日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年5月18日

嫌がらせ屈せず祖母井流で結果

 異国のクラブを、トップとして切り盛りする苦労は、並大抵ではない。グルノーブルの祖母井代表は、ついに念願の1部残留を果たした。だがその道のりは、厳しいものだった。

 ただでさえ、人件費は1部最低の1200万ユーロ(約15億円)と限られ、戦力は劣っていた。今季開幕前にはリーグの経営監視委員会から、経営基盤がもろいとの理由で、新戦力獲得活動の停止処分を受けた。

 祖母井氏と入れ替わりでクラブを去った旧経営陣の影もちらついた。昨年9月には取材を受ける祖母井代表の前に、旧経営陣のボディーガードだったボクシング元フランス王者が割り込んだ。丸太のような腕を誇示し「年間チケットをよこせ」と嫌がらせした。公式グッズ店を強盗が襲ったこともあった。職員が商品を取り返したが、地元警察はまったく動かなかった。

 さまざまな不条理にもめげず、祖母井代表はクラブ改革を進めた。経営のスペシャリストを招き、使途不明金だらけのずさんな経営を立て直した。オシム氏ら豊富な欧州人脈を生かし、安くて優秀な選手も確保した。いまやホームスタジアムは、入場率89%でリーグ3位の盛況ぶり。当初は「降格間違いなし」と断じた地元報道陣も、クラブと祖母井氏の支持に回った。

 1部残留を果たしたが、祝勝会は全日程終了後に延期に。日本が誇る経営者は「1つ順位を上げれば、賞金が50万ユーロ(約6500万円)違う。クラブの来季以降を考えれば、選手には最後まで頑張ってもらわないと」と現実を見据えた。欧州のサッカー界で頑張っているのは、セルティックMF中村、カターニャFW森本ら選手だけではない。(グルノーブル代表)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

コメントする



公開されません



コメントを書くには日刊スポーツIDでログインしてください。日刊スポーツIDについてはこちら

祖母井秀隆「日本人代表奮闘記」
祖母井秀隆(うばがい・ひでたか)
 1951年(昭26)9月2日、兵庫・神戸市生まれ。報徳学園から大体大をへて、読売クラブに加入。すぐに西ドイツへ単身渡航し、ケルン体育大でコーチ学を学ぶ。帰国後に大体大の講師に就任し、同サッカー部と同好会の「体大蹴鞠団」で選手指導。95年からJリーグの市原(現千葉)に招かれ、育成部長に就任。97年からは10年契約でチーム統括本部長に就任した。オシム監督など欧州の有能な指揮官を次々招き、万年降格候補のクラブを劇的に強化。05、06年にはナビスコ杯で連覇を果たした。07年グルノーブルのGMに就任。08年に1部昇格を果たし、直後に会長職に就任した。

最近のエントリー





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. 祖母井秀隆「日本人代表奮闘記」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです