日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

アバイディングゴルフソサエティ 後編

12年10月10日 [00時00分]

どーもです。

ABIDING GS NO7.JPG後輩金子Bくんの新プロジェクトチャレンジ壮行会を兼ねたラウンドですが、舞台は千葉・アバイディングゴルフソサエティです。奇才デズモンド・ミュアヘッド設計の難コースですが、戦略的というよりはトリッキーですね。初めてだと、どこに打っていいのかわかりませんわ!! って、前半ボクが死んだのはバンカーでしたが(汗) さて、後半もどうなることやら・・・

最近ではハーフ30台も出すまでにレベルアップしてきた金子Bくんも、さすがにここでは苦戦していました。マスター室でスタッフと談笑していると、どうやらアバイディングで把握しているお客さんの平均スコアは「107」なんだそうです。100切りで上がってくる方はなんと、全体の2割だとか!! ボクラを励ましてくれたのでしょうか?

気を取り直して立て直したい1番は、332yのミドル。
ABIDING GS NO1-1.JPG

ここは左右OBです。5Wのティショットは、わずかに右。「ドローで返ってきてくれれば・・・」の願いもむなしくOB。前進ティ使用で残り135y(以下、EAGLE VISION-ez VOICE-表示。グリーン上、周りは歩測距離)。#9のショットの当たりが薄く、25yもショート。52度での寄せは、軽くダフリ気味でピン手前6y。でも、この上り軽いフックを1パットで入ってくれてダボ。

続く2番は444y右ドッグレッグのロング。
ABIDING GS NO2-1.JPG

ブログ書いていて判明したが、左OBで右は1ペナだったのですね。実はUTのティショットが右のモジャモジャ方向だったのですが、OBかと勘違いし前進4打で進行してしまいましたわ・・・。その前進ティから残り237yだったのですが、5Wを左の池にたたき込んで、池の前145yから#8で乗せましたがこれで6オン。2パットでトリプルですが、これって厳密には誤所からのプレー!?

3番は352yミドル。
ABIDING GS NO3-1.JPG

ここも左OB、右1ペナ。ティショットは5Wで、無事FWキープ。残り140yを#8でピン右4y。2パットでやっとパーセーブ。

4番は347y左ドッグレッグのミドル。
ABIDING GS NO4-1.JPG

左右OBです。正面バンカーまで200y。左裾を狙えればいいのでしょうが、ここは手堅く#5でバンカー手前狙い。当たりはちょっと薄かったけど、FWキープだからOKでこんな感じ。
ABIDING GS NO4-2.JPG

残り192y。打ち上げだけど、これ、何気に左足下がり。UTの球が上がらずゴロで、残り57y。58度の寄せはピン右9y。でも、距離あわせで打ったパットが入っちゃって、ラッキーパーセーブ!!

続く5番は138yのショート。
ABIDING GS NO5-1.JPG

#9のティショットはピン右奥4y。下りのフックラインは2パットで無事パーセーブ。

6番は497yで左に回り込んでいるロング。
ABIDING GS NO6-1.JPG

ここは左右1ペナ。メガ・ブラッシー(MB)のティショットは無事FWキープ。でも、景色はこんな感じ。
ABIDING GS NO6-2.JPG

まだ見えないグリーン。残り230yだったので、#9で超安全刻み!
ABIDING GS NO6-3.JPG

やっと見えた!! 残り105y。52度でピン手前6yにオン。2パットでパーセーブでした。

7番は368yミドル。
ABIDING GS NO7-1.JPG

ここも左右1ペナ。ティショットはUTで無事FWキープ。
ABIDING GS NO7-2.JPG

なんじゃこりゃ~! 残り132yなんで、もう乗せるだけです。PWフルショットはピン左13y。ありゃりゃですが、無事2パットでパーセーブ。

8番は138yショート。
ABIDING GS NO8-1.JPG

#9のショットはピン左8y。スネークに見えたので、距離合わせ。このタッチもしっかりあって、ストレスフリーのパーセーブ!!

最終9番は左ドッグレッグで池が絡む361yのミドル。
ABIDING GS NO9-1.JPG

ここは左右OB。ティショットはMBで正面狙い。多少フックがかかっても池は避けたいマネージメント。これが、結果的にいい感じのドローもかかって、ベスポジ!!
ABIDING GS NO9-2.JPG

池越えで奥はバンカーですが、距離は残り107y。52度ガッツリで届きますが、問題は風。ややアゲ。でも、奥のバンカーはイヤだったので、ここは52度ガッツリ! ピンやや左に着弾も、フック回転がかかっていたようで左に転がってしまいカラーでした。ピンまで9yでしたが、カラー1yが思いっきり逆目。パターでも良かったのですが、52度でカラー越えでカップイン狙い! いい感じにラインは出たけど、わずかに左でカップを2yオーバー。でも、こいつを沈めて無事パーセーブでした。

1番2番で5オーバーでしたが、その後7H連続パーセーブ成功! 後半は「41」、パットは「15」パットでした。トータル「87」の「31」パットでしたが、2番の処置次第では失格かな!?

コース的には、さすがにRTからだと距離が短く、かえって絞ってあるポイントが気になるので、ティショットに気を使うレイアウトですね。でも、バックティおよびフルバックだと単純に長いクラブでよりシビアになるだけにも感じますが・・・。とにかくブラインドが多いので、「どこに打ったらいいの?」っていうホールが多かったですね。さすがにここまで来ると、トリッキーといわざるを得ないでしょうね。でも、ショットの精度を求められるという点では、なかなかチャレンジングなコースだと思います。

というわけで、後輩の金子Bくんが突然あなたの街に現れるかもしれません。その時は暖かく迎えてやってください! 彼の動向ブログにはゴルフ体験主義にもリンクを張るので、ぜひチェックしてやってくださいね!!

(ラウンド - 千葉県)

コメント(2)

KAZさん
やっと私の良く知っているコースが出てきました。
私は99を1回出しただけで、後は100以上。
さすがKAZさんですね。大叩きしているのに平気で80台。

知っているコースだと、写真を見ると思い出し、あの時はこっち側に打っちゃったんだよなとか、思い出しながら楽しく読ませて頂きました。

何となく難しいなとは思っていたのですが、100切りが2割ということで、自分のスコアの悪さに対して少しほっとしました。
最近は別のコースに行くことが多いので、アバイディングには次は何時行けるか分かりませんが、行ったときには90台前半を目指したいと思います。

takさん
どーもです。
ここはちょっと曲げたり、まっすぐでもちょっと打ち出し方向がズレたらNGですからね。いかにOB、1ペナを避けるかの忍耐マネージメントが要求されそうですね。そういう意味で勉強になるコースだと思います。

とはいえ、バックからでもドライバー使えなそうですもんね・・・

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら