日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年6月17日

サッカー人生を支えた写真

 グルノーブルは先月、念願の1部残留を決めることができました。ホームの大観衆と喜びを分かち合うことができて、本当にうれしく思いました。翌日、自室の整理をしていると、私の若いころの写真が出てきました。撮影してくれたのは、京大などで英語講師をしていた、ペーダーさんという方です。私がこうしてフランスで仕事ができるのも、彼と出会ったからこそなのです。

 ペーダーさんは学生や社会人のサッカーを撮るのが大好きで、写真を私たちに分けてくれました。当時高校生だった私は、一眼レフで撮った自分のプレー写真をもらえて、本当にうれしかった。励みになった。私は当時、マンチェスターUに自分を獲得するよう売り込みの手紙を送ったのですが、その時もペーダーさんの写真を同封しました。

 大体大のコーチをしている時も、よく写真を撮ってもらいました。そして94年に、市原(現千葉)から育成部長として10年契約のオファーをもらった時「受けるべきだ」と後押ししてくれたのも、実はペーダーさんでした。

 彼はその直後、末期がんで入院しました。最期を母国アメリカで迎えたいというペーダーさんを、私は関西国際空港に見送りに行きました。彼はそこに現れませんでした。自宅を訪れてみると、彼は床を埋め尽くす写真の中で、静かに事切れていました。

 彼のなきがらの横で、私は一晩かけて写真を整理しました。その時分かったのですが、川淵さんも犬飼さんも釜本さんも、やはりペーダーさんに写真を撮ってもらっていました。おそらく私と同じく、写真を励みにサッカーを頑張ったのだと思います。そして今はそれぞれサッカー界の要人として、日本を引っ張る立場になられています。

 もらった写真を見て、私もあらためてペーダーさんへの感謝の気持ちが強まりました。恩に報いるためにも、来季以降に向けてさらに頑張りたいと思っています。(グルノーブル代表)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

コメントする



公開されません



コメントを書くには日刊スポーツIDでログインしてください。日刊スポーツIDについてはこちら

祖母井秀隆「日本人代表奮闘記」
祖母井秀隆(うばがい・ひでたか)
 1951年(昭26)9月2日、兵庫・神戸市生まれ。報徳学園から大体大をへて、読売クラブに加入。すぐに西ドイツへ単身渡航し、ケルン体育大でコーチ学を学ぶ。帰国後に大体大の講師に就任し、同サッカー部と同好会の「体大蹴鞠団」で選手指導。95年からJリーグの市原(現千葉)に招かれ、育成部長に就任。97年からは10年契約でチーム統括本部長に就任した。オシム監督など欧州の有能な指揮官を次々招き、万年降格候補のクラブを劇的に強化。05、06年にはナビスコ杯で連覇を果たした。07年グルノーブルのGMに就任。08年に1部昇格を果たし、直後に会長職に就任した。

最近のエントリー





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. 祖母井秀隆「日本人代表奮闘記」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです