日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ツアーエッジ「XCG-5」FW

12年09月11日 [00時00分]

どーもです。

TOUR EDGE XCG5 FW MAIN.JPGツアーエッジ「XCG-5」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。このFWですが、どうやら米国ゴルフダイジェスト「HOT LIST」のFW部門で金賞を受賞しているようです。先に書いちゃいますが、この金賞受賞は納得! ボクもこのFWにはかなりの好印象でした!!

早速見た目から行きましょう。

クラウンのデザインは、もちろんドライバー同様です。形状的にはドライバーほどストレッチバックではないように見えますね。
TOUR EDGE XCG5 FW SOLE.JPG

フェースは、シャローですね。でも、これもドライバー同様クラウン中央とフェース下部にややボリュームがある感じ。
TOUR EDGE XCG5 FW FACE.JPG

シャローな形状ですよね。形状的にはドライバーほど低重心化していないように見えましたが、実はソールをタングステンスチールにすることでへッド重量の68%をここに集中させ、低重心化を実現しているようです。
TOUR EDGE XCG5 FW SIDE.JPG

シャローっすね!!
TOUR EDGE XCG5 FW BACK.JPG

構えてみるとこんな感じ。ヘッドはやや大きめで安心感がありますね。個人的には、これくらいの大きさがあったほうが、安心感があります。フェースもスクエアで、いい感じ!!
TOUR EDGE XCG5 FW TOP.JPG

TOUR EDGE XCG5 FW SHAFT.JPG今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「FUJIKURA BLUR EXOTICS65」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ42.75インチ、総重量324gでバランスD2。ヘッド体積は194cm3。シャフトスペックは、重量65g、トルク3.7の中先調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールは2ピースボール使用。

TOUR EDGE XCG5 FW DATE.JPGこのFWもグリップが太めで、手元に重量感を感じましたね。実際に打ってみると、このFWはバチコーンでっせ!! ティアップしても、直打ちでも、その差を全く感じないくらいバチコーンな球の上がりなんですわ。これにはビックリです!! これだけしっかり球が上がると、コースでも安心して使えそうです。そういう意味で、より実戦的なFWだと思います。しかも、ガッツリ芯食ってます!! これ、メッチャ重要な要素。少なくともボクのスイングとの相性は良さそうでしたわ。GST-3Bの5球平均データは、HS40.7m/s、初速61.9m/s、飛距離221y、ミート率1.52で、ベストデータは写真の通り。

打感はマイルドだけどカッチリ感もあって、打ち抜き感が気持ちいいですね。音はちょっとパキッとした乾いた感じ。

弾道は文句なしの高弾道。ホントにしっかり球が上がるので、直打ちでも安心して打てると思います。スピン量は少なめだと思いますが、ドライバーほどロースピンではないイメージでした。

出球傾向は、ボクのスイングでいい感じのストレート系。ガッツリ芯を食うとサイドスピンも減るってことですかね。まぁ、この3Wは、今まで打ったFWの中でも屈指の実戦的モデルだと思いますわ!!

シャフトはドライバーと同じような感覚ですね。手元のしっかり感があってやや先が走る感じなので、あまりリストを使うよりは素直にボディターンのほうがより合いそうです。とはいえ、リストターンタイプのボクが打ってもいい感じなので、受け入れ間口が広いタイプかも!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sあたりにオススメです。性格的には、ドライバー同様オートマチック系だと思います。とにかく実戦的なFWなので、FWに苦手意識のある方は1度お試しください!

<ツアーエッジ「XCG-5」FW>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=超軽量チタン フェース=βチタン ソール=タングステンプレート
■ロフトバリエーション:3W=11.5度・13度・15度、4W=16.5度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):FUJIKURA BLUR EXOTICS65(S=65g/3.7、R=63g/3.9/中先調子、A=61g/4.5/先調子)。同55(L=52g/5.0/先調子)
■価格:1本4万6200円

(試打 - ツアーエッジ)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら