日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ロマロ「RAY UTタイプR」UT

13年07月16日 [00時00分]

どーもです。

ROMARO RAY UT TYPE-R MAIN.JPG今日紹介するのは、ロマロのニューモデル「RAY UTタイプR」です。先日FWのタイプRを紹介しましたが、今日はUTです。ちなみに、ボクのUTはロマロ RAY UTの21度でNSPRO950GHモデル。こいつにはだいぶお世話になっていますが、ついにニューモデルというか兄弟モデルが登場。FWタイプRを試打する限り、このタイプRシリーズがやや扱いやすさを意識したモデルであることに間違いは無いと思いますが、その辺も改めて確認できればと思います。

早速見た目から。

タイプRを見るまで気付かなかったのですが、RAY UTのソールにはHXウエートが無かったのね・・・! FWタイプR同様、やはりこのタイプRシリーズ自体ややヘッドが大きめになっています。
ROMARO RAY UT TYPE-R SOLE.JPG

フェースですが、若干、ほんの若干ですがシャローになったように見えます。フェース面の処理の仕方が変更されて、サテン仕上げになっていました。なんか、スピンがかかりそうに見えません?
ROMARO RAY UT TYPE-R FACE.JPG

横顔です。やはりヘッド自体がやや大きめになっていますね。
ROMARO RAY UT TYPE-R SIDE.JPG

後ろ姿は、スッキリ!!
ROMARO RAY UT TYPE-R BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。気持ちトゥ・ヒールに長めになっていますかね? でも、違和感ない形状です。
ROMARO RAY UT TYPE-R TOP.JPG

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着の21度モデル。スペックは、ロフト角21度、ライ角59度、長さ40インチ、総重量382g、バランスD2。ヘッド体積123cm3。シャフトスペックは、重量97g、トルク1.7の中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールは2ピースボール使用。

重量的にもいい感じで、まず持ってみて感じたのは、実はグリップのしっとり感。今回採用されているグリップは、かなりしっとりした感じで柔らかめのグリップですね。変な力みが入らなそうでいいかも! 実際に打ってみて、これまたビックリ!! キャスコのパワートルネード7タイプIを試打した際、弾道のそろい方にビックリしましたが、このRAY UTタイプRもかなりいい感じ!! なので、また全部出しちゃおうっと(笑)
ROMARO RAY UT TYPE-R DATE.JPG

まぁ、だんだん力んでいるのが分かると思いますが、それにしてもほぼストレートの球筋で、高さもほぼ一緒にそろうと、ちょっと自分が上手くなったような気分になっちゃいますが、これ、クラブが仕事してくれた結果でしょうね。なお、GST-3Bの5球平均データは、HS40.2m/s、初速60.2m/s、飛距離206y、ミート率1.50でした。

打感ですが、RAY UTよりもタイプRの方が若干弾き感強め。このタイプRは、RAY UTよりも若干フェース厚が薄いんじゃないかな? 音は高めで小気味のいいですが、若干金属的かも。

弾道は、高めの中弾道。RAY UTよりは確実に上がりやすいですが、さすがに試打モデルはスチールシャフトだったので、このスペックだとある程度パワーは必要でしょうね。でも、RAY UTよりは簡単に上がります!! 最近、身体のあちこちが痛み出しているオッサンにとっては、実はこのタイプRのほうがあっているのかもしれません。でも、まだまだこのスペックで行きますけど!!

出球傾向は、ボクのスイングでもいい感じのストレート。操作性という意味ではややRAY UTに分がありそうですが、ボクレベルにとって重要なのは、特にこの距離を打つクラブとしては球のあがり方と直進性能といえるんじゃないでしょうか? そういう意味では、タイプRに軍配でしょう。

では、どっちを選ぶと言われれば・・・、お金さえあればタイプRっすね!! 前述通り、この距離を打つクラブにボクレベルが求めるのは、決して操作性ではなくより簡単に、より確実に打てること。でも、前年ながら先立つものは無いので、RAY UTはまだまだ現役で活躍してもらいますわ!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS45m/s以上にオススメです。重量的に重すぎなければ、意外と扱いやすさを兼ね備えたUTだと思います。ロマロというとどうしてもアスリートモデルのイメージがあるでしょうし、実際そんな顔付きをしています。でも、今回のタイプRは結構受け入れ間口が広そう。重量さえ間違わなければ、アベレージ90台半ばあたりでも使えるんじゃないかなって思いました。

<ロマロ「RAY UTタイプR」UT>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス フェース=15-3-3-3チタン
■ロフトバリエーション:UT18=18度、UT21=21度、UT24=24度、UT27=27度
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NS950GH」(S=97g/1.7/中調子)。カーボンシャフト「RJ-T11UT」(S=63g/4.0、SR=62g/4.2、R=61g/4.4/中調子)
■価格:スチールシャフト装着モデルシルバーヘッド1本4万950円、ブラックヘッド1本4万3050円。カーボンシャフト装着モデルシルバーヘッド1本4万8300円、ブラックヘッド1本5万400円。

(試打 - ロマロ)

コメント(2)

KAZさんこんばんは。
少し前のブログですが投稿させてもらいます。
今まさにこのUTを購入しようと検討しております。
近所のショップにはタイプRがないのですが、KAZさんのコメントを信じてタイプRに…みたいな(笑)
そこでご質問ですが、あえて前のモデルの方が結果が良いんじゃないか?ってタイプはどんな感じでしょう?
やっぱり球筋をおさえたいハードヒッターになるんでしょうか?

きゅんたろーさん
どーもです。
スペック的に見ても、ロマロUTのほうが若干重めだし、ハードな味付けであることは間違いないと思います。たかが5g、されど5g。この5gで振り感もだいぶ変わってくるので、この辺はご自身で判断してもらうしかありません。

重量的に重めであることや出球で判断する限りは、ロマロUTのほうが確かにハードヒッター向けということになるとは思います。でも、ブログにも書いていますが、問題はこの距離を打つクラブにどんな出球を求めるかだと思います。より簡単に打ちたいなら、タイプRのほうがオススメです!!

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら