日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ45歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『9.6』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

フォーティーン「FH1000フォージド」アイアン

13年08月13日 [00時00分]

どーもです。

FOURTEEN FH1000 MAIN.JPGフォーティーンのニューモデル「FH1000フォージド」アイアンを試打できました。これ、見た目はザ・マッスルバックなので、「こりゃ~無理だよ~!!」と見た目でNGな人も多いかもしれません。でも、実際に打ってみると、意外や意外!! さすがに簡単とはいえませんが、結構ボクレベルでも打てたりします。買う買わないは別にして、1度打ってみて欲しいモデルですわ~!!

名前のFHはFUTURE HERITAGEの略。コンセプトは、「伝統と未来の融合」。マッスルバックアイアンのスピンコントロールのしやすさはそのままに、ショット安定性を向上させてモデルに仕上げているようです。

まずが、見た目から!

シンプルなデザイン。まさに、ザ・マッスルバックで、これだけ見ると手にするのは尻込みする顔つきですが・・・。トップブレードバックを見ると、逆テーパーブレードがアイアンにも採用されているのがわかると思います。
FOURTEEN FH1000 BACK.JPG

伝統的ないい顔ですね。
FOURTEEN FH1000 FACE.JPG

ソールも狭いですな~! 「ダウンブローでしっかり打ち込めよ!!」って、クラブがいっていますな。
FOURTEEN FH1000 SOLE.JPG

ドストレートネック! トップブレードのバックがわずかに厚くなっているのがわかりますね。
FOURTEEN FH1000 SIDE.JPG

構えてみるとこんな感じ。さすがに顔がちっちゃいですね。こうやってみると、「アカン! コレ、無理!!」っていうイメージを受けちゃうんですけどね・・・
FOURTEEN FH1000 TOP.JPG

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200装着の#5。スペックは、ロフト角27度、ライ角60.5度、長さ38インチ、総重量429g、バランスD3。シャフトスペック、重量129g、トルクは未確認、手元調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールは2ピースボール使用です。

FOURTEEN FH1000 DATE.JPGスペック的には重めで、ヘッドも効いているモデルですが、素振りしてみると意外と振りやすかったですねグリップの太さも、ボクには良い感じ。実際に打ってみると、あら不思議!! 最初から良い感じのショットを連発。以前使っていたXプロトを打ったときのような衝撃です。スピン量がしっかりあってロフトも寝ている(といっても、ボク的には#5はまだ27度なんですけど・・・)ので、さすがに飛距離のでるクラブではありませんが、それでもこの距離なら以前ボク的には以前使っていたXプロトとなんら遜色がないですね。GST-3Bの5球平均データはHS40.1m/s、初速54.5m/s、飛距離175y、ミート率1.36で、ベストは写真の通りでした。

打感はマイルドですね。良い感じのつぶれ感で、音もパシャッと良い感じ! この辺はさすがですね。

弾道は、やや高めの中弾道。さすがに重量級アイアンなのでそれなりのパワーは必要でしょうが、ボクが打つ限りはまずまずの球の上がり。決してロースピンではありませんが、弾道的には意外とライナー系でした。

出球傾向ですが、ボクのスイングだと良い感じのドロー系。とはいえ、操作性が高い分、スイングのミスには若干シビアさもあります。まぁ、それはそういうクラブでしょうからね!

続いて#7ですが、こちらはロフト35度、ライ角61.5度、長さ37インチ、総重量443g、バランスD3。

顔はこんな感じ。
FOURTEEN FH1000 7I FACE.JPG

構えてみるとこんな感じです。小顔ですが、なんか良い感じ!!
FOURTEEN FH1000 7I TOP.JPG

FOURTEEN FH1000 7I DATE.JPG実際に打ってみると、これがしっかり球が上がってラインイメージを出しやすいんですよね。#5よりも重心がやや高めなのか、ダウンブローでキッチリ打ってスピンが良い感じの入るイメージでした。意外とイメージを出しやすく、こんな難しそうな顔つきのわりにはシビアすぎないから不思議なアイアンですな。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでは最低でもHS45~46m/sは欲しいでしょうね。さすがに重量級なので、まずこの重量を振り切れるパワーは必要でしょうね。見た目はボクレベルだと尻込みしそうな顔つきですが、実際に打ってみると意外と打ちやすいから不思議。それがなぜかは、よくわかりません!! でも、意外と打ちやすいのです。さすがにシビアな部分はありますが、球筋をコントロールしたい人にとってはシビア過ぎずにいうことをきいてくれそうなアイアンかもしれません。80台半ばで上がれる人なら、1度試しみてほしいですね。試打された方、ぜひ感想をきかせてください!

<フォーティーン「FH1000フォージド」アイアン>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:8▽操作性:10▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄(S25C)鍛造
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド」(S200=129g/元調子)。※トルクは未発表
■価格:スチールシャフト6本(#5~PW)セット11万3400円、単品(#3、#4)1万8900円。

(試打 - フォーティーン)

このコラム記事には全0件の日記があります。

コメント(9)

どうもです。


カッコイイ!
今年はマッスル当たり年ですから、当然ながらこれもイイですね!
こういう小顔アイアンがキャディバッグに入っているだけで満足だったりします。

ヨシボーさん
どーもです。
毎日暑いっすね・・・。小顔で難しそうな顔付きだけど、以外と打てちゃう「狼の顔をした羊」マッスルバックでした!!

ご無沙汰です。今、藤田マッスルですが、FHは凄く気になるクラブです。購入も考えています。藤田マッスルも良いクラブですが、KAZUさんの評価がかなり良さそうなので、購入意識がさらに上がりました。購入して、打ったときはコメントします。

なしやさん
どーもです。
藤田マッスルもいいですが、FHはより扱いやすいように感じました。ぜひ、打ったらコメント聞かせてください。よろしくお願いします!

買っちゃいました。そしてリシャフトしました。手首をいためてから、重めのカーボンをいれています。カーボンのせいか、ロングアイアンがとても打ちやすいです。他の番手も、藤田マッスルよりも、優しい感じです。藤田マッスルで気になっていた捕まり過ぎがなくなり、軽いフェードになりました。シャフトがカーボンのせいか、マッスルバックを忘れるくらい優しく感じます。兎に角、藤田マッスルよりもいいです。

なしやさん
どーもです。
買っちゃいましたか!! 藤田マッスルもいいクラブですが、ちょっと目指している方向性が違いますよね。FH1000は、ボクラレベルが扱えるマッスルバックってな感じだと思います。

KAZさん 初めてメールします。いつも体験主義みてます。フォーティーンから発売されたTC777フォージドアイアンの評価を是非お願いします。気になって仕方ありません。その結果で購入するか検討します。よろしくお願いします。

いつも拝見しています。フォーティーンのTC-777試打していただき、評価してほしいのです。ミズノのMP54とスリクソン725で、どれにしようか迷ってますので、よろしくお願いします。

tosisanさん
どーもです。
TC-777の試打完了しました!! 予定を変更して、今週日曜日にアップしますのでご期待ください。

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら