日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年4月28日

1部残留の戦いと共に経営改革着手

 21日のフランス杯準決勝では、消極的な戦いの末に、レンヌに0-1で敗れました。初タイトルと来季UEFA杯が近づいてきて、選手たちもナーバスになっていたようです。しかし我々は、すぐに気持ちを切り替えなければなりません。チームは最大の目標、1部残留へ向けて、大詰めの戦いに入ります。そして私は来季以降を見据えた、クラブ経営の見直しに着手しています。

 まずは入場料収入に関する契約の見直しです。私たちのホーム、アルプススタジアムは、今季の入場率が約89%。これはリーグ3位の高水準です。しかしせっかくの入場料収入が、私が来る前に結ばれた契約のために、ほぼ全額グルノーブル公社に流れています。現在会長代理のバンティエが、契約見直し作業中。来季開幕からは、入場料収入が大きな財源になります。

 マーケティングに関しても、外注業者が長年出費に見合う成果を挙げていなかった。思い切ってスペシャリストをクラブ職員として招くことにします。1部で最も質素とも言われる練習場も、市の協力で近日リニューアル予定。旧経営陣の「置き土産」で、無駄や余計なしがらみが多かったクラブ経営が、これでだいぶ効率的になりそうです。来季以降は積極的な補強ができるくらいの、財政的余裕も生まれるでしょう。あとはチームがきちんと1部に残留してくれれば…。

 先日千葉の元フィジカルコーチのヤン氏が我々のホーム戦を見て「満員で素晴らしい雰囲気。でもこの街は、まだサッカー観戦に慣れていない。悪いプレーがあっても、ブーイング1つ起きない」と話していました。スキーの街グルノーブルに、サッカー文化を根付かせるためには、1部で何シーズンも好成績を挙げないといけません。将来を見据えた、現場とフロント一丸の戦いは、今が正念場です。
(グルノーブル代表)


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

コメントする



公開されません



コメントを書くには日刊スポーツIDでログインしてください。日刊スポーツIDについてはこちら

祖母井秀隆「日本人代表奮闘記」
祖母井秀隆(うばがい・ひでたか)
 1951年(昭26)9月2日、兵庫・神戸市生まれ。報徳学園から大体大をへて、読売クラブに加入。すぐに西ドイツへ単身渡航し、ケルン体育大でコーチ学を学ぶ。帰国後に大体大の講師に就任し、同サッカー部と同好会の「体大蹴鞠団」で選手指導。95年からJリーグの市原(現千葉)に招かれ、育成部長に就任。97年からは10年契約でチーム統括本部長に就任した。オシム監督など欧州の有能な指揮官を次々招き、万年降格候補のクラブを劇的に強化。05、06年にはナビスコ杯で連覇を果たした。07年グルノーブルのGMに就任。08年に1部昇格を果たし、直後に会長職に就任した。

最近のエントリー





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. 祖母井秀隆「日本人代表奮闘記」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです