日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年09月06日

4強どころか1次L突破難しい/親善試合

<国際親善試合:オランダ3-0日本>◇5日◇オランダ、デグロールシュ・フェステ・スタジアム

 オランダとの差は、あまりに大きかった。リードされて迎えた終盤、いくら追いかけ回してもボールが奪えない日本の選手たちは、惨めだった。まずベスト4という目標を忘れること。こんな試合をしているようでは、狙う権利はないよ。今のままでは1次リーグ突破も難しい。まあ、それが分かったことが一番の収穫。

 前半は良かったという人もいるかもしれないが、サッカー好きから見れば「プアな試合」だ。オランダは次(9日)のスコットランド戦を考えてか、無理をせずに様子を見ている感じだった。日本は攻めたように見えるけれど、本当に決定的なチャンスはなかった。FKも1本だけだった。つまらない前半だった。

 日本は試合開始から全力でプレスをかけたけれど、これでは90分持つわけがない。後半の途中からは足が止まり、プレスがかからなくなった。オランダは日本の運動量が落ちるのが分かっていたから、あえて前半は出て来なかった。後半になって攻めてきた。W杯ドイツ大会のオーストラリア戦(終盤の3失点で逆転負け)を思い出したよ。

 オランダは終盤、内田のサイドが崩せると分かってからは、99%そこを狙ってきた。これが経験の差。日本は強い相手との試合経験がなさ過ぎる。ドイツ大会後も、格下やメンバーがそろわない相手との試合で強化を怠ってきた。3年間、いったい何をしてきたの。

 前半から全力でプレスをかけても、世界を驚かせることはできない。終盤足が止まることは、もう世界中が分かっているからね。オランダで活躍する本田は何もできなかったし、両サイドバックの守備も不安。選手選考を白紙に戻し、今のチームスタイルも考え直した方がいい。もう本番まで時間はないんだから。(日刊スポーツ評論家)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい
セルジオ越後(せるじお・えちご)
 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

最近のエントリー




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです