日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2011年01月31日

90分で勝てなかったこと忘れるな/アジア杯

<アジア杯:日本1-0オーストラリア>◇29日◇決勝◇カタール

 サッカー界にとって、1月から明るいニュースでよかったよ。決勝は耐えて、守って、少ないチャンスをものにした頑張りのサッカーだった。香川がいなくて、交代メンバーにも攻撃の切り札がいない状況では、これしかなかったな。やりくりして結果を出したザッケローニ監督は株を上げたよ。

 MVPは本田だったけど、決勝で光ったのは長友と岡崎だな。長友は機関車のように前への推進力になったし、岡崎は苦しいときに守備で貢献してくれた。あと、DF陣の中で仕事して活躍したのは今野だよ。フル出場で高さには難点があるが、球際の強さや、カバリングでピンチを防いだ。

 優勝したことは評価するけど、これですべてよかったとはいえない。引いた相手にてこずる課題は、決勝戦でも解決されていなかった。攻撃に駒が足りないとはいえ、横パスに逃げる傾向が目についたな。守備では1対1や高さへの対応に、もろさがあった。

 韓国戦もオーストラリア戦も、90分で勝てなかったことを忘れちゃいけないよ。相手のシュートミスに助けられたり、運もあったな。もっともっと底上げをしないといけない。これから五輪代表が中東に遠征するけど、その中からA代表でも活躍できる選手がどんどん出てきてほしいね。(日刊スポーツ評論家)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい
セルジオ越後(せるじお・えちご)
 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

最近のエントリー




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです