日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 往路速報
  4. 復路速報
  5. 成績
  6. 出場校一覧&紹介
  7. 歴代優勝校
  8. コース紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • Evernoteにクリップする

復路速報

第89回箱根駅伝の復路結果一覧

10区

f-ishi130113_hakone13.jpg

(写真・総合優勝を決め、ゴール後ガッツポーズする日体大・谷永雄一(共同))

23・1キロ
 日体大・谷永がトップでゴールテープを切り、30年ぶり10度目の総合優勝を果たした。
19キロ
 日体大・谷永が快調なペースでゴールに向かう。

f-ishi130113_hakone05.jpg

(写真・日比谷公園前、10区を走る日体大・谷永)

f-ishi130113_hakone03.jpg

(写真・日比谷公園前、10区で4、5位争いを繰り広げる帝京大と早大)

f-ishi130113_hakone06.jpg

(写真・日比谷公園前、10区を走る駒大・後藤田)

f-ishi130113_hakone07.jpg

(写真・日比谷公園前、10区を走る青学大・出岐)

f-ishi130113_hakone08.jpg

(写真・日比谷公園前、10区を走る法大・高梨)

f-ishi130113_hakone10.jpg

(写真・日比谷公園前、10区を走る中央学院大・山田)

13hakone_20kanagawa.jpg

(写真・日比谷公園前、10区を走る神奈川大・井上)

13hakone_21yamanasi.jpg

(写真・日比谷公園前、10区を走る山梨学院大・福沢)

13hakone_22jyosai.jpg

(写真・日比谷公園前、10区を走る城西大・二平)

14キロ
 新八ツ山橋付近。日体大と東洋大の差は4分5秒に開く。10位中央学院大を46秒差で山梨学院大が追っている。
9キロ
 法大・高梨が青学大・出岐を抜き8位浮上。前回2区区間賞の出岐はスピードが上がらず苦しい走り。
3キロ
 日体大・谷永は9分8秒で通過。

9区

23・2キロ
 日体大・矢野が首位を守ってアンカーの谷永にタスキリレー。3分48秒差で2位東洋大。6分24秒遅れて3位駒大。明大・松井は6位で倒れ込みながらタスキリレー。
21・5キロ
 明大・松井が急ブレーキ。駒大に抜かれ4位後退。
20キロ
 強い日差しがランナーに降り注ぐ。日体大・矢野は1時間00分38秒で通過。
15キロ
 横浜駅前。日体大・矢野が落ち着いた走りで通過。3分15秒差で2位東洋大。3分54秒差で3位明大。6分27秒差で4位早大。そこから13秒遅れて5位早大。
11・1キロ
 駒大・上野が4位の早大・田中に並ぶ。
10キロ
 日体大・矢野は30分5秒で通過。
9・1キロ
 権太坂付近。駒大・上野が4位早大を射程にとらえ始める。
5キロ
 日体大・矢野は14分55秒で通過。帝京大と駒大が激しい5位争い。

8区

21・5キロ
 日体大が首位を守ってタスキリレー。高柳のタイムは1時間7分3秒。3分12秒遅れて2位東洋大。そこから40秒遅れて3位明大。10位には中央学院大が浮上。
20キロ
 日体大・高柳は1時間2分4秒で通過。
19キロ
 日体大・高柳は安定した走りで首位を独走。
15・7キロ
 明大・横手が東洋大・大津を突き放したが、すぐに抜き返された。
15キロ
 日体大・高柳は45分46秒で通過。東洋大と明大は依然デッドヒート。10位学連選抜と11位中央学院大との差が41秒に縮まる。
13・5キロ
 明大・横手が東洋大・大津に並ぶ。激しい2位争い。
10キロ
 日体大・高柳は30分16秒で通過。東洋大大津は30分17秒で差は縮まらず。
9キロ
 日体大・高柳は27分18秒で通過。
6・9キロ
 茅ケ崎。2位東洋大・大津が2分42秒遅れで通過。シード争い。10位学連選抜と11位中央学院大との差は53秒。
2キロ
 日体大・高柳は5分53秒で通過。

7区

21・3キロ
 日体大・高田が終始安定した走りでトップを守って8区の高柳へタスキリレー。2分51秒遅れて2位東洋大、3分17秒遅れて3位明大。早大は4分51秒遅れて4位。6分19秒遅れて5位駒大。
15キロ
 日体大・高田は45分35秒で通過。
10キロ
 日体大・高田は30分19秒で通過。東洋大・高久は30分07秒で通過。その差を縮めている。
3・8キロ
 駒大・久我が法大を抜き5位浮上。
3キロ
 日体大・高田は9分03秒で通過。
1キロ
 日体大・高田の通過タイムは2分55秒。

f-ishi130113_hakone02.jpg

(写真・日体大6区鈴木(左)はトップで、7区高田にたすきを渡す(撮影・山崎安昭))

f-ishi130113_hakone01.jpg

(写真・東洋大6区市川(左)は鬼の形相で、7区高久にたすきをつなぐ(撮影・山崎安昭))

6区

20・8キロ
 日体大・鈴木がトップを守りタスキリレー。2分22秒差で2位東洋大。3分08秒差で3位明大、3分20秒差で4位早大。駒大が6位浮上。
19・6キロ
 駒大が帝京大を抜き6位浮上。
19・5キロ
 明大が早大を抜き3位浮上。
17・1キロ
 函嶺洞門付近。2位東洋大は2分24秒遅れで通過。その43秒後に3位明大。
15キロ
 日体大・鈴木は42分59秒で通過。
13・1キロ
 大平台のヘアピンカーブ。1位日体大。2分19秒遅れて2位東洋大。飛ばしているのは4位明大の広瀬。区間記録より17秒速いペースで通過。
9キロ
 小涌園付近。日体大・鈴木は27分07秒で通過。2分15秒遅れで2位東洋大、2分49秒遅れで3位早大。
5キロ
 芦の湯付近。日体大・鈴木の通過タイムは16分42秒。2分9秒差で2位東洋大。スタート地点から約30秒縮めた。3位は早大。
3キロ
 日体大・鈴木の通過タイムは9分51秒。
2キロ
 東洋大・市川が早大・相原を突き放し単独2位に。
1キロ
 日体大・鈴木の通過タイムは2分55秒とまずまず。2位早大に4秒遅れでスタートした3位東洋大が早くも並ぶ。
スタート地点
 芦ノ湖の天気は晴れ。気温は2度。往路1位の日体大・鈴木が午前8時にスタート。2分35秒差で2位早大・相原がスタート。10分後、14位の国学院大以下が一斉スタート。

[an error occurred while processing this directive]



日刊スポーツの購読申し込みはこちら