日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 往路速報
  4. 復路速報
  5. 成績
  6. 出場校一覧&紹介
  7. 歴代優勝校
  8. コース紹介
  9. 紙面連載
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • Evernoteにクリップする
  • share on Tumblr

往路速報

第88回箱根駅伝の往路結果一覧

5区

<5区 終点>

2012hakone_fukuro01.jpg
(写真・山上りの5区で自身の区間記録を更新する1時間16分39秒をマーク、往路優勝を果たした東洋大の柏原竜二)

 東洋大・柏原が区間新の快走。5時間24分45秒の新記録で4年連続の往路優勝を果たした。

<5区 21・2キロ>
 元箱根のチェックポイント。東洋大・柏原は依然区間新ペースの力走。

f-ishi120102hakone11.jpg
(写真・気合の表情で箱根駅伝最高地点を通過する東洋大・柏原)

<5区 18・2キロ>
 芦之湯のチェックポイント。東洋大・柏原は再びペースを上げる。自身の持つ記録を10秒以上上回るペースで通過。

<5区 14・2キロ>
 小涌園前のチェックポイント。東洋大・柏原はややペースダウンも2位早大との差は3分59秒差に。3位は明大。4位駒大の順。

<5区 9・4キロ>
 大平台のチェックポイント。東洋大・柏原は29分34秒で通過。自身の区間記録を上回る快調なペースだ。3分14秒差で2位明大と早大。

<5区 5キロ>
 箱根湯本のチェックポイント。東洋大・柏原は15分5秒で通過。2位早大との差を2分12秒に広げる。力強い走りだ。

f-ishi120102hakone08.jpg
(写真・5区先頭を走る東洋大柏原)

f-ishi120102hakone09.jpg
(写真・東海大、中大、青学大の競り合い)

f-ishi120102hakone10.jpg
(写真・昨年10区でコースを間違えた国学院大寺田は今年は山上りに挑戦)

4区

<4区 終点>
 東洋大が1位で5区の柏原にタスキリレー。1分54秒差で2位早大。3位は2分26秒遅れて明大。そこから1秒差で4位駒大。5位城西大、6位中大、7位青学大、8位東海大、9位山梨学院大、10位が日体大。

<4区 15・4キロ>
 酒匂橋のチェックポイント。東洋大の1年生、田口が区間新も狙えるペースで通過。2位早大との差はさらに開き1分40秒差に。3位明大、4位駒大、5位城西大、6位中大、7位青学大、8位東海大。

<4区 9キロ>
 二宮のチェックポイント。1位は東洋大・田口。快調なペースで飛ばし2位早大との差を1分17秒に広げた。3位に中大が浮上。4位青学大。駒大は2分32秒遅れの5位で通過。

3区

<3区 終点>
 東洋大・山本が1位でタスキリレー。1分3秒遅れて2位早大。3位は1分41秒遅れて青学大、4位は東海大、5位は中大。駒大は2分13秒差の6位と遅れた。山梨学院大はコスマスが区間新記録の走りで9位浮上。

<3区 18・2キロ>
 湘南大橋のチェックポイント。1位東洋大。42秒遅れて2位早大。3位青学大。4位駒大は1分49秒遅れ。リードが広がってしまった。

<3区 14・4キロ>
 茅ケ崎のチェックポイント。1位は東洋大。13秒遅れて2位早大が通過。3位青学大。1分32秒遅れて4位駒大。

<3区 12・3キロ>
 東洋大・山本がやや前に出る。

<3区 6キロ>
 東洋大・山本が早大・矢沢を抜き返す。激しいデッドヒートに。

<3区 5・1キロ>
 遊行寺坂のチェックポイント。早大・矢沢が東洋大・山本を一気に抜き去り再びトップに立つ。hakone3ku-waseda.JPG
(写真・3区スタート直後の早大・矢沢)

hakone3ku-nittai.JPG
(写真・3区スタート直後の駒大・油布、日体大・矢野、東海大・刀祢、明大・石間)

hakone3ku-tokai.JPG
(写真・3区スタート直後の東海大・刀祢、明大・石間)

2区

<2区 終点>
 東洋大・設楽が1位でタスキリレー。12秒差で2位早大。さらに6秒遅れて3位青学大。4位日体大、5位駒大、6位明大、7位東海大、8位中大。

f-ishi120102hakone07.jpg
(写真・戸塚中継所で東洋大2区の設楽(左)は1位で3区の山本にタスキを渡す)

f-ishi120102hakone06.jpg
(写真・戸塚中継所で青学大2区の出岐(中央)は区間賞で走り3区の福田(手前)にタスキを渡した後、アスファルトに倒れ込む)

<2区 19・6キロ>
 東洋大・設楽が早大・平賀を突き放しついにトップに立つ。

<2区 19・2キロ>
 東洋大・設楽が早大・平賀に並ぶ。

<2区 17キロ>
 トップを快走していた早大・平賀が脇腹を押さえ始めペースダウン。

<2区 15・2キロ>
 権太坂のチェックポイント。1位は早大。56秒遅れて2位集団は駒大、城西大、東洋大、青学大、日体大、明大。やや遅れて東海大。

<2区 8・2キロ>
 横浜駅前のチェックポイント。1位早大。50秒遅れで2位集団(駒大、東洋大、城西大、日体大)。早大・平賀がリードを広げている。

f-ishi120102hakone03.jpg
(写真・2区新子安駅前を走る早大・平賀)

f-ishi120102hakone04.jpg
(写真・2区新子安駅前を走る2位集団)

f-ishi120102hakone05.jpg
(写真・2区新子安駅前を走る東海大・村沢と学連選抜の日大・佐藤)

<2区 5キロ>
 早大・平賀が安定した走りで首位をキープ。11位でタスキを受けた東海大のエース村沢が順位を上げている。

1区

<1区 終点>
 早大・大迫が1位でリレー。区間新には及ばなかったが1時間2分03秒で2年連続で区間賞。23秒遅れで2位日体大、1秒遅れで3位駒大。

<1区 20キロ>
 早大・大迫は57分54秒でトップ通過。ややペースが落ちたが2位日体大を大きくリード。

<1区 15・2キロ>
 蒲田のチェックポイント。トップの早大は43分41秒。17秒遅れで2位日体大。35秒遅れで3位集団の駒大、城西大、上武大、明大、東洋大など。

<1区 14キロ>
 3位集団は駒大・攪上が先頭に。

<1区 11・7キロ>
 早大・大迫が日体大・服部を振り切り10メートル以上の差を付け始めた。早大・単独トップ。

<1区 10キロ>
 早大と日体大が28分31秒で通過。3位集団は31秒遅れで通過。

<1区 7キロ>
 先頭は早大、日体大。10秒遅れて3位グループ。

<1区 5・4キロ>
 早大・大迫が出る。日体大・服部がピタリとマーク。3位以下とは10メートルの差。

<1区 5キロ>
 早大・大迫が前に出る。通過タイムは14分17秒。 

<1区 1キロ>
 早大・大迫が集団を引っ張る。2分50秒で通過。

f-ishi120102hakone01.jpg
(写真・スタート直後の丸の内警察前)

<1区 スタート>
 午前8時、20人のランナーがスタート。

f-ishi120102hakone02.jpg
(写真・東京箱根間往復大学駅伝で、一斉にスタートする選手たち=共同)

<1区 スタート地点>
 東京・大手町の天気は曇り。時折小雨がパラついている。

[an error occurred while processing this directive]



日刊スポーツの購読申し込みはこちら