日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ46歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.8』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

霞ヶ関カンツリークラブ 前編

12年08月20日 [00時00分]

どーもです。

KASUMIGASAKI NO18.JPGどえりゃ~名門でプレーしてきました。埼玉県にある霞ヶ関カンツリークラブですが、日本におけるゴルフ黎明期からの歴史を誇る超名門です。なんで、そんなところでもプレーできたかというと、持つべきモノは人脈というか・・・。ボクの先輩がツアートーナメントを運営する会社にいまして、ある女子プロゴルファーのマネージメントも手がけています。今回、その女子プロゴルファーを囲んだ3組のラウンドが開催されたのですが、そこにアキがあるということで、参加させてもらったというわけです。というわけで、まさかの霞ヶ関CCラウンドレポなので、東京よみうりCC以来の全ホール写真アップでお届けします。

霞ヶ関CCは歴史ある東コースと、後年追加された西コースの36Hを有するコース。東コースは藤田鉄哉、赤星四郎の設計によって昭和4年10月に開設。翌年C.H.アリソンによる改修が行われ、東10番など後世に名を残す名物ホールが誕生したわけですね。西コースは昭和7年開設。その後戦争を経て、昭和27年9月に東コースを復旧、翌年西コースを井上誠一監修の元復旧が行われ、29年6月に36Hの復旧が完了。中村寅吉プロ・小野光一プロの団体優勝、中村寅吉プロの個人優勝でわいた昭和32年のカナダカップは東コースを舞台に開催され、その後日本オープンを2度(東・西コース)、日本女子オープンを1度(東コース)開催しています。

そんな歴史あるコースですが、その入り口の門からしてシンプルですが重みがあります。入場門をくぐると、スケールの大きさを感じさせる雰囲気をイヤでも感じます。ぶっちゃけ、もう雰囲気に飲まれている感じ! もう、とにかくスゴイ雰囲気で、「あれ、ここにボクがいていいのかな?」ってな感じで、初めてゴルフ場にきたときのような緊張感を味わいました。

今回プレーしたのは西コースですが、レギュラーティ使用でアウト3,215y、イン3,365yのトータル6,580y、コースレート「71.3」。実際のティは若干前後があって、アウト3,201y、イン3,333yの6,534yでした。スティンプ表示は9フィートでした。ボクがプレーした翌週が日本ジュニア開催とあって、「きっとラフがきついんだろうな・・・」ってな予想はしていましたが・・・!!

それから、ここ霞ヶ関では厳格なドレスコードがありまして、いわゆるアンダーウエアの重ね着はNG。アンダーアーマー愛用のボクとしては久し振りの日焼け止めを塗りたくってのラウンド。また原色もNGということで、ドライバーのオールホワイトに合わせて、全身白でプレーでしてみました!

さぁ、いよいよティオフ! インスタートで10番は495y軽く右ドッグレッグのロング。
KASUMIGASAKI NO10-1.JPG

某女子プロを始めプロやツアー従事者が見る中1組目でスタート。緊張のZLアンコール(以下白蛇)ティショットはほぼセンターに打ち出せて自分ではまずまずのショットでしたが、行ってみると左に突き抜けてラフ。残り245yはラフで3分の2ボールが沈んだ感じ。乗る距離では無いしラフなのでしっかり刻めばいいのに、舞い上がっていたのか手にしていたのは5W。しかも、「ラフに負けないように」なんて意識したせいで思い切り引っ掛けて左の林。
KASUMIGASAKI NO10-3.JPG

残り80y。砲台気味のグリーンで、低く行くとガードバンカー、上から行くには木が邪魔になる状況。「抜ければラッキー」と58度で上狙い。これがわずかにショートでバンカー。バンカーは薄めにと思ったらバンスが跳ねるミス。このバンカー、砂がメッチャ薄くて下が硬かったっす。2度目のバンカーショットも出ただけで、いきなりの6オン。そんなわけでピン手前4y(以下グリーン上、周りは歩測距離)から2パットで、トリプルボギースタート。

11番は171yショート。
KASUMIGASAKI NO11-1.JPG

#6のティショットはちょっと右で、これがまたガードバンカー。再びバンカーショットですが、これも出ただけ。バンカーで悪戦苦闘する姿を写真に収められていました(汗)
web.jpg

11yの寄せは52度で手前3yとビミョー。2パットで素ダボ。

完全に舞い上がっていますな・・・

12番は右直角に曲がる368yミドル。
KASUMIGASAKI NO12-1.JPG

狙いは正面松の左ですが、250~260yなら右狙いでショートカットも可能。ただし、右過ぎると池です。白蛇はいい感じなんです。狙い通り松の右でショートカット成功。しかもFWキープで残り100y。52度のショットがピン右4yにオン。軽いフックの読みはキャディさんと一致。でも、タッチがやや強めで抜けてしまい、バーディならず。2パットでやっとパーセーブ。

13番は左右にクリークが絡む494yロング。
KASUMIGASAKI NO13-1.JPG

狙いは正面に見える松の左。ここも白蛇は完璧。狙い通りの松の左で、残り235yのFWキープ。ここはFWだからメガ・ブラッシーもありですが、安全策で#7で80y残しの刻み。実際75y残りだったので、まずまず。そこから58度ショットはピン手前4yと突っ込み切れませんでしたが、2パットでパーセーブ。

14番は336yと距離が短い真っ直ぐなミドル。
KASUMIGASAKI NO14-1.JPG

白蛇はまずまずでしたが、わずかに左ラフ。これがまた3分の2ほど埋まっている感じ。残り95yから52度でしたが、ピンオーバーで カラーをこぼれたところでした。上から下りの11yをパターでOK位置に寄せて、無事1パットでパーセーブ。

やっと、落ち着いた感じかも!!

15番は539yロング。
KASUMIGASAKI NO15-1.JPG

白蛇はプッシュアウト気味で右のラフ。これがガッツリ沈んでいたので、PW度で1回出して残り195y。#4は当たりが薄く、グリーン手前18y。ファーストカットから52度の寄せでしたが、これがピン手前3yとまたビミョー。結局沈められずボギー。

続く16番は144yのショート。
KASUMIGASAKI NO16-1.JPG

左手前はバンカー、右は池で、池に向かって傾斜しているショート。#8はピン左6yとまずまず。下りのほぼ真っ直ぐラインでしたが、これが入ってくれてなんとバーディゲット!!

17番は371yミドル。
KASUMIGASAKI NO17-1.JPG

かなり広いですが、ホールが右に傾斜しているため、狙いはバンカーの右。ここも白蛇はいい感じにFWキープ。
KASUMIGASAKI NO17-2.JPG

これ何でもない状況に見えますが、実は結構な左足下がりのライでした。残り105yから52度のショットでしたが、かなり注意したにもかかわらずダフ気味のミス。結果、手前のバンカー。しかも、このバンカーショットが、またもや出ただけ。9yから52度のアプローチがタップイン位置で、1パットですがボギー。こういうの、もったいないですな・・・。

18番は425yミドル。
KASUMIGASAKI NO18-1.JPG

ここも白蛇をプッシュアウトしてしまい、右のバンカーの先でこんな感じ。
KASUMIGASAKI NO18-2.JPG

残りは170yだったので、#6で低めにと意識したのですが、これが

シャンク!!

右の木に当たって後退です!! 残り190yからは#4でしたが、当たりが薄くドショート。ピンまで28yを58度でしたが、これはピン手前6y。2パットで素ダボ。

西コースインですが、実はパー37。これを8オーバーで「45」、パットは「15」でした。井上誠一設計らしい空中ハザードと、砲台グリーンにガードバンカー。しかも、バンカーはことごとく砂が薄く下が硬いバンカー。ただでさえバンカーショットが苦手なのに・・・。前半は完全にバンカーにやられてしまいましたが、バンカーに入れちゃうマネージメントがアカンわけです。オマケにシャンクって・・・。

こういうコースに来ると、実力の無さを痛感させられます。そして、当然全部歩きなわけですが、普段カートに乗っていかに楽ラクなゴルフをしているかも反省させられますな・・・


<プチオフ会のお知らせ>

先日紹介した「バーディワークスクラブ新橋」にたむ。ぷろこと三浦プロと私KAZで、31日(金)夜遊びに行くことになりました。ということで、せっかくなので「プチオフ会でもできれば・・・」などと思っております。月末の金曜日なので、日程的に厳しい方が多いかもしれませんが、まぁ、ボクと三浦プロはおそらく午後7時~7時半くらいに行くつもりでいます!!

「遊びに行ってもいいかな!」という方は、ぜひ書き込みしてください。もちろん、途中参加も途中帰宅もありなので、お時間のある方は気軽にどうぞ!!

で、記憶が正しければ、閉店まで何時間いても3000円(1ドリンク付)でパターゲームも何度でもチャレンジできるはずですが、初めての方はこれが1000円だったと思います。つまり、ボクは3000円ですが、皆さんは1000円ポッキリ!! 

ただし、食事は出来ないので、参加される方はある程度お腹を満たしてからの参加をオススメします。

場所はこちらでご参照下さい。

(ラウンド - 埼玉県)

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら