日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2008年10月14日

ウズベク戦、普段通りに戦えば勝てる

<セルジオ越後・原博実 「1番勝負」>

 堅実な試合運びで勝ち点3を奪え-。セルジオ越後氏(63)と原博実氏(49)が声をそろえた。15日のW杯最終予選ウズベキスタン戦に向けて、日刊スポーツの両評論家がトークバトルを展開。UAE戦の意義や攻守の課題など意見を交わし、ともにホーム初戦の重要性を口にした。

 --ウズベキスタン戦は15日です

 越後 ホームの初戦だから、弾みをつけるためにも勝利が必要。勝てば、ウズベキスタンは3敗で脱落する。そうすればカタール、オーストラリアと(出場権獲得の)2位争い。負けや引き分けでは、ウズベキスタンが残って(プレーオフの)3位争いになる。

 原 確かにホームの初戦は重要。勝ち点3は欲しいですね。相手は9月の連戦で2連敗したけれど、力はある。特に前線のシャツキフ、ゲインリフ、ジェパロフの3人は抜群の個人技を持つ。監督も代わって立て直してくる。簡単に勝てるとは思いませんね。

 --9日のUAE戦は、日本のいい面も出ました

 越後 ただ、浦和とG大阪勢がいなかった。あれで若手が良かったと錯覚をしないこと。ウズベキスタン戦には出ないんだから、意味はない。UAE戦のことは忘れた方がいい。

 原 でも今いる選手たちへの刺激にはなった。ウズベキスタン戦に直結はしないかもしれないけれど、底上げという点では岡田監督の狙い通りですよ。

 --UAE戦では決定力不足が相変わらずでした

 越後 まあ、日本にはセットプレーがあるから。ただ、それ以外のチャンスに決められないのは問題。大久保を左で使ったけれど、(出場停止の)松井の代わりでは仕方がない。今、一番Jリーグで決定力があるのは大久保。だから、中でプレーさせた方がいい。

 原 確かに、UAE戦の前半みたいに、左に張っても良さが出ない。彼の良さは外から入ってくること。左に固定するのではなく、中に入ってゴールを狙う。玉田らが動いてできたスペースを狙わせる。最初から中央でマークされるより、その方が得点チャンスは増えると思います。

 --攻撃は何とかなるとして、守備はどうですか

 越後 攻撃以上に心配。闘莉王は相当無理しているようだし、出られなくなったら、誰が中沢と組むの? 体のある相手のFWを止めるのは大変だよ。

 原 闘莉王のコンディションは遠藤とともに心配。遠藤のところは稲本でメドが立つけれど、闘莉王の代わりは難しい。やはり阿部かな。不安なのは点が取れずに前がかりになった時。じれて攻めると、守備のバランスが崩れるから。

 越後 内田と長友の両サイドが攻め上がった裏。ともに前に行ったとき、相手のカウンターにGKとセンターバック2人で耐えきれるか。それが心配だな。

 原 当たり前だけれど、2人同時に上がらない。勝ち点3を意識し過ぎて点を取りにいくと危ない。とにかく慌てない。点が取れなくても、決してバランスを崩さないことです。

 --ジーコ氏が来日しなくなりましたが

 原 あまり関係ないんじゃない。選手たちは目の前の相手に勝つことで必死。ジーコ氏がいるかいないかで、プレーが変わることはないでしょ。

 越後 日本にとっては、来てくれた方がいい。だって、本当にジーコ氏が良ければ、監督にするでしょ。チームにとっても、ベンチに2人の指揮官がいるのは良くない。逆に、日本の選手は相手ベンチにジーコ氏がいれば燃える(笑い)。

 --ずばり、試合の勝敗を分けるものは

 原 やはり先取点。先にゴールすれば楽になるけれど、取れないでじれるとやられる可能性もある。60分ぐらいまで慌てずにプレーしてほしい。最悪でも勝ち点1はとること。

 越後 先取点がすべて。そして、普段と違うことをやらないこと。僕も初めてげたを履いたときは歩きにくかった。普段通りのサッカーをやれば、勝ち点3も見えてくる。


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい
セルジオ越後(せるじお・えちご)
 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

最近のエントリー




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです