日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2008年09月08日

「終わらせ方」知るリーダー不在

<W杯アジア最終予選:日本3-2バーレーン>◇6日(日本時間7日)◇A組◇バーレーン・マナマ

 勝ち点3を手にしたのは良かった。でも、これでW杯出場が決まったわけじゃない。南アフリカへのスタート地点に立っただけだ。忘れてはいけないのは、バーレーンのレベル。カタールとどちらがやりやすいかと言えば、間違いなくバーレーンだ。この組は、バーレーン相手に勝ち点を落とした国が脱落するだろう。

 相手は10人。もっと楽に勝てた試合だ。3-0で試合を終わらせなければいけなかった。勝つのは当たり前、得失点差を考えれば大勝しないと。得点力不足ながら失点しないのが日本の強みだったが、残り5分で2失点。もっと試合の「終わらせ方」を知る必要がある。終了間際の失点は、精神的なものだけではない。ピッチ上のリーダーが「キープ」とか「倒れろ」とか指示を出して終わらせないといけないが、今のチームにはリーダーがいない。

 毎試合メンバーが変わるようでは、チームにならない。まだ、チームに形が見えてこない。出来が良くても継続性はない。選手層の薄さも気になる。今野にしろ、佐藤にしろ、交代選手が入っても決して良くならなかった。まだまだ、W杯への手応えをつかんだとは言えない。試合後の選手たちの不満そうな表情を見ても、それが分かった。(日刊スポーツ評論家)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい
セルジオ越後(せるじお・えちご)
 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

最近のエントリー




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです