日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 海外サッカー
  2. 海島健「アッラーの国のフットボール」

海島健「アッラーの国のフットボール」のRSS

海島健「アッラーの国のフットボール」のイメージ画像

海島健(うみしま・けん) 1965年、東京生まれ。一橋大学社会学部卒、97年よりバーレーンに在住し、バーレーン大学で日本語の講師を務めている。98年バーレーンでのガルフ杯のころからバーレーン代表の試合を見続け、現在は中東サッカー全般をウオッチしている。日本にはあまり入ってこない中東地域のサッカー情報を、バーレーン在住の海島健氏がお伝えします。

最新記事一覧

 五輪アジア最終予選第6節、日本五輪代表に敗れC組3位に終わったバーレーン五輪代表。バーレーン「お得意」のプレーオフ(各組2位の3チーム、オマーンとシリアとウズベキスタンがベトナムで総当り、3月26日~3月30日)にも出られず、ロンドン五輪の夢は再び砕け散った。

colum-20120321-01.jpg[続きを読む]

sc-f-20120302-01.jpg  W杯アジア3次予選の第6節、最終予選のいす残り4つをめぐる争いはやはり熾烈だった。D組の2位にオマーンが滑り込み、西アジアの雄、サウジアラビアが脱落。B組も韓国がクウェートを2-0でくだして、韓国とレバノンが予選突破を決めた。

[続きを読む]

colum111227-01.jpg  ほとんどの方が知らないのではとは思いますが、パンアラブゲームという大会がカタールのドーハで行われておりました(12月9日-12月23日)ので、週末利用で観戦してきました。この大会は簡単にいいますとアラブ世界のオリンピックですが、4年に1度の開催ではなく不定期開催(2年間隔だったり10年も開催されなかったり)なのがアラブらしいところ。そして、蹴球に関しては我がバーレーンが見事に優勝し、アジア杯の日本優勝に続いての歓喜を、再びあのドーハで味わってきました。

[続きを読む]

bl-f-111201-01.jpg  ロンドン五輪アジア最終予選、日本での盛り上がりぶりはいかがでしょうか?

 こちら中東、とりわけ湾岸エリアでは「しょせんは22歳以下の代表」ということなのか、お客さんの入りも低調なところが多く、国民もあまり関心を持っていないかのような雰囲気が濃厚だ。しかし、来年2月5日の第4節、ダマスカス(あるいはアンマン?)でのシリアvs日本戦に関しては、一気にヒートアップし究極のアウェーになりそうな予感がする。理由は、アウェー日本戦(国立)での大善戦がこちらのファンとメディアの心をがっちりつかんだからだ。

[続きを読む]

sc-f-111115-10.jpg

 W杯ブラジル大会アジア3次予選の第4節(11年11月11日)、こちらマナマではバーレーン対イランという超危険なカードがあり、蛮勇を振るって?観戦してきました。

 試合当日も最後まで行こうか行くまいか非常に迷いましたが、やはり行ってよかった。我がバーレーンが1-0で大金星をあげそうだったのですが、ロスタイム5分に耐えられずドローの悔しさがまだまだ残っております。

[続きを読む]





日刊スポーツの購読申し込みはこちら