日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


ゴルフ体験主義のイメージ画像

KAZ 69年1月19日生まれ45歳。身長173cm、体重83kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『9.6』。ヘッドスピード平均45m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata

ブリヂストン「ツアーステージXドライブGR(2012)」ドライバー

12年05月07日 [00時00分]

どーもです。

12BS X-DRIVE GR DRIVER MAIN.JPG今週はブリヂストンのニューモデル「ツアーステージXドライブGR」シリーズを紹介しましょう。先代の2010年モデルはメッチャ打ちやすく、ボク的にはかなりの好印象でした。気が付けば2年が経ち2012年モデルの登場です。ということで、シリーズ全モデルをガッツリ試打できましたので、まずはドライバーから紹介しましょう。


もう早速見た目から行きましょうね!

ソールデザインですが、先代は鮮やかな赤が大胆に使われていましたが、ニューモデルはワンポイント的に使われていますね。ウエートもソールネック側に加え、ソール後部にも追加されていました。
12BS X-DRIVE GR DRIVER SOLE.JPG

フェースは、写真でこうしてみるとセミディープっぽく見えますが、実際にはシャローです。トップラインの中央にふくらみがあるせいか、ちょっとディープっぽく見えるかもしれません。12年モデルは、スコアラインがしっかり刻まれましたね。
12BS X-DRIVE GR DRIVER FACE.JPG

ボディもシャローですが、決してシャローバックではないですよね。ミドルバックといった感じでしょうか? クラウンが、ややフラット気味に変更されています。
12BS X-DRIVE GR DRIVER SIDE.JPG

後姿です。ウエートがドーンと鎮座してます。
12BS X-DRIVE GR DRIVER BACK.JPG

構えてみるとこんな感じです。クラウンの投影面積が広めで、シャローヘッドならではの安心感が特徴的ですね。丸型ヘッド、フェースはわずかにフックです。
12BS X-DRIVE GR DRIVER TOP.JPG

12BS X-DRIVE GR FW SHAFT.JPG今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ツアーAD B12-03w」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角60度、長さ45.5インチ、総重量306g、バランスD2。ヘッド体積460cm³。シャフトスペックは、重量59g、トルク4.3、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールは2ピースボール使用です。

12BS X-DRIVE GR DRIVER DATE.JPG実際に打ってみると、かなり飛ぶイメージですね。GST-3Bを使い始めてから、飛距離表示的には最高数値の249yがでましたね! 実際、奥のネット230y表示よりも上部にライナー系の弾道で突き刺さるようなイメージでした。しかも、決して振っているわけではなく、HS的にもほぼいつもと一緒です。見た目でも初速が速いのがわかりますが、データ的にも初速が速いですね!! 球の上がりは、先代よりもちょっと抑えられているイメージで、よりライナー弾道が打てるようなイメージですね。GST-3Bの5球平均データは、HS45.1m/s、初速66.6m/s、飛距離241y、ミート率1.47で、ベストボールは写真の通りです。

打感は、柔らかめですがやや弾き感もある感じですかね。音はごく普通な音だと思います。

弾道は、高めの中弾道。先代は文句なしの高弾道だったのを記憶していますが、ニューモデルは、球は上がるけど上がり過ぎない感じで、よりライナー性の弾道です。いわゆるロースピンの強弾道モデル。そういう意味で、若干アスリートチックな性格になっているかもしれませんね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでもいい感じのストレート系です。ロースピンの影響か、曲がりが少ないのはうれしいですね。

シャフトですが、ボク的には中間から先がしなるイメージだけど、それでも素直にしなるイメージですね。柔らかすぎず、硬すぎず、適度にトルクもあって、なかなかいい感じのシャフトだと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sあたりが合いそうな印象です。先代に比較すると、ややアスリート志向が強くなったようなテーストも感じます。いわゆる払い打ちタイプでも、使えないことはないと思いますが、ボク的にはある程度パワーがあってしっかり振り抜けるタイプにおススメしたいモデルですね。

<ブリヂストン「ツアーステージXドライブGR」ドライバー>
■KAZ'sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ソール+ホーゼル=純チタン+ステンレスネジ、フェース=6AL-4Vチタン、クラウン=3AL-2.5Vチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):ツアーAD B12-3w(S=59g/4.3、SR=55g/4.8、R=51g/5.3/中調子)。FUBUKI K60(X=66g/3.6、S=63g/3.7、R=61g/3.8/中元調子)
■価格:ツアーAD B12-03w装着モデル1本6万900円。FUBUKI K60装着モデル1本7万6650円。
※左用あり

(試打 - ブリヂストン)

このコラム記事には全0件の日記があります。

コメント(6)

レフティにも待望のGRが登場したので、ドライバーとFW3本に加えて、UTもFWと使い分ける目的で2本購入しました。

9.5ではHS43程度は純正シャフトでも高打ち出しは厳しいです。シャフトの長さに慣れていない事もありますが。

FWとUTはマレージングぽくない柔らかさと弾き感がうまうブレンドされた打感でいいです。球がよく上がりますね。

今回のシリーズで出来が一番良かったのはUTだと思います。

ひでさん
どーもです。
ぶっちゃけ、リアルロフトは11度ぐらいありそうですよね!! でも、リアルロフトが9.5度だと結構球上がりませんからね(汗) 

今回GR、ボクの印象では全体的に「飛ぶな!」といった印象が強いですね。

KAZさん、こんばんは。
Xドライブ701アイアン使用していたのですが、GR2012を買ってみました。楽に打てますね。
ドライバーもGR買ってみようかと。KAZさんのレポではとにかく飛びと安定感はありそうですね。

匿名さん
どーもです。
GRドライバー、いいともいますよ!! アイアンをGRにしているのなら、なおさらありだと思います。ちなみにですが、GST-3Bデータでは、ボクのスイングではデータを取り始めて最も飛んでいましたよ!!

KAZさん、昨日は名前も入れずに書きこみ失礼しました。書き込んでからあっと気付いたもので・・・。
KAZさんのスイングで最も飛んでいたドライバーですか。
ライナー性の弾道で曲がりも少なくいい感じのストレートボール。
オリジナルシャフトをワッグルしてみると少々柔らかって(試打もせず)おもったのですが、小生、172cm、71kg、平均HS43、KAZさんほどのパワーはないので、KAZさんがオリジナルシャフトで打たれていい感じであれば自分にはきっとオリジナルシャフトで十分なのかなと。
これはもう買うしかないですね。

俊太さん
どーもです。
デジタルは送信してしまうとどうにもならないですからね・・・!! 再度書き込みありがとうございます。

このオリジナルシャフトは、かなり使い勝手がいいと思いますよ! 可能であれば、鳥カゴでもいいから1度試打してみてください!! 

コメントする

ゴルフ体験主義の最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら