日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集



  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 日程&結果
  5. イベント日程
  6. ブルベ日程
  7. コラム
  8. ブログ新着記事

2010年4月22日

子供たちの頑張りに癒された「もてぎ」

 F1テレビ解説に復帰したこの週末は、自転車でも忙しい土日でした。TVなどの仕事や自分の自転車のスケジュールでカレンダーが埋まり始め、少しずつ元のような生活に戻りつつあります。そのことで、前に進む気持ちも強くなってきました。

 さて、その週末の出来事ですが、今週も僕は「ツインリンクもてぎ」に行っていました。先週は2日連続のレースでしたが、今回はレースではなく子供向けの自転車スクール。日ごろお世話になっている、宇都宮ブリッツェンさんつながりでレースのスターターやコーチ役みたいなお手伝いで、小さな子供達と自転車を楽しんできました。

ukyo100422_01.jpg
自転車スクールにて。中央はブラッキー中島さん、右は宇都宮ブリッツェンの廣瀬選手

 この自転車スクール。かなり趣向が凝らしてあって、普通にコースを走るのではなく、パイロンをぬって走ったり、1本橋を上手くバランスを取りながら渡ったりで、自転車を身体で感じるような内容。子供達は真剣な顔でひとつひとつの課題にチャレンジして、失敗したらもう一度、またダメならもう一度とあきらめないで頑張っていました。

 中でも面白かったのは、「ストライダー」というペダルなし自転車でのレース。今まであまり知らなかったのですが、ペダルが無いのでバランスを取ることだけに集中でき、小さな子供でも簡単に乗れるのです。

 どうやって走るかというと、地面を蹴るだけ。無茶苦茶シンプル。その「ストライダー」で、2歳から5歳までのちびっ子がレースをするわけです。よく考えると、それこそやっと歩き始めたくらいの子が、いきなり自転車レースです。

ukyo100422_02.jpg

 ところが、これがちゃんとレースになるのです。でも、やっぱり怖いのか、なかなかグリッドにつかない子も。やっと周囲から促されてスタートしたものの、今度は転倒して半ベソ。「これは続けられないかな?」と思ったら、「涙を拭いてくれないと前が見えない!」とお父さんに涙を拭かせて再スタート。その光景が感動的というか、微笑ましく感じて幸せな気持ちになりました。表彰式でも「好きな食べ物は?」と聞かれて「りごん」。ンっ? りごん? 実は「りんご」のこと。そんなちびっ子が頑張る姿に癒されました。

ukyo100422_03.jpg
表彰式

 参加した子供達全員が、自転車競技の選手になるわけではないでしょうが、真剣に何かに取組むことや、バランス感覚を磨くきっかけになるのは良いです。ちょっと僕のチャレンジスクールに主旨が似ているところもあって、これからも参加したいと思いました。


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

片山右京のバイシクル・マインド
片山右京(かたやま・うきょう)
 1963年(昭38)5月29日、東京生まれ。元F1ドライバー。91年、F1のラルースチーム(のちに会社名をヴェンチュリ・ランボルギーニに改める)と契約、92年、南アフリカGPでF1デビュー。93年からティレルに所属。94年3月、ブラジルGPで5位に入り、F1参戦3年目にして初入賞。この間の92年6月、「ル・マン24時間レース」にトヨタ車で出場もリタイア。96年12月、ミナルディに移籍したが、97年限りで引退を表明。F1通算95戦、最高成績は5位2回。その後はルマン24時間レース、全日本GT選手権、パリ・ダカール・ラリーに参戦。登山家としても活動、06年に世界第8位のマナスル(8163m)の登頂に成功するなど、8000メートル級の山14座を制覇することを目指している。登山のトレーニングで始めた自転車は同年、シマノもてぎレースの2時間エンデューロ2人クラスで4位。また07年にはエタップ・デュ・ツールを日本人トップで完走するほどのめりこんでいる。165センチ、56キロ。

最近のエントリー



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 自転車
  4. コラム
  5. 片山右京のバイシクル・マインド

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです