日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


データマン野口の陸上記録のアレコレのイメージ画像

野口純正(のぐち・よしまさ) 兵庫県淡路島生まれ。小学校5年生の時から陸上競技やその記録に興味を持ち始め、以来、陸上競技ひと筋の人生を送る。陸上競技マガジン元編集長。国際陸上競技統計者協会(ATFS)会員。日本オリンピック委員会・専任情報・科学スタッフ(陸上競技担当)。日本陸連では競技運営委員会競技部委員(記録担当)と長距離・ロード特別対策委員会委員を務めるほか、大阪世界選手権・国際グランプリ大阪大会・日本選手権・スーパー陸上では競技場内ミニFM放送の解説を担当。世界的にも高く評価されている記録に関する知識や分析能力だけでなく、陸上競技全般に豊富な見識をもつ。現在、東京学芸大学中長距離ブロックコーチ。当人いわく「10年ほど前までヘッポコ長距離選手」でもあった。

ナンバーワンの姉妹は?

11年6月28日 [11:50]

 今回は、「姉妹ランキング」です。トップは、一卵性双生児の大南博美・敬美姉妹です。

 男子と同様に長距離、マラソン陣がほとんどですが、競歩の三森由佳・理恵姉妹が5位に入っています。2歳違いの三森姉妹は、日本記録変遷史に2人で合計14回もその名前を残しています。1万メートル競歩では1997年に姉が出した記録を98年に妹が破り、20キロ競歩では98年9月の姉の記録を1カ月ちょっと後に妹が更新し、さらにその3カ月後には姉が再び破るという姉妹でのバトルを繰り広げました。

 また、10位にランクインしている岡本久美子・由美子姉妹も姉は中距離で、妹は長距離で活躍したという同じ種目ではない組み合わせです。

表.姉妹ランキング日本歴代10傑(2011年3月20日判明分まで)
・「国際陸連採点表・2011年版」による
・元資料は江本義信氏提供
 1)2393点
  ・姉/大南 博美 マラソン     2・23・26  04年 1198点
  ・妹/大南 敬美 マラソン     2・23・43  02年 1195点
 2)2357点
  ・姉/尾崎 朱美 マラソン     2・27・23  09年 1159点
  ・妹/尾崎 好美 マラソン     2・23・30  08年 1198点
 3)2312点
  ・姉/小川 清美 マラソン     2・26・02  05年 1172点
  ・妹/小川美智子 1万m      31・59・18 05年 1140点
 4)2302点
  ・姉/宮内 洋子 1万m      31・50・45 07年 1148点
  ・妹/宮内 宏子 1万m      31・42・86 08年 1154点
 5)2299点
  ・姉/三森 由佳 10キロ競歩   44・05    96年 1145点
  ・妹/三森 理恵 10キロ競歩   43・45    98年 1154点
 6)2274点
  ・姉/大山 美樹 マラソン     2・26・55  05年 1163点
  ・妹/大山 香織 1万m      32・32・42 05年 1111点
 7)2260点
  ・姉/真鍋 裕子 1万m      32・07・58 00年 1132点
  ・妹/真鍋 陽子 1万m      32・12・74 01年 1128点
 7)2260点
  ・姉/川島亜希子 5000m    15・22・70 01年 1119点
  ・妹/川島真喜子 1万m      31・57・76 03年 1141点
 9)2250点
  ・姉/森垣 敦子 1万m      31・58・77 97年 1140点
  ・妹/森垣 智子 1万m      32・32・7  95年 1110点
10)2226点
  ・姉/岡本久美子 1500m    4・13・14  97年 1102点
  ・妹/岡本由美子 1万m      32・17・59 05年 1124点

このコラム記事には全0件の日記があります。

データマン野口の陸上記録のアレコレの最新記事





日刊スポーツの購読申し込みはこちら