日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


  1. トップ
  2. 沢穂希
  3. 宮間あや
  4. 荒川恵理子
  5. 阪口夢穂

2009年7月19日

沢の今季初ゴールが決勝弾/WPS

<WPS>◇18日(日本時間19日)◇ワシントンDC◇1試合

 ワシントン・フリーダムが、沢穂希(元日テレ)の今季初ゴールでセントルイス・アスレティカを下した。

 ワシントンはアメリカ代表FWワンバックが欠場。しかしボール保持時間が長過ぎ、攻撃のリズムを崩す元になっていたエースの不在が、かえってプラスに働いた。

 試合の主導権をワシントンが握っていた後半29分、沢が相手ペナルティーエリア右サイドへドリブルで侵入してシュート。ボールは相手DFの足に当たってコースが変わり、ニアポストとGKの間を抜けてゴールに飛び込んだ。このゴールが決勝点となって、ワシントンは1-0で勝利した。

 ワシントンは5勝5分け6敗となり、プレーオフ出場圏内の4位に浮上した。セントルイスは7勝2分け6敗で2位。


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

WPS
 Women‘s Professional Soccer、03年に休止したWUSA(Women‘s United Soccer Association)の後を受ける形で、運営組織を新たにして09年から再開された米女子プロサッカーリーグ。初年度の参加チームはボストン、シカゴ、ベイエリア、ロサンゼルス、ニューヨーク/ニュージャージー、セントルイス、ワシントンの7つ。10年にはフィラデルフィアとアトランタの2チームが加わることになっている。08年秋に行われた海外選手対象のドラフトでは日本から沢穂希、宮間あや、大野忍、荒川恵理子の4人が指名され、沢はワシントン、宮間はロサンゼルス、荒川はベイエリアへ入団したが、大野は日テレに残留した。WPSにはほかに、北京五輪優勝の米国代表全選手や世界NO・1女子選手とされるブラジルのマルタらが在籍している。
河崎三行「なでしこ in USA」
河崎三行(かわさき・さんぎょう)
 1965年(昭40)8月13日、高松市生まれ。港湾労働者、建設作業員、スポーツ新聞社勤務等を経てフリーランスライターに。時に自動車産業、ミシュランガイド東京版、チェ・ゲバラ、環境問題などについての記事を執筆することもあるが、主な取材対象はサッカーをはじめとするスポーツ。近年は日本の女子サッカーとオーストラリアのサッカーを継続的に追いかけている。著書に『チュックダン!』(双葉社)。

最近のエントリー





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. コラム
  4. 河崎三行「なでしこ in USA」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです