日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ45歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『10.4』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

キャロウェイ「X HOT」ドライバー

13年02月14日 [00時00分]

どーもです。

CALLAWAY X HOT DRIVER MAIN.JPGキャロウェイのニューモデル「X HOT」シリーズを試打してきました。が、話題のぶっ飛びFWはチョー人気で、各社から引っ張りだこのようで、試打クラブが手配できませんでした。そんなわけで、今回試打できたのはドライバー、UT、アイアンの3モデル。まずはドライバーから紹介しましょう。

「アマチュアゴルファーでも300y飛ばせるFWを作りたかった」とクラブ開発者のルーク・ウイリアムズ氏自ら広告にも登場して話題になっていますが、どーもFWばかりに目が行ってしまいますよね。実際、新製品発表会でもFWしか試打しなかったし(汗)

試打ブースで打った限りでは、その話題のFWはかなりの手応え。「ってことは、このシリーズはぶっ飛びか!?」。そう思っちゃいますよね。その辺も含め、紹介できればと思います。

まずは見た目から。

黒と白のデザインがレガシーブラックをイメージさせますが、デザインは全くの別物。ソール後部が特徴的でした。なお、位置付け的には、「 レーザーXブラック」の後継モデルって感じですよね。
CALLAWAY X HOT DRIVER SOLE.JPG

フェースですが、キャロウェイとしてはちょっと異質な形状に感じます。やけにトゥ側にボリュームがあるような形状で、ボクの個人的な記憶を元にいってしまえば、キャロウェイらしくない顔です。
CALLAWAY X HOT DRIVER FACE.JPG

横顔ですが、オーソドックスな顔つきかも。
CALLAWAY X HOT DRIVER SIDE.JPG

結構シャローなんですね。
CALLAWAY X HOT DRIVER BCK.JPG

構えてみるとこんな感じです。丸型ヘッドで、見た目的には意外と大き過ぎないのがいいですね。
CALLAWAY X HOT DRIVER TOP.JPG

CALLAWAY X HOT DRIVER SHAFT.JPG今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「X HOT 60W」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角57度、長さ45.5インチ、総重量304gでバランスはD1。ヘッド体積は460cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク5.4の先調子です。フェースは、スクエアポジション。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールは2ピースボール使用です。

CALLAWAY X HOT DRIVER DATE.JPG何はともあれ打ってみました。実際に打ってみると、ぶっちゃけ特徴がないのが特徴というか、非常にクセが無く素直なクラブだと思います。クラブとしてのバランスがいい感じでクセが無いので、非常に受け入れ間口が広いようにも感じます。GST-3Bの5球平均データはHS45.3m/s、初速65.3m/s、飛距離235y、ミート率1.44で、ベストは写真の通りです。先週紹介したピン「G25」シリーズのデータを見ても分かるように、まぁ、この季節はボールスピードが上がらないということはもあるでしょうね。でも、この飛距離数字を見ると、あのFWの手応えがあった分、なんか「アレッ!?」ってなっちゃった感じは否めません。スペックの問題だと思いますが、これ、シャフトと重量を合わせたら、すんごい飛びそうな気配は感じましたね。

打感はマイルド。芯を食った打感は、かなり分厚いインパクトを体感できると思います。ちなみに、芯を外すとやや硬めに感じますので、わかりやすいクラブだと思います。音は至ってノーマル!

弾道は高めの中弾道。結構ドッカンと勝手に上がってしまうモデルなのかな・・・と感じていましたが、そこまでオートマチックではないかも。しっかり上がるけど、上がり過ぎない感じはいいですね。それでいて、スピン量は今はやりの少なめ。ロースピンの棒球系で、前に行く感じでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレートですが、若干イメージよりも右に出る感じ。それを意識して振ると、ちょっと強めのドローになっちゃう感じでした。

個人的には、出球傾向はシャフトの影響が多きいと思います。このX HOTシャフトですが、結構先が走るイメージですね。ボク的にはタメるとちょっと遅れて、つかまえにいくとつかまっちゃう感じでしたので、どちらかというと素直なボディターンタイプのほうが特性を引き出せそうに感じました。

FWに対する勝手なイメージがあった分「あれれっ!?」でしたが、実際にFWを同じ条件で計測したら・・・ってなことも想定されます。今回の試打で数値だけ見たらぶっ飛びドライバーという感じはないですが、いい感じにまとまった平均点的には高いドライバーだと思います。特にミスヒットの寛容性はかなり高いです!! ミスヒットをプレーヤーに感じさせながらも、実際にはコースでケガしない程度にクラブがカバーしてくれる感じなのもいいですね。これ、プレーヤーを育ててくれるかも! で、ボク的には重量とシャフトを合わせたら、すんごい棒球でぶっ飛びだったりしてってな手応えを感じています。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/s~42m/sあたりが合いそうです。前述通り間口が広いドライバーだと思いますが、このデフォルトモデルの性格的に考えれば、スイングタイプ的には素直なリズムで振れるボディターンタイプのほうが向いているかもしれませんね。性格的には限りなくオートマチック系に近いセミオートマチックといった感じでしょうかね。ミスをプレーヤーに気付かせた上で、クラブがカバーしてくれるというのが憎いっすね! 

<キャロウェイ「X HOT」ドライバー>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):X HOT(S=55g/5.4、SR=51g/5.5、R=48g/5.6/先調子)。ツアーAD GT-6(S=62g/3.1/中調子)。ディアマナB60(S=60g/3.6/中調子)。
■価格:オープン価格
■発売予定:2013年2月下旬より順次
■備考:左用は9.5度モデルのみ受注生産

(試打 - キャロウェイゴルフ)

このコラム記事には全0件の日記があります。

コメント(4)

お久しぶりです。
X HOTの3Wを先週末、コース試打してきました。
私のドライバー飛距離が250y。
そして、これでティショットしたら240y行ってました。
見るからにスピンの少ない弾道だったような気がしますした。
FWでも試しましたがLEGACY BLACKより球が上がって良い感じでした。
購入予約したのは雄馬でもなく...ATTAS4Uで
まあ併せてエクストリームをシャフトATTAS4Uで予約しました。

BD5さん
どーもです。
FWは新製品発表会の試打ブースでしか打ってないんですよね・・・。速く打ちたいです!!

ドライバー250y、FWで240yなら、ドライバー不要!?

XTREMEも行きましたか!! 先日試打しましたので、最終週にアップの予定ですが、カスタムが無くてノーマルなんですよね。

KAZさんはじめまして。いつも参考にさせて頂いてます。
某○○○5にて計測し、候補はRBZ,RBZ2,エクストリームで、結果HS39-40にて一番結果が良かったxhotのSRシャフトを購入しました。KAZさんのコメントにあるように特に特徴はないけど、結果が一番安定してました。RBZは距離は出るけどスピン量が少なすぎたのと、エクストリームは捕まえに行かないと右へ行きやすく、あとはxhotのシャフトで悩みましたが、SRの方がHSが上がったので決めました。少し柔いかなと感じつつ、コースデビューでしたが結果は、1発だけ左に引っかけ池ポチャでしたが、あとはAV230Y、最長260Yの結果でした。今までハードなシャフトを使っていましたが、こんなに楽にティーショットが打てるとは、ちゃんと計測して決めるもんですね。これからも楽しく拝見させてもらいます。

MKさん
どーもです。
コメント返信遅れてすみませんでした。
いい結果が出たようで何よりです。計測がすべてではありませんが、計測することでより自分に合ったクラブ、つまり自分が求めているゴルフをするためにベストな1本に出会う可能性が高くなると思います。

自分に合ったクラブを使えば、スコアが劇的に変わることもあり得ます。自己ベスト更新を意識しつつ、アベレージスコアをガンガン縮めちゃいましょう!!

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら