヂストンスポーツ(BS)のニューモデルですが、今日紹介するのは「ツアーステージXブレードGR」アイアン。アイアンのほうが、デザインだったり、パワースリットだったりと、ロケットなんちゃらを彷彿とさせますが、ドライバーでも書いたとおり、これは保守的なBSにしてみれば清水の舞台から飛び降りるような一大決心だってのでは・・・! 問題はその性格というか、機能性ですよね。では、どんなアイアンに仕上げられているのか、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

見た目的のデザイン的には、先代とは全くの別モノですよね。でも、構造的にはほぼ先代の遺伝子を踏襲したアンダーカットキャビティになっています。見えないのですが、このアンダーカットキャビティの底の部分に「パワースリット」は潜んでいるようです!!
BS GR2014 IRON BACK.JPG

フェースはセミワイドですが、わりと小顔にも見えますね。ややトゥ・ヒールに長めな形状は、実は先代の形状をしっかり踏襲したモデルにも感じます。
BS GR2014 IRON MAIN.FACE.JPG

ソールですが、トレーリングエッジのトゥ・ヒール側ラウンドが気持ち強くなっていますね。そして、ネック側およびトゥ側に微妙に刻まれたスリットは、あくまでも飾りのようです。
BS GR2014 IRON SOLE.JPG

ネックはややグースが強くなった感じ! 重心深度もやや深くなったように見えるし、バンスも強くなったように見えますね。
BS GR2014 IRON SIDE.JPG

構えてみるとこんな感じ。トップブレードに適度な厚みがあって、安心感もありますね。結構シャープに見える顔立ちですな!!
BS GR2014 IRON TOP.JPG

今回試打したのは、スチールシャフト「ツアーステージNSPRO950GHウエートフロー」Sフレックス装着モデルの#5。スペックは、ロフト角25度、ライ角61度、長さ38インチ、総重量402g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98.5~103.5g、トルク1.9、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用。

BS GR2014 IRON DATE.JPG何はともあれ打ってみると、ドーンと高く打ち上がって滞空時間が長い弾道は、いわゆるロースピンの棒球ですね。この高弾道が「パワースリット」の影響かどうかは、ハッキリいって分かりません。実際にたわみを感じられないですからね。でも、出球を見る限り、球はガッツリ上がりますからね。これはもう、トータルバランスがいいってことの証明でしょうね。ぶっちゃけ、もっとガッツリつかまるイメージだったのですが、意外と直進性が高く、かなりオートマチックに打ちやすいクラブに仕上げられていると思います。ただし、ひとつだけ気になったのは、NSのグニャリ感。どうやらこのヘッドとの相性だと、ボクはあのグニャリ感を感じちゃいましたね。GST-3Bの5球平均データはHS39.9m/s、初速56.3m/s、飛距離181y、ミート率1.41で、ベストは写真の通り。安定的に飛びますね!!

打感は弾き系で、やや球離れが速めな感じ。音も「パチン!!」と軽快かつ小気味のいい音でした。

弾道はこんな感じ。

先代も充分高弾道に感じましたが、実際に同じ条件で比べたわけではありませんのでボクのイメージですが、先代以上に高弾道だと思いましたね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。先代はオートマチックにつかまってハイドドローが打ちやすいモデルだと思っていますが、ニューモデルはより直線的に狙っていきたくなるモデルですね。先代よりもスピンが少なめなイメージで、その分曲がりも少ないように感じます。

続いて#7ですが、見た目はこんな感じ。
BS GR2014 IRON 7I DAMIN.JPG

フェースです。
BS GR2014 IRON 7I FACE.JPG

構えてみるとこんな感じ。
BS GR2014 IRON 7I TOP.JPG

スペックは、ロフト角31度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量407g、バランスD1。で、弾道はこんな感じ。

BS GR2014 IRON 7I DATE.JPGメッチャ球が上がりやすいですわ~! 打ち出しからドーンと上がって、やっぱり滞空時間が長いですね。しかも、スピン量少なめの棒球でかなり直進性が高いっすね。おそらくアマチュアゴルファーが狙っていきたい番手がこの#7あたりからでしょうが、このGRなら#7でも直線的に狙いやすそうです。GST-3Bの5球データはHS39.6m/s、初速52.5m/s、飛距離158y、ミート率1.33で、ベストは写真の通りでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにオススメしたいモデルですね。かなりオートマチック性が高いように感じますが、とにかくスピン量少なめで直進性が高いので、スピン量が多めのタイプにオススメですね。適度につかまえてくれるけど、決してつかまりすぎない。そういう意味では、ドライバー同様使い手を選ばない間口の広さを感じましたね。

<ブリヂストンスポーツ「ツアーステージXブレードGR」アイアン>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ソフトステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ツアーステージNSPRO950GHウエートフロー」(S=98.5~103.5g/1.9、R=94~99g/2.1/中調子)。カーボンシャフト「ツアーAD B14-03i(S=64g/4.5、R=61g/4.7/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット9万円+税、単品(#4、SW)本1万7000 円+税。カーボンシャフト装着モデル6本セット10万2000円+税、単品各1本1万7000円+税。

(試打 - ブリヂストン)

コメント(6)

いつも楽しく拝読しております。GRアイアン、先々代のKAZさんの試打レポで購入に踏み切りましたが、3年で早くも2回のモデルチェンジなんですね。時間の流れが速いなあ。

さわさん
どーもです。
サイクルが早すぎですよね。今回のニューモデルもいいモデルだと思いますが、個人的には先々代が好きですね!!

他のレポートよりも
はるかに分かりやすく、知りたい所が随所に記載されていて
とてもタメになりました。

レポートありがとうございます。

僕は現在ハンディ12レベルで
ドライバーのヘッドスピードが43程度です。
今回、クラブを統一したくて
ツアーステージシリーズ
特にGRかフォージドを検討してます。
今はタイトリストの2010のVG3のNS950です。
色々意見を参考に春前に購入予定です。

ユキボンさん
どーもです。
ユキボンさんのコメント、ボクにとっては最高の褒め言葉です!! ありがとうございます。

VG3も良いクラブですよね。ニューモデルが出るので、こちらも気になっていますが・・・。なる早で打てるように頑張りますが、試打されたらぜひまたコメントしてください。

今後ともよろしくお願いします。

最近、BSのクラブが飛ぶとかで話題になっていて、検索でたどり着きました。JGRはコメント書き込みが出来なかったので、同じGR繋がりということで。。。失礼。

JGRは#7で200ヤード飛ぶという動画がたくさんありますが、ロフトが26度!それって#5アイアンのロフトじゃないですか。200ヤード飛んで当たり前ですよね~。
なんか、途端に熱が覚めてしまって、今はCallawayのAPEXが気になってます。

Hiroさん
どーもです。
JGRの方に書き込みができない!? 確認します!

ヤマハ「UD2+」の登場以来、ストロングロフト系アイアンもひとつのカテゴリーとして認識されつつあるようですね。実際に#5のロフトですが、#5よりも打ちやすくなっていますからね!! 「飛ぶ」よりも「打ちやすさ」にフォーカスしてみれば、存在意義も見い出せると思いますが、いかがでしょうか。 

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら