日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2010年07月01日

強敵修行 呼ぶな!出向け!!

<W杯:パラグアイ0(5PK3)0日本>◇決勝トーナメント1回戦◇6月29日◇ロフタス・バースフェルド

 日本は世界を相手に辛抱し、我慢してよく守った。守備がある程度通用することも分かった。ただ、攻撃はダメだった。FW不在のままセットプレーに頼ったけれど、限界があった。全体的に考えれば、まだ日本は世界に通用するレベルではない。パラグアイ戦も、明らかに相手の方が上だった。今の日本が勝ち抜くには、守って守ってというこの戦い方しかないよ。

 大会前の連敗で、岡田監督はチームのやり方を変えた。それまでの3年間を捨てて、新しいチームをつくった。中村俊や岡崎を外して、阿部を使い、本田をFWにした。突貫工事に成功したことは評価しなければいけないけれど、遅すぎるね。もっと早く世界での日本の立場に気づくべきだった。守備重視の戦い方をするのなら、23人のメンバーも違ったはずだよ。

 ベスト16は結果としては素晴らしいけれど「よかった」「歴史ができた」などと喜んでいるだけでは先へは進まない。この大会を生かして、次の4年間で何をするかが大事。まず強い相手と試合をすることだ。商売優先で呼ぶのではなく、金を払って出て行かないと意味はない。日本協会が強化を根本から考えないと、次のレベルには行けない。(日刊スポーツ評論家)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい
セルジオ越後(せるじお・えちご)
 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

最近のエントリー




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです