日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ45歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『9.6』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

セントラルゴルフクラブ東コース 後編

13年03月13日 [00時00分]

どーもです。

CENTRAL GC NO2-1.JPG茨城・セントラルゴルフクラブ東コースのランドレポ後編です。詰め込み過ぎなのか、前の組にスロープレーがいるのか分かりませんが、フロント9は3時間オーバー。毎ホール2組は待っている状況に加え、風速8mの風でガンガン体温が下がっていきます。1月のラウンドよりも寒かったんじゃないかな・・・。そんな中ですが、なんとか連続90叩きを逃れるべく、必至の戦いに向かうのでした。

いきなり投入しているヨネックス「i-EZONE」ドライバー。ショット自体は決して悪いわけではありませんが、ボクにとっては軽めなのは否めません。また、手元が軽く感じるのでちょっと手元が動いちゃいます。結果、振り遅れている感じでした。でも、頭が痛いのはパター。せっかく、伍井イズムを勉強したのに・・・。頑張るしかないですね。

ということで、ドライバーは同伴者のメーカーさんのニューモデル「i-EZOEN」。ヘッドは460cm3でロフト9度、シャフトはNT-300のSフレックスです。そして、バック9はボールを「20XI-X」にチェンジしてスタート。

1番は504yロング。
CENTRAL GC NO1-1.JPG

風は右前からのアゲ。i-EZONEは悪くないけど、またもや強風に持って行かれてしまい、右のバンカー。
CENTRAL GC NO1-2.JPG

残り252y(EAGLE VISON- ez VOICE-使用。グリーン上、周りは歩測距離)のバンカーから、思い切ってこれまた借りていたRBZ STAGE2の3Wでバチコーン。軽くダフった感じはありましたが、ショット自体はまずまず。結果は、残り38y。しかし、この58度ショットがハーフトップで奥のカラー。ピンまで22yをパターで手前2yに寄せながら、またもやこいつを沈められず2パットでボギー。

2番は175yのショート。風は右前からのアゲ。#6で低めのショットは狙い通りだけど、ピン左11y。このサイドラインがメチャムズ。タッチとラインをイメージできず、1.5yほどショート。しかも、こいつも嫌らしいスライスライン。結局外してボギー。ショートホールは1オンしながら3パットの連続。もったいなさ過ぎ!

3番は366y左ドッグレッグのミドル。
CENTRAL GC NO3-1.JPG

風は右後ろからのフォロー。左に加え、右も抜けるとOB。本来ならドライバーは不要でしょうが、ここはテストもあるので気合いでショット。でも、ここに来てフック。ギリギリセーフ・・・!!
CENTRAL GC NO3-2.JPG

残り82yを#5で低く抑えて、手前のバンカー覚悟のギャンブルショット。結局枝に当たってしまい、なぜか左前にビョーンって! 左斜面の異様な左足下がりの傾斜から36yは58度で斜面に沿ってショット。ピン右5yのオンですが、2パットでボギー。

4番は360yミドルですが、ここがHDCP1でした。
CENTRAL GC NO4-1.JPG

風は左前からのアゲ。i-EZONEは引っ掛け気味で左ラフ。残り182yから渾身のロマロUTはグリーン右わずかにこぼれたところ。8yをパターで寄せて、これはほぼOK。1パットでやっとパーセーブ。

5番は306yと距離が短いミドル。風は左後方からのフォロー。広めだったのでi-EZONEバチコーンでしたが、これも風に乗って右端いっぱい。ピンまで48yでしたが、ピン方向は木があって狙えず。ここは割り切って1回左に出して、残り23yから58度の寄せ。ピン手前3yと微妙な距離ですが、こいつをまたもや外して2パットでボギー。パターが入らんなぁ、もぉ~!!

6番は155yショートで、風はアゲ。#7のショットはフックで左。残り17y52度の寄せはピン手前2yとまずまずですが、いかんせんパターが入りません。2パットでボギーでした。

7番は487y右ドッグレッグのロング。
CENTRAL GC NO7-1.JPG

風は右前から超アゲ。i-EOZNEはまずまずでしたが、左のラフ。この辺からあまりの寒さに、手の感覚がなくなって来ていました。
CENTRAL GC NO7-2.JPG

残り302yからRBZ STAGE2の3Wをバチコーン。まずまずの手応えですが、風がアゲで残りはまだ100y。PWフルショットはグリーン左12y。52度の寄せはピン手前4yとビミョー。2パットでボギー。

8番は513yロングですが「アレッ!?」ですわ! 
CENTRAL GC NO8-1.JPG

なんでロングなの? アウトコースはパー37でしたわ~。風は左前からのアゲ。FW右端狙いが左目に出てしまうミス。でも、大丈夫だと思って前進すると、どこを探してもボールがありません。やべぇ~なぁ・・・。結局ロストです。やむを得ずロストの1ペナに前進を付加した2打罰の4打目を残り250y付近からスタート。ここのRBZ STAGE2の3Wバチコーン。これはピン手前21y。52度の寄せはピン右4y。2パットでダボでした。

バック9はダボを打たずに耐えてきましたが・・・。でも、諦めませんよ!!

最終9番は445yミドル。
CENTRAL GC NO9-1.JPG

気合いが入ると、力みも入る。石岡GCで体験したのに、また同じミスを繰り返しました。頭悪いわぁ・・・。i-EZONEはフックで左ラフ。残り232yからロマロUTでクリーク超え狙いでしたが、これがもう手の感覚がなくなっていて痛恨のダフリ。で、クリークに

ちゃぽん!!

もう、泣きたい気分です。それでも3打目の残り122yを#9でピン右4yにオン。2パットで沈めましたが連続ダボ。

石岡GC同様上がり3Hで崩壊というふがいなさで、10オーバーの「47」。パットは1パット1回、3パット1回で「18」パット。結局「93」(パー73)の「37」パットと連続90叩きに終わってしまいました。スコアに対するパットの割合はほぼ40%でしたが、印象的には2yほどのパットをことごとく外しています。このくらいをもうちょい沈められると流れも変わるでしょうね。まぁ、今は生みの苦しみですから、練習あるのみ!

i-EZONEの460cm3モデルですが、典型的な低・深重心モデルなので、ロフト9度モデルでもかなりインパクトロフト付くようで超高弾道です。でも、こんな風の日は、その上がり方が致命傷です。しかも、オートマチックに上がってしまうので、抑えがききません。ティをかなり低めにしても上がっちゃいますからね。とはいえ、球が上がるメリットも大きいはず。この460cm3モデルは、タメが少ないボディターンのアベレージスライサー向けだと思いますが、その辺はきっちり試打して後日レポします。

今回このセントラルGC東Cは初めてのラウンドでしたが、ティショットに気を使う感じでした。落としどころを悩ませるようなレイアウトに感じました。また、グリーンが難しいですね。さすが、トーナメント開催実績のあるタフコース。冬の薄芝じゃなくて、芝がしっかり生き生きしている時に再度ラウンドしてみたいですね!

連続90叩きは痛いけど、これがボクの実力。今年は、ショートゲームを徹底的に磨きます。

(ラウンド - 茨城県)

このコラム記事には全0件の日記があります。

コメント(4)

Kazuさん、毎日読んでますが、クラブの距離がめちゃくちゃですね。左右のブレが大きいのに縦のブレまであったらゴルフになりませんよ。風の影響もあるのだと思いますが、飛ばすことよりも再現性の高いスイングを心掛ければ90は叩きませんよ。もっと頭の良いゴルフをしましょう。このままだとただのアベレージゴルファーで終わってしまいますよ。

残念な結果ですね。
でも、この時期(冬のゴルフ)は、やはり難しいですよね。
芝は薄いし。寒さで身体の動きは、悪いし。
ハーフ3時間オーバーですか、ゴルフはリズムのスポーツですから、その影響も有ると思うのですが。
私の感覚では、冬のゴルフは、グロス5から10打は違うと思っております。
次回を期待します。
私も、先だってプレーした結果をブログ(かけさん農園)にアップしていますが、スタートホール、ダブルボギー、2番ホール、トリプルボギー、3番ホール3パットボギーの出だしで、グロス100を覚悟しましたが終わって見れば84で何とか我慢できました。
ほんとに、ゴルフは難しいですね。

クレバーさん
どーもです。
クレバーな意見ありがとうございます。

かけさんさん
どーもです。
この日は1月ラウンドよりも寒かったのもありますが、とにかく風がハンパ無かったです。ボクレベルだと、風と上手くつきあうほどの技術もなく、気象条件が悪くなるとこんなもんです。前コメのクレバーさんのいうように、頭が悪いんでしょう。

そのスタートで、84で耐えられるのはさすがです。

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら