日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. トップ
  2. 関連ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 日程&結果
  5. メダル
  6. 金の卵たち

14日の主な結果

◆競泳
▽男子200メートル自由形
(1)朴泰桓(韓国)1分44秒80
(2)孫楊(中国)1分46秒25
(3)松田丈志(コスモス薬品)1分47秒73
(5)小堀勇気(能美SC)1分48秒15
 
▽男子50メートル平泳ぎ
(1)謝智(中国)27秒80
(2)立石諒(NECグリーン)27秒86
(3)李夏延(中国)27秒89
(4)北島康介(日本コカ・コーラ)28秒15
 
▽男子100メートルバタフライ
(1)周嘉威(中国)51秒83
(2)藤井拓郎(コナミ)51秒85
(3)呉鵬(中国)52秒72
(4)岸田真幸(キングソフト)52秒93
 
▽女子200メートル背泳ぎ
(1)趙菁(中国)2分6秒46
(2)酒井志穂(ブリヂストン)2分7秒81
(3)寺川綾(ミズノ)2分9秒72
 
▽女子400メートル個人メドレー
(1)葉詩文(中国)4分33秒79
(2)李玄旭(中国)4分38秒05
(3)程■容(台湾)4分41秒55
(4)藤野舞子(FBインター)4分42秒31
(5)加藤和(山梨学院大)4分46秒02
※■は王に宛
 
▽女子400メートルリレー
(1)中国3分36秒88
(2)日本(上田、松本、萩原、伊藤)3分37秒90=日本新
(3)香港3分43秒17
 
◆卓球
▽男子団体準々決勝
日本
[3-1]
インド
 
▽女子団体準々決勝
シンガポール
[3-2]
日本
 
◆テニス
▽男子団体準々決勝
日本
[2-1]
中国
 
▽女子団体準々決勝
日本
[3-2]
ネパール
 
◆ソフトテニス
▽女子団体決勝
日本
[2-1]
台湾
 
▽男子団体決勝
台湾
[2-1]
日本
 
◆バレーボール
男子1次リーグD組
日本
[3-0]
ミャンマー
 
◆ハンドボール
▽男子1次リーグA組
日本
[64-14]
モンゴル
 
◆バドミントン
▽男子団体準々決勝
韓国
[3-1]
日本
 
◆ホッケー
▽女子1次リーグ
日本
[4-2]
マレーシア
 
◆体操
▽女子団体総合決勝
(1)中国 234.150
(2)日本 223.250
(3)ウズベキスタン 207.950
 
◆重量挙げ
▽女子53キロ級
(1)李萍(中国)230キロ=世界新
(2)チンシャンロ(カザフスタン)219キロ
(3)プラパワデ(タイ)215キロ
(7)三宅宏実(いちご)190キロ(85、105)
 
◆自転車
▽男子チームスプリント決勝
(1)中国 44秒429
(2)日本(成田、新田、渡辺) 44秒633
 
◆柔道
▽男子81キロ級3位決定戦
高松正裕(神奈川・桐蔭学園高教)
[反則勝ち 45秒]
オトゴンバートル(モンゴル)
 
▽男子90キロ級決勝
小野卓志(了徳寺学園職)
[大内刈り 29秒]
チョリエフ(ウズベキスタン)
 
▽女子63キロ級決勝
上野順恵(三井住友海上)
[崩れけさ固め 2分14秒]
王沁芳(台湾)
 
▽女子70キロ級3位決定戦
陳飛(中国)
[優勢]
渡辺美奈(コマツ)
 
◆射撃
▽男子10メートルエアピストル個人(60発、決勝10発)
(1)李大明(韓国)685.8点
(2)譚宗亮(中国)684.5点
(3)クマール(インド)680.4点
(13)松田知幸(神奈川県警)577点
(16)堀水宏次郎(香川県警)575点
(22)小林晋(岡山県警)572点
 
▽男子10メートルエアピストル団体
(1)韓国1746点
(2)中国1743点
(3)日本(松田、堀水、小林)1724点
 
▽女子10メートルエアピストル個人(40発、決勝10発)
(1)金閏美(韓国)483.3点
(2)孫■(中国)481.7点
(3)チョ・ヨンスク(北朝鮮)480.2点
(15)佐藤絹子(警視庁)379点
(31)森ゆかり(埼玉県協会)372点
(32)稲田容子(YOKO・INADAスポーツ射撃ク)372点
※■は王に其
 
▽女子エアピストル団体
(1)韓国 1141点
(2)インド 1140点
(3)中国 1139点
(8)日本(佐藤、稲田、森)1123点
 
◆カヌー
▽男子スラローム・カナディアンシングル決勝
(1)滕志強(中国)92.53点
(2)羽根田卓也(羽根田事務所)95.06点
(3)陳芳佳(中国)99.92点
 
▽男子スラローム・カヤックシングル決勝
(1)黄存光(中国)88.15点
(2)矢沢一輝(駿河台大)89.83点
(3)■錦彬(中国)90.57点
※■は冫に先
 
◆セーリング
▽男子470級第2レースまでの成績
(1)日本(原田、吉田)2点
 
▽男子オプティミスト級第2レースまでの成績
(5)岡田奎樹(大分・碩田中)9点
 
◆トライアスロン
▽男子(51.5キロ=スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)
(1)細田雄一(グリーンタワー・稲毛インター)1時間52分15秒56
   (スイム19分4秒、バイク1時間0分4秒、ラン31分25秒)
(2)山本良介(トヨタ車体)1時間52分41秒49
   (19分2秒、1時間0分5秒、31分48秒) (3)ガーグ(カザフスタン)1時間53分8秒21
 
◆武術
▽女子剣術・槍術
(1)■文聡(中国)19.70点
(2)鄭天慧(香港)19.45点
(3)李▲容(台湾)19.08点
(4)山口啓子(東京都連盟)18.76点
※■は「門がまえに敢」
※▲は「さんずいに文」
 
◆馬術
▽馬場馬術団体(得点率)
(1)韓国 65.759
(2)中国 65.593
(3)マレーシア 65.111
(4)日本(桜井、下田、猪野、林)64.759
※4人中上位3人の成績による。林、桜井、猪野は個人戦進出
 
◆ダンススポーツ
▽ラテン・サンバ
(1)王為、陳金(中国)
(2)李海仁、張世鎮(韓国)
(3)正谷恒樹、斎藤愛(兵庫県連盟)

▽ラテン・チャチャチャ
(1)石磊、張白羽(中国)
(2)朴秀妙、金到■(韓国)
(3)ベルガラ、ラガラス(フィリピン)
(4)鈴木佑哉、鈴木加奈(千葉県連盟)
※■は火へんに玄
 
▽ラテン・パソドブレ
(1)王為、陳金(中国)
(2)李海仁、張世鎮(韓国)
(3)ベルガラ、ラガラス(フィリピン)
(4)正谷恒樹、斎藤愛(兵庫県連盟)
 
▽ラテン・ジャイブ
(1)范文博、陳世瑶(中国)
(2)朴秀妙、金到■(韓国)
(3)久保田弓椰(北海道連盟)久保田蘭羅(北海道・旭川実高)
※■は火へんに玄
 
▽スタンダード5種目総合
(1)楊超、譚軼凌(中国)
(2)趙尚暁、李世熙(韓国)
(3)ナマズバエフ、バトカロワ(カザフスタン)
(4)貫名強、柴原まりこ(ソピア)
 
◆中国将棋
▽女子2回戦までの成績
(7)池田彩歌(快適情報社)2敗
 
▽男子2回戦までの成績
所司和晴(日本将棋連盟)2敗




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. アジア大会2010
  4. 日程&結果

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです