日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. トップ
  2. 関連ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 日程&結果
  5. メダル
  6. 金の卵たち

23日の主な結果

◆陸上
▽男子1500メートル
(1)ムハンマド・シャウィーン(サウジアラビア)3分36秒49
(2)モラディ(イラン)3分37秒09
(3)アリ(バーレーン)3分38秒39
(9)村上康則(富士通)3分46秒14
 
▽男子3000メートル障害
(1)タレク・ムバラク・タヘル(バーレーン)8分25秒89
(2)アリ(カタール)8分26秒27
(3)アムリ(サウジアラビア)8分30秒96
(5)武田毅(スズキ浜松AC)8分41秒26
 
▽男子走り高跳び
(1)ムタズ・エサ・バルシム(カタール)2.27メートル
(2)高張 広海(日立ICT)2.23メートル
(3)マンナ(カタール)2.19メートル
(3)黄海強(中国)2.19メートル
(3)チクノフ(カザフスタン)2.19メートル
 
▽女子七種競技
(1)ユリア・タラソワ(ウズベキスタン)5783点
(2)中田 有紀(日本保育サービス)5606点
(3)グダンダ(インド)5415点
 
▽女子走り幅跳び
(1)鄭順玉韓国6.53メートル
(2)ルイパコワ(カザフスタン)6.50メートル
(3)タラソワ(ウズベキスタン)6.49メートル
(5)井村久美子(アイディアメンタルTC)6.37メートル
(8)桝見咲智子(九電工)6.11メートル
 
▽女子1500メートル
(1)マリアム・ジャマル(バーレーン)4分8秒22
(2)チュオン(ベトナム)4分9秒58
(3)ゲブレゲオルゲス(バーレーン)4分10秒42
(6)吉川美香(パナソニック)4分16秒42
 
▽女子20キロ競歩
(1)劉虹(中国)1時間30分6秒
(2)渕瀬真寿美(大塚製薬)1時間30分34秒
(3)李燕飛(中国)1時間32分34秒
(4)川崎真裕美(富士通)1時間35分13秒
 
▽女子円盤投げ 
(1)李艶鳳(中国)66.18メートル
(2)宋愛民(中国)64.04メートル
(3)ポーニア(インド)61.94メートル
(6)室伏由佳(ミズノ)50.28メートル
 
▽男子400メートルリレー予選(2組3着までと4着以下の2チームが決勝へ)
「2組」
(5)日本(江里口、高平、安孫子、藤光)47秒14=落選
▽男子1600メートルリレー予選(2組3着までと4着以下の2チームが決勝へ)
「2組」
(1)日本(石塚、広瀬、河北、金丸)3分6秒53=決勝進出
▽女子400メートルリレー予選
「2組」
(1)日本(渡辺、高橋、佐野、寺田)44秒73=決勝進出
 
◆飛び込み
▽女子シンクロ高飛び込み決勝
(1)陳若琳、汪皓(中国)360.06点
(2)ロン、パンデレラ(マレーシア)311.94点
(3)チェ・クムヒ、キム・ウンヒャン(北朝鮮)284.64点
(4)浅田梨紗、辰巳楓佳(JSS宝塚)281.43点
 
▽男子シンクロ板飛び込み決勝
(1)羅玉通、秦凱(中国)459.60点
(2)ロマス、イェオ(マレーシア)404.85点
(3)朴智浩、孫成哲(韓国)388.26点
(4)岡本優(筑波大)坂井丞(神奈川・麻布大渕野辺高)377.70点
 
◆フェンシング
▽男子フルーレ団体決勝
中国
[45-35]
日本(太田、淡路、福田)
 
▽女子エペ団体決勝
日本(池田、下大川、中野)
[36-29]
中国
 
◆レスリング
▽男子フリースタイル60キロ級決勝
ガンゾリグ(モンゴル)
[フォール3P]
小田裕之(国士舘大)
 
▽男子フリースタイル55キロ級3位決定戦
稲葉泰弘(警視庁)
[2-0]
ダミディンバザル(モンゴル)
 
▽男子グレコローマンスタイル120キロ級1回戦
ダラル(インド)
[2-1]
新庄寛和(自衛隊)
 
◆ハンドボール
▽男子準決勝
イラン
[30-29]
日本
 
◆ソフトボール
▽1次リーグ
日本
[2-1]
中国

▽1次リーグ順位
(1)台湾5勝
(2)日本4勝1敗
(3)中国3勝2敗
(4)韓国2勝3敗
(5)フィリピン1勝4敗
(6)タイ5敗
 
◆ラグビー
▽男子7人制決勝
日本
[28-21]
香港
 
▽女子7人制準々決勝
香港
[19-14]
日本
 
◆水球
▽準々決勝
日本
[25-3]
シンガポール
 
◆ホッケー
▽男子5~8位決定予備戦
日本
[13-1]
オマーン
 
◆自転車
▽女子個人ロードレース(100キロ)
(1)蕭美玉(台湾)2時間47分46秒124
(2)トリクスマ(インドネシア)
(3)趙娜(中国)
(4)萩原麻由子(サイクルベースあさひ)
(16)西加南子(ルミナリア)
 
◆スカッシュ
▽女子団体1次リーグA組
(3)日本 2敗=1次リーグ敗退
 
◆アーチェリー
▽個人準々決勝
クォン・ウンシル(北朝鮮)
[6-2]
松下紗耶未(ミキハウス)
 
◆女子近代五種
(1)ビョウイカ(中国)5240点
(2)呉厳厳(中国)4952点
(3)梁水真(韓国)4876点
(6)黒須成美(フリー)4704点
(12)昔ひとみ(自衛隊)4044点




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. アジア大会2010
  4. 日程&結果

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです